目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴
  3. 出題の傾向と特徴
    1. 力学
    2. 電気
    3. 波動
    4. 原子
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書内容の理解
    2. 基本問題で解法のインプット
    3. 標準問題でアウトプットの練習
    4. 過去問を用いた演習

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

1. はじめに

東京女子医科大学は、東京新宿の私立医大で、女子大学かつ医科大学という世界的にも珍しい大学です。2011年には大々的な教育制度改革を行っており、先進的な教育に取り組んでいます。その改革の一つであるMDプログラム2011には、下記のように定められています。

  1. アウトカムと呼ぶ学生が最終的に到達すべき医師の持つべき実践する力を基に構築された知識・技能・態度の統合
  2. 高度先進医療、地域医療、外来医療、海外臨床研修(一部学生)など現代の医師が行う医療の場で医療実践力学修
  3. 医学の対象であるヒトと医療者として接する人の正常と異常の統合的学習を通じた全人的医療の実践力学修
  4. 科学的思考力・臨床的思考力の統合
  5. 医師としての素養、使命感、態度、倫理観、言語・文章作成・情報交換、専門的国際コミュニケーションなどを学年縦断的に学ぶカリキュラム

東京女子医科大学|医学部|医学部カリキュラムより引用)

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:平成29年1月26日(木)午前8時50分より(試験会場:京王プラザホテル東京 )

2次試験:平成29年2月8日(水)または2月9日(木)
第1次合格者発表の際にいずれか1日を指定します。
※日程の変更は不可
(試験会場:東京女子医科大学医学部)

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語 I・コミュニケーション英語 II
・数学:数学 I、数学 II、数学 III、数学A、数学B(数列、ベクトル)
・理科:[物理] 物理基礎・物理
[化学] 化学基礎・化学
[生物] 生物基礎・生物
(上記の「物理基礎・物理」,「化学基礎・化学」,「生物基礎・生物」の3科目から出願時に届け出た2科目を選択する。)
・適性・小論文(評価は第1次試験合格者選抜には使用せず、第2次試験合格者選抜のときに使用します)
・第2次試験面接(第1次試験合格者に対して実施します)

(試験時間)
1次試験
・数学(60分)
・英語(60分)
・理科(120分)※2科目選択
・小論文

2次試験
・面接(10~15分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)

2.4.出題の傾向と特徴(概要)
力学は毎年必ず出題されており、その他は電気分野が多く出題されています。2016年度は原子分野からも出題されており、全分野にわたって対策する必要があります。
 出題の特徴は、導出過程を書くということです。どのような過程を経て解答に至ったかを分かりやすく書く必要があります。また、グラフや現象を表わす図を書かせる問題(例えばレンズよってできる像を作図させる問題)などもあります。さらに、結論が与えられていて、なぜそうなるのかを説明させる問題もあり、物理現象を式の上だけでなく多角的に理解している必要があります。また、用語の定義を述べさせる問題も出題されているので、基礎中の基礎からの確実な理解が必要です。
 ここ数年は基本的な問題からの出題がほとんどで、複雑な数値計算も出題されていません。時間的にも余裕はあるので、減点されない筋道の通った解答を作ることが求められます。自分の作った答案が適切なものか添削してもらうと良いでしょう。基礎事項を多角的に問われるので、他大学を受験する人も確認テストのつもりで解いてみるのも良いと思います。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1.力学
2物体の衝突や単振動がテーマとして多く出題されていますが、これらに限らず各テーマの典型的な解法(例えば2物体の衝突なら、運動量保存と反発係数の式を使うなど)はしっかりとマスターしておく必要があります。
また、グラフを書かせる問題や運動の概略を論述させる問題も多く出題されています。グラフを書く練習をするのはもちろんのことですが、そのグラフと実際の運動を結びつけることを意識することも大切です。

3.2.熱
 ここ数年で扱われているテーマは「容器に閉じ込められた気体の状態変化」です。ボイル・シャルルの法則や状態方程式、定積変化・定圧変化・断熱変化の特徴と熱力学第一法則との関係やP―Vグラフ上での
様子など、基本的な事項は全て押さえておく必要があります。
また、2物体の混合など、熱分野における他のテーマの典型問題も一通り解けるようにしておきましょう。

3.3.電気
 2016年度入試では出題されませんでしたが、頻出の単元です。コンデンサーを含む直流回路、磁場中を運動する導体棒や荷電粒子の運動がテーマとしてよく出題されています。磁場中を運動する荷電粒子の運動についてグラフを書く問題があったり、エネルギーという観点から論述する問題があったりするので、これらの点も意識しながら普段の演習に取り組むと良いでしょう。

3.4.波動
あまり多く出題される分野ではありませんでしたが、ここ3年で2回出題されています。テーマは弦の共鳴と気柱の共鳴、レンズです。基本的な問題ばかりでしたが作図問題もあり、他分野と同じように多角的な理解が必要です。

3.5.原子
 新課程になって2016年度に出題されました。金属板に単色光を当て、飛び出してきた電子に電圧をかけて阻止電圧を測定する、という典型的な設定です。原子の分野は今後も出題されることが予想されるので、「原子と電子」「原子核」の2単元とも典型問題を演習しておきましょう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

4.1 教科書内容の理解

教科書で扱われている現象の理解し、語句の定義を正確に覚え、公式の導出が確実にできるようになることが第一段階です。グラフや図などがある事項については、現象とグラフ、グラフと式の関係も自分のものにしましょう。公式の導出は自分でできるようになって下さい。その過程で物理現象をより深く理解でき、問題を解くうえで必ず大きな力になります。そして、自分で導出ができるようになったら答案を書くつもりで書いてみて、添削してもらうと良いでしょう。

『橋元の物理をはじめからていねいに 力学編』(東進ブックス)

『橋元の物理をはじめからていねいに 熱・波動・電磁気編』(東進ブックス)

なども参考にしてください。

東京女子医科大学では語句の定義を述べる問題も出題されているので、語句の定義も完璧に書き出せるようにしましょう。英単語のように暗記カードを作って勉強するのも効果的だとは思いますが、必ず「自分の手で書く」ということをしてください。定義は正確に書けてこそ意味のあるものです。暗記カードでは「正確に書きだせる」というところが疎かになりがちです。

4.2 基本問題で解法をインプット

教科書で学習した内容を実際の問題に使う練習です。この段階の問題演習には、

『物理のエッセンス』(河合出版)

『物理(物理基礎・物理)入門問題精講』(河合出版)

などを用いるのが良いでしょう。「セミナー」や「センサー総合物理」などの教科書傍用問題集を持っている人はそちらを使ってもかまいません。問題を解いていて分からなければすぐに解答を見てかまいません。「どのようにして問題を解くかを理解する」ということに重点を置きましょう。解説にグラフや図がある場合は、現象としっかり結びつけるようにしましょう。また、別解もある場合は別解もしっかりとマスターしてください。問題によっては別解の方が短時間で解けることがあります。

この時に注意してほしいのが「自分で答案を作成する」ということです。分からなくて解答を見た人は、解答に書いてあることをただ読むだけで理解して終わりにしてしまう、ということが良くあります。これでは入試で必要な論述の力が身に付きません。自分で模範解答が書けるまで何度も繰り返し練習しましょう。

4.3 標準問題でアウトプットの練習

基本的な解法を学んだあとは、大学受験における定番の問題で演習していきます。この段階の問題演習には、

『良問の風 物理 頻出・標準入試問題集』(河合出版)

『物理(物理基礎・物理)基礎問題精講』

などを用いると良いでしょう。

問題を読んだ時に何を考えなければならないのか、自分が知っている解法をどう使うのかを確認していきます。まずは解答を見ずに解いてください。分からなければ解答を見て、理解し、もう一度解き直して下さい。別解がある問題は別解の方法もしっかり解けるようにしましょう。

ここでも重要なことは「自分で答案を作成する」ということです。出来るだけ添削をしてもらい、入試の答案として必要なことが書かれているかチェックしてもらいましょう。これらの問題集の問題が確実に解くことができれば、東京女子医科大学に対応できる力は十分についています。語句の定義の確認も定期的に行ってください。

4.4 過去問を用いた演習

最終段階は、実際に過去問を解いてみることです。赤本などを利用して時間を測りながら実際の入試のつもりで解いてみましょう。時間が余ることもあるかもしれませんが、そのような場合は時間内で答案を丁寧に詳しく書くようにして下さい。出来れば添削してもらって答案の精度を上げましょう。

東京女子医科大学の物理は年々易しくなってきているので、過去問をやる場合は年度の古い順に解いていくのがいいでしょう。また、例えば帝京大学医学部の2016年度入試のように典型問題で構成されているような他大学の入試問題も練習として良いと思います。

(参考)
東京女子医科大学|医学部|医学部カリキュラム
東京女子医科大学|医学部|医学部入学案内|一般選抜試験