AbemaTVとは

・ 「AbemaTV(アベマティーヴィー)」とは、24時間無料で見られるインターネットTV。サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で出資した同名の合弁会社により、2016年4月11日に本開局した。

・ チャンネルの種類は、テレビ朝日報道局によるニュース番組、オリジナルの生放送番組、アニメ・音楽・スポーツ・ドラマ・その他趣味などの専門チャンネル、合計22のチャンネル。広告料収入で運営されているため、無料で視聴できる。番組はタイムテーブルに沿って配信される。無料視聴についてはオンデマンド方式ではないので、好きな時間に好きな番組を見られるわけではない。オンデマンド方式で放送終了済みの番組を見られる有料プランもある。番組にコメントを投稿したり、コメントを閲覧できたりする機能もある。

・ スマホ視聴がメインに想定されているが、タブレット、PCなどの大きな画面でも視聴できる。開局から1週間で1日1,000万視聴を越え、1カ月弱でスマホ・タブレット専用アプリが200万DLを記録し、アプリ業界で久々のヒットとなった。

・ 「AbemaTV」というネーミングについて、AbemaTVの社長でサイバーエージェント社長の藤田晋氏は次のように語っている。

(サイバーエージェントが提供しているブログなどのインターネットサービスの)「Ameba(アメーバ)」を後ろから読んだだけ。「Ameba」は10年以上続くサービス。そこで築いてきた認知度やユーザーを引き継ぎたかったのと、新しいものを作ったということも伝えたかった。呼びづらいが、圧倒的な認知度を得て、乗り越えるしかない。

(引用元:毎日新聞|ネットテレビ局「AbemaTV」藤田社長、開局に手応え 「信頼されるメディアに」

・ AbemaTVは、動画配信プラットフォームの「AbemaTV FRESH!」と並び、サイバーエージェントが重要な先行投資領域と位置付けているもの。AbemaTVとAbemaTV FRESH!の違いは、番組表にそってテレビ放送のように映像が配信されるAbemaTVに対し、AbemaTV FRESH!では配信主が作った様々なコンテンツが多数ライブ配信されているという点。

藤田晋社長が語るAbemaTVの狙い

・ AbemaTVは、「マスメディアを作る」という発想から生まれた。信頼されるメディアを作るためにテレビ業界と手を組み、特にオリジナル番組、ニュース番組には力を入れている。22チャンネルのうち、ニュースとオリジナル番組の2つのチャンネルは、24時間生放送となる。ニュースチャンネルを入れているのは、テレビの視聴習慣としてニュースが不可欠であるためで、2016年4月の熊本地震の際も24時間体制で報じ、テレビ環境が無くても報道に触れられるという点からAbemaTV側面が大いに利用された。

・ AbemaTVのメインターゲットは、テレビを見なくなった10~20代の若者。若い世代に受け入れられる出演者を選んだり、Instagramに見るようなスタイリッシュな美しい映像も追求している。テレビ局、マスメディアを目指す以上、特定の人しか見ないようなマニアックな番組を放送するのではなく、「ドラえもん」のようなメジャーなコンテンツを放送したり、一流の芸能人を出演させたりする。

僕の子供の頃もリビングでみんなでテレビを見る、という形でしたが、今は自分の部屋に入ってスマホを見るようになった。寝る直前までスマホを見ている、テレビを見なくなった若い層が覗き込んでいるスマホ上で見れるコンテンツを想定しています。

(引用元:AV Watch|スマホ上に“マスメディア”を。サイバーエージェント藤田社長が語る「AbemaTV」の狙い

・ 藤田氏は、AbemaTVがマスメディアを目指すうえで、スマホで「受け身視聴」をするという従来のインターネットには無かった新しい習慣を形成させることを目標にしている。無料で視聴するAbemaTVには、リアルタイム視聴しかない。テレビをつけたときの動作と同じように、アプリを立ち上げると勝手に映像が流れだし、スマホの画面を左右にスワイプすることでチャンネルが切り替わる。これについて藤田氏は次のように語っている。

自分が知っているものを好きな時・好きな時間に見る、検索して見る、ということが「意外と疲れる」ということに着目しているんです。検索や「動画をゼロ秒から再生」ボタンを押すことは疲れる。
視聴態度として「Now On Air」を途中から見せられる、というのはネットでは新しいはずです。
(中略)
目指すところははっきりしていて、「自分のスマートフォンの中の定番アプリ」として、Twitter、Facebookを開いた後に「なにやってんのかな」と惰性で開いてもらうことです。TwitterにFacebookにInstagram、各種ニュースアプリなど、そういう存在は限られていますよね。
(中略)
家に帰ったらテレビをつけていたり、朝起きたら新聞をとってきたり、ということと同じように、AbemaTVのアプリを開く、という形にしたい。

(引用元:同上)

(参考)
AbemaTV|【これだけは知っておきたい!】AbemaTVの基本的な使い方
AV Watch|スマホ上に“マスメディア”を。サイバーエージェント藤田社長が語る「AbemaTV」の狙い
ITmedia ニュース|「AbemaTV」(アベマTV)、なぜ「AmebaTV」じゃないの? 藤田社長「正直言って、半分くらい後悔」
渋谷ではたらく社長のアメブロ|AbemaTVの船出とお詫び
毎日新聞|ネットテレビ局「AbemaTV」藤田社長、開局に手応え 「信頼されるメディアに」
DIAMOND online|探すのが面倒なネット動画を受け身で見る「AbemaTV」の新提案
アドタイ|AbemaTVはネットがつくったテレビで、そしてテレビから分裂したメタテレビだ
CNET Japan|“三度目の正直”で挑む「ネットテレビ」–サイバーエージェント藤田社長の賭け
Social Game Info|【サイバーエージェント決算説明会】藤田社長「AbemaTVの事業化に確信」 下期は90億円投じて、ゲームとネット広告に続く中長期の成長の柱に