2.5次元とは

・ 2.5次元とは、マンガやアニメ、ゲームなど平面上で展開される2次元コンテンツを、舞台やミュージカルによって立体的に3次元で展開すること。2次元のアニメキャラクターを3次元の人間が演じることで作られる、2次元と3次元の中間の世界を指す。近年、アニメを題材にした2.5次元市場が盛り上がっており、特に「2.5次元ミュージカル」が注目を集めている。

・ 2.5次元という言葉は、もともとはネットスラングで、2008年以降明文化されたとみられている。マンガやアニメを原作にした舞台・ミュージカルを観た人が「まるで2次元から3次元に抜け出たようだ」という感想を抱き、その声がインターネット上で広まる過程で、2.5次元という言葉が生まれたと言われている。

・ 2.5次元という言葉によって特に注目されるのは、ミュージカル・舞台の分野であるが、2.5次元の文化として広くとらえた場合、以下のように解釈することができる。横浜国立大学教員で、文化・芸術について研究する須川亜紀子氏は、広義の2.5次元文化を、

「現代ポピュラー文化(アニメ、マンガ、ゲーム)の虚構世界を現実世界に再現し、虚構と現実のあいまいな境界を享受する文化実践のこと」

(引用元:青弓社|2.5次元文化論 第1回 2.5次元文化とは何か?

と定義し、より具体的には次の通りであると解説している。

2.5次元ライブシアター(アニメ、マンガ、ゲーム、ライトノベル原作のミュージカルや舞台)だけでなく、コスプレ、声優のキャラコンサート(『ラブライブ!』のμ’s(ミューズ)や『うたの☆プリンスさまっ』の声優によるコンサートなど)、コンテンツツーリズム(アニメ、マンガ、ゲームなどの舞台を訪れる聖地巡礼の旅)、コンセプトカフェ(メイドカフェ、執事カフェ、BLカフェなど)といった、2次元と3次元をたゆたう領域で展開されるパフォーマンスを「2.5次元文化」と呼んでいる。

(引用元:同上)

2.5次元ミュージカルについて

・ 2.5次元ミュージカルとは、マンガやアニメ、ゲームなどの原作を、ミュージカルで忠実に再現したもの。ミュージカル全体の市場規模が縮小傾向にあるなか、2.5次元ミュージカルの市場は近年急速に拡大している。

(ぴあ総研によれば2015年の2.5次元ミュージカルの)市場規模は速報値で104億円と14年比で10.2%増えたもようだ。タイトル数は14年より20本多い、123本。公演回数は17.8%増の1660回と、急激に伸びた。
(中略)
笹井所長(※)は「ミュージカル全体の市場は15年は620億円で、2.5次元ミュージカル市場の存在感が増している」と分析する。

(ぴあ総研所長の笹井裕子氏)
(引用元:日本経済新聞|原作はアニメ…2.5次元ミュージカル急成長

・ 2.5次元ミュージカルの元祖は1974年初演の、宝塚歌劇団による『ベルサイユのばら』。以後、1990年代には『聖闘士星矢』(SMAP主演)、『美少女戦士セーラームーン』がミュージカル化され、2003年には現在の2.5次元ミュージカルブームの草分けとされる『テニスの王子様』の上演が始まった。『テニスの王子様』は大ヒットとなり、10年以上のロングランで2016年現在も上演され続けている。また、歌舞伎と『ワンピース』がコラボレーションした『スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース』のようにジャンルも多様化している。

・ 2.5次元ミュージカルは、人気俳優をキャスティングしなくても原作の固定ファンを動員することが見込めるため、収益の見通しがたちやすい。実際、2.5次元ミュージカルに駆け出しの若手俳優をキャスティングし、人気俳優へと成長させた例も見られる。また、ミュージカル関連商品の物販収入が多いのも特徴で、そこからの収益も期待できるほか、原作の熱烈なファンが2.5次元ミュージカルに繰り返し足を運ぶケースも見られる。このように最初から成長基盤がそろっていることから、2.5次元ミュージカルは拡大の一途をたどり、2014年には業界団体の日本2.5次元ミュージカル協会が発足。協会は2.5次元ミュージカルの専用劇場を渋谷に開設した。

・ 2.5次元ミュージカルは、インバウンド消費においても大きな役割を果たすことが期待されている。日本のマンガやアニメは海外でも人気が高いだけでなく、海外で2.5次元ミュージカルのインターネット動画が観られていることなどから、2.5次元ミュージカルは訪日外国人客のニーズに応えられるとされる。上述の専用劇場では、外国人客に眼鏡型のウェアラブル端末を配布し、端末を装着すると舞台上に英語や中国語など最大4言語の字幕が投影される仕組みを導入した。

(参考)
日本経済新聞|原作はアニメ…2.5次元ミュージカル急成長
NIKKEI STYLE|「2.5次元」ファン熱狂 憧れキャラ、現実で会える
ORICON STYLE|最近よく聞く“2.5次元”、その定義とは?
青弓社|2.5次元文化論 第1回 2.5次元文化とは何か?
ビジネス+IT|「ぴあ」がインバウンド戦略に危機感、タイムリミットは「東京オリンピック」
同人用語の基礎知識|2.5次元