アスレジャーとは

・ アスレジャー(athleisure)とは、英語のathletic(アスレチック、運動の)とleisure(レジャー、余暇)を組み合わせた造語。アメリカ発のファッショントレンドで、スポーツウェアやトレーニングウェアを普段着として街中や職場でも着るスタイルを指す。

・ もともとヨガが盛んなアメリカのニューヨークや西海岸で、ヨガウェアが発展したファッションとして広まったもの。2015年頃から、健康や運動に関心が高いアメリカの女性の間で人気となった。セレブがこのファッションを取り入れたことでファッション感度の高い人々からも注目され、そのトレンドはいまでは男性ファッションにも浸透し、アメリカだけでなくヨーロッパ、さらには日本にも広まってきた。日本では、2015年に流行したシンプルなファッショントレンド「ノームコア(究極の普通)」に続く2016年注目のファッショントレンドとして、話題が集まっている。

・ アスレジャーでは、ヨガスタジオやフィットネスクラブで着るようなスポーツウェアを普段着として着る。例えば、伸縮性にすぐれ動きやすいヨガパンツ、レギンス、タンクトップ、裾がゴムでできたパンツ、ジョガーパンツやスウェットパンツ、スニーカーなど、そのまま運動できるようなスタイル。シンプルで華美な装飾はなく、体のラインに沿ったシルエットが特徴的である。ブランドとしては、アディダスやナイキなどのメジャーなスポーツブランドのウェアが代表的だが、アスレジャーの流行に乗り、一般的なアパレルメーカーもアスレジャー商品を打ち出している。日本ブランドのアスレジャー商品展開については後述する。

・ ファッションジャーナリストの宮田理江氏は、アスレジャーの流行の背景として、着心地を重視する価値観が浸透しつつあると解説している。

「一番の魅力は楽チンな着心地です。身体を締めつけないので、育児や家事で身体を動かす場合も、ストレスを感じることなく過ごせます」
(中略)
「(アスレジャーの流行により)同じ服を着て家の中でも外でも過ごすという傾向が、さらに強まる可能性がありますね。ファッションに動きやすさや快適さといった機能を期待する流れも、より強くなっていきそうです」

(引用元:d-labo|スポーツウエアをお洒落に着こなす!最新トレンド「アスレジャー」とは

アスレジャーの歴史、本場アメリカでの流行

・ アスレジャーのブームは、2000年初めにヨガウェアブランドの「ルルレモン(Lululemon)」が、今のアスレジャーのひな形ともいえる、街着にもなるお洒落なウェアを展開し人気となったことから始まったと言われている。デザイン性の高さから日常的な服としてルルレモンのヨガウェアを選ぶ女性が増え、またSNSの影響力によってアスレジャーの定義が徐々に固められていき、現在のアスレジャートレンドが作られていった。

・ アスレジャーの本場アメリカでは、街着としてアスレジャーファッションを楽しむだけでなく、アスレジャーで出勤するビジネスパーソンや、重役会議やパーティーにもアスレジャーを着る人が増えている。

・ アメリカの調査会社NPDによると、スポーツウェアを購入する人の約半数は普段着目的として購入している。また別の調査会社コーエン・アンド・カンパニーが試算したところでは、アメリカのアスレジャー市場は、2015年ですでに約600億ドル(約6.1兆円)、2018年には約760億ドル(約7.8兆円)にまで拡大する見込み。

kamijo-45days-ec
45日でTOEIC825点に到達! 外資コンサルが選んだ、パーソナルトレーニングという英語学習の形。
人気記事

日本でのアスレジャーの流行

・ 日本でも、ランニングやジム通い、ヨガ教室の流行などで、日常的にスポーツを楽しむ人が増え、スポーツウェアを普段着にする人が多くなっている。近年ではビジネスパーソンの間でも、自転車通勤のスタイルが増加し、スーツにスニーカーやリュックを組み合わせるケースが一般的になってきた。ビジネスシーンにもアスレジャーが広がることが期待される。

・ 日本では2020年の東京オリンピックに向け、人々がこれまで以上にスポーツに関心を持つようになると見られている。アスレジャーの市場動向については次のような分析がある。

調査会社の矢野経済研究所によると、15年の国内スポーツ用品市場は11年から13・9%伸び、1兆3965億円の見込み。16年はリオデジャネイロ五輪の効果もあり、1兆4287億円(前年比2・3%増)と予測する。政府の成長戦略「日本再興戦略2016」にも、スポーツは重点10分野に入り、ファッションや健康など他業界との融合による新市場の創出が盛り込まれた。

(引用元:YOMIURI ONLINE|「スポーツウェア」街着に…動きやすく着心地快適

・ 衣料メーカーはアスレジャーファッションの新商品や新店舗を展開し始めている。

- ナージー
2015年9月、衣料品メーカー大手のジュンがスポーツ用品大手のナイキと組み、女性向けアスレジャー専門店「ナージー」を渋谷に初出店。アスレジャーを日本でいち早く提案した。11月には大阪に2号店を開き、2017年には名古屋にも出店予定。2020年までに25店舗、売上約70億円を目標にしている。

- ユニクロ
2016年5月より、アスレジャー関連商品を「ユニクロスポーツ」として展開している。通気性にすぐれたエアリズムシリーズ、走りやすいデザインのレギンスやヨガに向いたパンツなど、普段着としてもスポーツウェアとしても着られる商品が数多く販売されている。

- しまむら
2016年9月より、アスレジャー商品を扱うプライベートブランド「クロッシースポーツ」を本格展開予定。ファッション性と機能性を兼ね備えた商品群を投入する。

(参考)
YOMIURI ONLINE|「スポーツウェア」街着に…動きやすく着心地快適
日本経済新聞|アスレジャー(Athleisure)
日刊SPA!|30代以上のオシャレには「アスレジャー」を取り入れるべき【ファッションバイヤーのオススメ3選】
DIGIDAY|ジーンズを脅かす、流行ファッション「アスレジャー」:いま押さえておくべき6つの事実
Fashionsnap.com|ノームコアの次は「アスレジャー」?米国発の新トレンドは日本で浸透するか
男前研究所|アスレジャーとは?【ノームコアに続く、2016流行の有望株!】
nanapi|2016年注目のトレンド「アスレジャー」を完全分析!着こなしのコツまとめ
d-labo|スポーツウエアをお洒落に着こなす!最新トレンド「アスレジャー」とは
ランキングシェア|春の最旬トレンド★アスレジャーファッション★アメリカで流行で日本上陸!