ブラックフライデーとは

・ ブラックフライデーとは、11月の第4木曜日にあたるアメリカ合衆国の祝日「感謝祭」の、翌日の金曜日の通称。2016年の場合は、11月25日(金)がブラックフライデーである。

・ ブラックフライデーはもともとアメリカの習慣。ブラックフライデー自体は正式な休暇日ではないが、感謝祭の日は祝日であり、土日の休日に挟まれているため、アメリカの企業や学校ではブラックフライデーも休日とされることが多い。多くの人がクリスマスに向けた買い物にでかける日である。

・ ブラックフライデーの習慣は、1961年頃にフィラデルフィアで始まり、1975年までにかなり広まった。ブラックフライデーという呼び名の由来は、感謝祭明けの金曜日、クリスマスのために人々が買い物に押し寄せ道路も混雑することから、フィラデルフィアの警察が仕事が忙しくなったことを「真っ黒な金曜日」という言葉で表現した、というのが最も一般的である。

・ 当初「ブラック」という言葉はネガティブな意味合いで用いられていた。しかし、のちにフィラデルフィアの新聞が、人々の買い物の恩恵をうけた小売業者が黒字になるという解釈を発表したことから、ポジティブな意味で使われるようになった。

ブラックフライデーから始まる年末商戦

・ ブラックフライデーは、感謝祭が終わりクリスマスシーズンへと本格的に突入する節目となる一日であり、クリスマス商戦(年末商戦)の初日かつ、最大の山場になる日と位置付けられている。小売業界では各店舗で盛大なセールが実施され、アメリカの小売業者は、ブラックフライデーからはじまる年末商戦の期間中で年間売上の2~4割を売り上げると言われるほど消費が集中する。アメリカでは2015年、ブラックフライデーからの3日間で、1.5億人以上の人が買い物に出かけた。

・ 年末商戦の出だしとなるブラックフライデーは特に重要視されており、割引率アップや営業時間の繰り上げなど、各社が戦略に工夫を凝らしている。近年では、感謝祭よりも早く割引セールを始めてしまう店もあり、値引き競争は激しさを増している。

・ また、店頭販売における年末商戦最大の山場であるブラックフライデーに対し、インターネット上での年末商戦開始日となる感謝祭の次の月曜日をサイバーマンデーと呼ぶ。以前はサイバーマンデーから年末オンライン商戦が始まるのが通例であったが、近年インターネットでの買い物にシフトする消費者が増えていることから、ブラックフライデーの意義が薄れつつあるとする見方もある。

st-ec
90日でTOEIC910点! 英語が聞けない僕にパーソナルトレーナーが教えてくれた「音読のきほん」
人気記事

日本におけるブラックフライデー

・ アメリカ発祥のブラックフライデーは、イギリス、韓国など海外でも取り組みが広がっており、日本でも2016年より実施されることとなった。2016年3月、日本経済団体連合会(経団連)の榊原定征会長と石原伸晃経済財政・再生大臣との会談が行われ、2016年からブラックフライデーにならった年末セールを実施するよう、全国の百貨店や大型スーパー、商店街などに呼び掛けることが発表された。2014年4月の消費増税後足踏みが続く個人消費を喚起することを狙っている。

経団連の榊原定征会長が(2016年3月)10日午前、都内で石原伸晃経済財政・再生相と会談し「米国はブラックフライデーで消費が非常に盛り上がっており日本でもやろうと百貨店協会と話している」と語った。

(引用元:日本経済新聞|消費喚起へ全国セール

・ ブラックフライデーは、様々な企業・小売業者が実施を表明している。以下に一例を紹介する。

- イオン

2016年11月25日(金)から3日間、全国の総合スーパーやイオンモール内の店舗など2万店強でセールを開催する。またインターネット通販でも、11月25日~30日の期間中一斉セールを行う。

ブラックの黒にちなんだ「96(クロ)」のつく価格の目玉商品を用意。「ブランドショップハピネス」では米コーチのバッグを通常の5割引きの9600円(税込み)で発売する。「はなまるうどん」では小うどんが96円(同)で食べられる。

同社がブラックフライデーのセールを開催するのは初めての取り組みだが、営業本部マーケティング部の谷口良文部長は「11月の第4金曜日はクリスマス商戦前のセール日としてタイミングがよく開催を決めた」という。谷口氏は「これから毎年続けて、ハロウィーンのような名物企画にしたい」と意気込む。

(引用元:産経ニュース|「日本版ブラックフライデー」開催、イオンや日本トイザらスが消費喚起を狙う

- ユニクロ

ユニクロは例年、11月20日過ぎに「創業感謝祭」というセールを実施していたが、2016年はブラックフライデーを意識し、従来のセール期間4日間を7日間に延長して実施。初日の11月23日は、東京・銀座の旗艦店で、300人ほどの客が開店前に行列をつくり、注目された。

(参考)
Wikipedia|ブラックフライデー (買い物)
コトバンク|ブラックフライデー
Weblio辞書|ブラックフライデー
日本経済新聞|消費喚起へ全国セール
日本経済新聞|イオン、日本版ブラックフライデー 2万店で 
REUTERS|米年末商戦、一段と前倒し進む 感謝祭前のセールも
朝日新聞DIGITAL|「ブラックフライデー」日本でも? ユニクロなどセール
朝日新聞DIGITAL|米ウォルマート、ネット特売をブラックフライデーに前倒し
産経ニュース|「日本版ブラックフライデー」開催、イオンや日本トイザらスが消費喚起を狙う
ZUU online|安売り「ブラックフライデー」 イオンの注目はゴディバ、コーチ……
朝日新聞DIGITAL|米英国版ブラックフライデー、オンライン中心で昨年上回る売上高に