目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の特徴(概要)
  3. 出題の特徴
  4. 勉強法
    1. 長文読解問題
    2. 英作文
    3. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    4. 基本単語、文法の定着
    5. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    6. 長文問題に取り組む
    7. 英文和訳問題に取り組む
    8. 自由英作文に取り組む
    9. 過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

1. はじめに

産業医科大学は、福岡県北九州市の私立大学です。産業医学振興財団の助成を受けており、修学資金貸与制度があるため、これを利用すれば私立医学部の中ではかなり安い授業料で通学することが可能といえます。平成28年現在では、6年間の合計額は30,490,000円ですが、修学資金貸与制度を利用すれば、実質負担額は11,296,800円です。(ただし、卒業後9年間、福岡を中心とした指定医療機関で働くことが条件となります)

入試は第一次試験と第二次試験に分かれており、一次試験は国語や社会を含めたセンター試験が課されます。そのため、実質的には国公立大学に類似しており、英数理に絞って学習してきた人には厳しい試験内容といえるでしょう。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月14日(土)、15日(日)(大学入試センター試験)
2次試験:2017年2月12日(日)
小論文、面接試験:2017年3月12日(日)

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
■1次試験(大学入試センター試験)
・国語:『国語』
・社会:「世界史B」、「日本史B」、「地理B」、「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」、『倫理、政治・経済』 から1科目
・数学:『数学Ⅰ・数学A』および『数学Ⅱ・数学B』
・理科:「物理」、「化学」、「生物」、「地学」 から1科目
・外国語:『英語』、『ドイツ語』、『フランス語』、『中国語』、『韓国語』 から1科目

■2次試験
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B
・理科:「物理」、「化学」、「生物」の3科目から2科目選択。
・英語:「コミュニケーション英語Ⅰ」、「コミュニケーション英語Ⅱ」、「コミュニケーション英語Ⅲ」、「英語表現Ⅰ」、「英語表現Ⅱ」
・小論文
・面接

(試験時間)
2次試験
・数学(100分)
・英語(100分)
・理科(100分)※2科目選択
・小論文(120分)
・面接(一人約20分間)

(注1)「数学B」については、「数列、ベクトル」とする。
(注2)「理科」については、あらかじめ届け出た2科目を選択する。
(注3)物理は、「物理基礎」と「物理」を、化学は、「化学基礎」と「化学」を、生物は、「生物基礎」と「生物」を併せた範囲から出題する。

2.3. 配点
1次試験
・国語:60点
・地歴公民:60点
・数学:60点
・理科:60点
・外国語:60点

2次試験
・英語(200点)
・数学(200点)
・理科(200点)
・小論文(50点)
・面接(合否判定の際に重視する。)

2.4.出題の特徴(概要)
まず、産業医科大学は他の大学と異なり、センター試験(5科目300点満点)が課されるのが最大の特徴です。そのため、実質的には国公立大学の対策に近いといえるでしょう。地歴公民や国語など、他の私立医大では必要としない科目も出題されるということを踏まえた上で、2次試験の英語の傾向と対策について記載していきます。

2次試験の英語は毎年形式が安定しており、大問1に長文の空所補充問題(選択式ではなく、単語の記述式)、大問2と3が長文問題、大問4が100語程度の自由英作文となっています。大問4の自由英作文に関しては、私立大学で出題されることは稀で、私立医学部に絞って受験対策をしている人にとっては余計な勉強をしなければならないと感じてしまうかもしれません。センター試験を課される点を考えても、英語の試験内容を考えても、国公立との併願で受験することをおすすめします。

時間に対する分量、難易度などは他の私立医学部と比べると標準的ですが、自由英作文をはじめ傾向に特徴があるので、慣れないと難しく感じるかもしれません。

3. 出題の特徴(詳細)

3.1 英文読解
・空所補充問題(大問1)
通常、長文の空所補充問題は、前後関係を読み解いたり、熟語の知識を問う4択問題になっていることが多いのですが、産業医科大学の場合は、適語を書かなければなりません。ただし、時々見かける綴りが紛らわしい単語を書かせる類の問題はほとんど出ません。前後関係や熟語の知識を活かして、適した前置詞や単語を書く問題なので、高度な単語力は必要ありませんが、文法や熟語の知識が不十分な状態では、正解することが非常に困難です。選択式の場合であれば消去法や勘で解けることもあるかもしれませんが、この問題に関しては、それが使えません。

・英文和訳問題(大問2、3)
英文和訳問題は、難易度、形式を見ても中堅~難関レベルの国公立大学入試を思わせる内容となっており、大問2と大問3で一問ずつ出題される傾向があります。平成28年度は、「指示語の内容を明確にして訳せ」という千葉大学などに類似した形式が出題されました。

訳すべき英文を見ても、一目ですんなりと訳せるようなレベルの文ではなく、省略や倒置、仮定法などといった多くの受験生が苦手とする文法単元が織り交ぜてあり、よく考えずに訳出するとミスを誘発するようになっています。京都大学レベルとは言わないまでも、相当なレベルになるので、普段から難しめの英文を訳出する学習をしておかなければ合格点を取ることは難しいでしょう。

・内容説明問題(大問2、3)
内容説明問題も国公立大学入試ではよく見かける形式です。このような問題を解くに当たって気を付けなければならないことは、長文をよく読んで解答するべき箇所がどこなのかを特定すること。くれぐれも自分で勝手に考えて解答を作らないようにしましょう。

なかなか解答で示された箇所を記述することができない人は、長文全体の構成を考えながら読むことを心がけると良いと思います。この段落では、何について書かれているのか、次の段落とのつながりはどうなっているのかなどを考えていくうちに、長文全体をいくつかのカタマリに分割することができるようになってきます。それができるようになれば、どこを記述すれば良いのかが分かってくるでしょう。

・内容一致問題(大問2、3)
内容一致問題自体は、多くの大学入試問題で出題されますが、本学の場合、全ての選択肢にマルかバツをつけなければなりません。よく見かける「次の選択肢の中から正しいものを2つ選べ」のような形式であれば、消去法を使うことができますが、そもそも正解が何個あるのかわからないので、消去法が使えません。大問1といい、消去法が使いにくい問題形式になっているので、時間配分、正確性(普段から何となく内容をつかむような読み方だとこういった問題で間違える)に意識をしながら取り組みましょう。

3.2 英作文
・自由英作文(大問4)
与えられた課題に対する答えを100語程度の英語で書く形式です。自由英作文も私立医学部で出題されるケースは稀であり、国公立大学の過去問などを利用して対策を練る必要があると思われます。

自由英作文を書く際に気を付けたいのが、(1)正しい英文を書けること、(2)論理性、客観性のある内容にすることです。(1)に不安がある人は、まず単語の綴りが正確かどうか丁寧に確認し、文法の基本問題集をじっくりとやり直しましょう。また、(2)に不安がある人は、自由英作文の対策本をしっかりと解説まで読み、模範解答を暗記するくらいまで徹底的に体にしみ込ませ、どのように100語でまとめ上げるかを考えるようにしてください。書き終えた答案を先生に採点してもらうことも重要です。

4. 勉強法

■Step.1:基本単語・文法の定着
産業医科大学は、そこまで分量が多いわけではありませんが、自由英作文や英文和訳問題が出題されるため、中途半端な単語の定着では失点を免れません。英作文もスペリングミスが出れば減点されますし、英文和訳問題も単語の意味が分からなければ推測するよりありませんが、限界があります。特に英作文が課される入試問題を受験する場合は、英語→日本語だけでなく、日本語→英語の学習もわすれずに行いましょう。この時に、手で書いてみると本番のスペリングミスが減ります。
・『キクタンBasic4000
・『システム英単語 Basic 改訂新版

続いて、基礎文法も習得させましょう。いきなり1冊すべてをこなす自信のない人は、まずは下記のような薄めの問題集を1冊やってみてください。
・『英文法・語法 SPEED攻略10日間

問題集を解いていて、解説がよく理解できない場合は、必ず教師に質問するなどして、解決しましょう。わからないまま放置すると積み重なっていき、ますますわからなくなってしまいます。身近に質問する人がいなければ、参考書を読み、学習してください。
・『総合英語Forest
・『チャート式 基礎からの新総合英語

■Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む
基礎力が身についてきたら、入試レベルに向けて本格的なレベルに入りましょう。下記に紹介する2冊は、大学受験では定番とされています。産業医科大学を受験する上では、このレベルは最低限必要とされるレベルです。
・『英単語ターゲット1900
・『システム英単語

文法も標準レベルの問題集に取り組みましょう。下記の2冊は中堅大学レベルではありますが、産業医科大学の文法問題は、そこまでの難問が出題されるわけではないので、学習に余裕がない限り、これより難易度が高いものに手を出す必要ないと思います。それよりも、Step.3以降に進み、長文問題や記述式問題の対策を立てることの方が重要度が高いと言えます。
・『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題
・『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition
・『即戦ゼミ3英語頻出問題総演習

■Step.3:長文問題に取り組む
単語と文法の力がついてきたら、長文問題に取り組み、読解量を増やしていくことが大切です。産業医科大学の場合、他の私立医学部と比べ、それほど分量が多いわけではありませんが、それでも読解速度が遅い状態では制限時間内に解き切ることが難しくなるでしょう。長文問題は、できるだけ記述式問題が含まれているものに取り組むようにしてください。私立大学向けの長文問題集は、すべて選択式の問題で構成されている場合があるので、注意しましょう。
・『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編
・『やっておきたい 英語長文500

■Step.4:英文和訳問題に取り組む
産業医科大学では、英文和訳問題が出題されます。一部の入試問題で見られるような、難解極まる構文解析は必要ありませんが、基礎知識だけで簡単に訳出できるレベルではありません。また、記述問題は配点も高いことが予想されるため、対策は不可欠と言えます。

英文和訳問題をStep4にした理由は、文法と単語の知識が固まっていない限り、英文和訳問題に取り組んでも効果が薄いからです。したがって、まだ文法や単語力に不安たのあるという人は、先にそちらを終わらせましょう。

代表的な問題集は、以下に記載の通りです。難易度が高い問題も含まれているので、考えても文の構造がよくわからないのであれば、解答を見ても構いません。また、構文は理解できても自然な訳出ができないという場合もあると思いますが、そのような場合の多くは、今までの学習の中で正しい日本語のインプットが不足していることが原因なのではないかと思います。模範解答を書き写したり、音読するなどして、正しい日本語表現のインプットを増やすように努めましょう。
・『ポレポレ英文読解プロセス50
・『大学受験のための英文熟考 上・下
・『英文解釈の技術100

■Step.5:自由英作文に取り組む
産業医科大学では、自由英作文100語程度の自由英作文が課されます。問題自体はオーソドックスで書きにくいものではありませんが、練習をせずにいきなり100語を書くということは容易なことではありません。というのも、書く内容を考えている段階でこれを入れて何語くらいになりそうかということをおおよそ頭に入れておく必要があるからです。また、書くに当たっての基本的なルール(自分の主張+理由を書くなど)を知らずに思いつくままに100語書いたところで、高得点は望めません。

参考書を活用して、書くときのルールに則って制限字数でまとめる練習をし、可能であれば添削をしてもらいましょう。この繰り返しによって、徐々に力がついてくるはずです。
・『[自由英作文編]英作文のトレーニング

■Step.6:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む
Step5までで、一通り入試に必要な知識は身についていると思われるので、一度過去問に取り組んでみましょう。点数も重要ですが、それよりも自分が苦手とする単元を明確にすることの方が重要です。英文和訳ができなかった、説明する記述式の問題が書けなかった、全体的にあまりよくなかった、など色々なケースが考えられると思いますが、数年分過去問を解くうちに自分の課題が見えてくるはずです。後は、苦手な単元の演習→過去問を繰り返しましょう。

過去問を一通り解き終わったら、他大学の過去問も解いてみてください。下記の問題集は、私立医学部用ですが、産業医科大学の傾向は国公立に近いので国公立編も解いてみましょう。
・『私大医学部への英語