ビールヨガとは

・ ビールヨガとは、集団でビールを飲みながらヨガをするイベント。ドイツを中心に世界中で人気が高まりつつあり、日本では2017年から開催されるようになった。9月16日には、池袋パルコ屋上のビアガーデンで開催が予定されており、ビアガーデンでビールヨガが行われるのは日本初だとして注目を集めている。

・ ビールヨガ流行の火付け役となったのは、ドイツ・ベルリンで2015年から活動している「Bieryoga」(ビアヨガ)である。ビアヨガで指導をするのは、ヨガ講師の資格を持つユーラさんとエミリーさんの2人。ユーラさんは、米国ネバダ州で開催されたイベント「Playa Events」(プラヤ・イベンツ)を訪れた際、そこでビールヨガのワークショップが行われることを知った。参加はしなかったものの、ビールとヨガを組み合わせるというアイディアが頭に残り、Bieryogaの立ち上げに至ったのだという。

・ Bieryoga公式サイトによれば、ビールヨガは「ヨガが好きなビール愛好者」「ビールが好きなヨガ愛好者」「16歳以上(※)で興味のある人」に向いている(※ドイツでは16歳から飲酒が可能)。また、ビールヨガは楽しいものではあるが、ユーラさんとエミリーさんは冗談でやっているのではない。ヨガの哲学とビールを飲む喜びを組み合わせることで、意識を高いレベルに到達させることができるのだという。

日本におけるビールヨガ

・ 全国に店舗を持つ、ホットヨガスタジオのLAVAも、ビールヨガのクラス「HAPPY BEER YOGA」を提供しはじめた。初回は2017年9月10日に熊本パルコのビアガーデンで、第2回は9月16日に池袋パルコのビアガーデンで開催される。参加するにはインターネット上でチケットを購入する必要があり、チケットは「ベーシックプラン」(税込1,500円)と「スペシャルセット」(税込5,000円)の2種類。いずれのチケットにも、コロナビール1本とオリジナルグッズが付属する。「スペシャルセット」では、ビールヨガの終了後にビアガーデンでバーベキューと飲み放題を楽しむことができる。池袋会場のチケットは、9月7日時点でいずれも完売している。

・ 日本におけるクラフトビールの草分け的醸造所・サンクトガーレン(神奈川県)も、ビールヨガを開催している。地元のプロサッカークラブ・湘南ベルマーレと協力し、2017年9月2日、湘南ベルマーレ対横浜FCの試合前に行った。当初は定員を30人として参加者を募集していたものの、最終的には約50人が参加するほどの人気だったという。次回は10月21日、湘南ベルマーレ対愛媛FC戦の日に開催予定。

kumiko895-ec
10年ぶり英語への挑戦で、TOEIC895点。秘訣は「毎日続けること」への科学的アプローチ
人気記事

ビールヨガへの反応

・ インターネット上では、ビールヨガに対して「楽しそう」などの肯定的な反応が多く見られる。プレスリリースを配信するサービス「PR TIMES」を運営するPR TIMES社の山口 拓己社長は、「ビールメーカー各社は静観してたらもったいないな」と、ビールヨガの流行をビジネスにつなげることをTwitter上で提案した。

・ 一方、「本来のヨガの意に反してる気がする」「意味あんのかな」と、ビールヨガに対して懐疑的な目を向ける人もいる。ほかにも、ヨガをしながらビールを飲むことで悪酔いしないかと心配する人や、「ヨガやったあとにビール飲んだ方が絶対いい」と提案する人も見られる。

(参考)
BierYoga
Lava|HAPPY BEER YOGA
IRORIO|ビール腹防ぐ「ビールヨガ」が話題!瓶の保持で集中力向上、インスタ映えも
MUNCHIES|A Beer Yogi’s Journey from Burning Man to Berlin
地ビール会社で働く広報の日記|乾杯からはじまる異色のヨガ【ビールヨガ】は、笑いっぱなしの最高の50分だった
Twitter|ビールヨガ