21世紀型スキルとは

・ 21世紀型スキルとは、高度に情報化された社会、広がり続ける国際社会で活躍する人材となるために必要なスキルの総称。21世紀型能力とも言われる。また、21世紀型スキルを伸ばすための教育を21世紀型教育と呼ぶ。

・ 従来の教育では、知識を習得することが重視されがちであった。しかし、今後の社会を生き抜く上では、知識だけではなく思考力や問題解決力に代表される新しい能力を養う必要がある。こうした考え方から、21世紀型スキル、および21世紀型教育の方法が世界的に注目されている。

・ 21世紀型スキルとしては、ATC21s(※)という国際団体が提唱したものが有名で、日本の教育界でも参考にされている。その中身とは、次の4カテゴリー、10のスキルから成る。

(※Assessment and Teaching of 21st-Century Skills。アメリカやオーストラリアなど6か国の政府、大学、産業界(インテル、シスコ、マイクロソフトなどのICT先端企業)が協力し、21世紀型スキルの内容や評価方法について研究している)

(1)思考の方法……創造性と革新性、批判的思考・問題解決・意思決定、学習能力・メタ認知
(2)仕事の方法……コミュニケーション、コラボレーション(チームワーク)
(3)学習ツール……情報リテラシー、ICT(情報通信技術)リテラシー
(4)社会生活……市民性(地域および地球規模)、生活と職業、個人的責任および社会的責任(文化的差異の認識および受容能力を含む)

(引用元:ITpro|「21世紀型スキル」の教育とその課題

・ また、OECD(経済協力開発機構)が実施する国際的な学習到達度調査で測定される能力を総称した「PISAリテラシー」も、21世紀型スキルに通じる能力として知られている。PISAリテラシーとは、『読解力』『数学的リテラシー』『科学的リテラシー』。各国の15歳を対象にしたPISAリテラシーの調査は、2000年に始まり、OECD加盟国、非加盟国が調査に参加している。

・ また、日本では2013年に国立教育政策研究所が、これからの社会に求められる資質・能力=21世紀型能力を、「知識・技能に加え、それらを習得し活用するために思考する力、社会や他者とのかかわりの中で考えたことを実践する力」として整理し、発表した。同研究所は、以下の図のように、基礎、思考、実践からなる構造で21世紀型能力を整理した。

変化が激しく、予測が難しい現代社会では、未知の問題に答えを生み出すための「思考力」 、多様な価値観を共有する他者との対話を通して現実の問題を解決できる「実践力」が求められる。それらを、日本の教育が目指す「生きる力」の根幹であると捉え、21世紀を生き抜くための実践的な問題解決力・発見力に結実するように構造化して示したのが国立教育政策研究所が整理する「21世紀型能力」である。

(引用元:ベネッセ教育総合研究所,「『21世紀型能力』の明確化で教育はどう変わるのか?」,VIEW21,August 2014, pp.42-47.

21seikigata-skill02
(画像引用元:同上)

21世紀型スキルの教育事例

・ 21世紀型スキルを養うためには、教育手法も、従来型から21世紀型へと転換しなくてはならない。例えば、21世紀型スキルで核となる「情報機器を活用しつつ、自ら考え、解決する力」を養うためには、1人1台の情報端末が必要。政府は、2020年までに小・中学校の児童・生徒にタブレットを配布する方針を掲げている。多くの教育現場ではタブレットが導入され始めていて、論理的思考力や問題解決能力、創造力を養うことを目的としたプログラミング教育などの形で、21世紀型教育を実践する学校が増えてきている。

・ また、思考力に加えコミュニケーション能力やコラボレーションの能力を養うために有効な教育法として、アクティブラーニングが近年注目を集めている。アクティブラーニングとは、学習者が自分で問題について考えたり、話し合ったり、調べたりして学ぶような、能動的・主体的な学習法のこと。自分一人で座学で知識を勉強するのではなく、他者とともに学び合う点で、21世紀型スキルを伸ばすのにふさわしいと言える。

・ 様々な学校で、21世紀型スキルや教育についての独自の実践が行われている。その内容は、上記のような21世紀型スキルのフレームワークにこだわったものとは限らない。例えば、工学院大学付属中学校(東京・八王子)では、「グローバル」「イノベーション」「リベラルアーツ」の3つを21世紀型教育の大きな柱とし、英語・数学・理科の授業をネイティブスピーカーが行ったり、ICTのスキルを身につけさせたり、双方向型・問題解決型の授業を行ったりしており、そのためのツールとして、2015年に入学した中学1年生全員にiPad miniを貸与した。iPadは、ICTのスキルを習得するとともに、考えや成果をクラスメートと共有するためにフル活用されている。

(参考)
ITpro|「21世紀型スキル」の教育とその課題
ベネッセ教育総合研究所,「『21世紀型能力』の明確化で教育はどう変わるのか?」,VIEW21,August 2014, pp.42-47.
eduview|世界の教育の潮流「新しい能力」とは〜松下佳代氏に聞く
埼玉県立総合教育センター|学力向上BOOKLET
WorMo’|山内教授に聞く『21世紀型スキル』と教育
コトバンク|21世紀型スキル
business network.jp|工学院中学の21世紀型教育――iPadと育む「自ら考え、解決できる力」
首都圏模試センター|「21世紀型教育」を標榜する多彩な私立中高一貫校が中学入試地図を活性化。
朝日小学生新聞中学受験eye関西圏|アクティブラーニング、情報通信技術 進化する21世紀型教育
STUDY HACKER|アクティブラーニング
STUDY HACKER|子ども向けプログラミング教育