バーグハンバーグバーグとは

・ バーグハンバーグバーグとは、コンテンツ制作やメディア運営を行う株式会社。「おふざけを中心とした企画・制作会社」を名乗っており、バーグハンバーグバーグの制作する独特なユーモアに溢れたwebサイトは、Twitterユーザーを中心に高い人気を誇っている。

・ 2017年3月、看護師を被写体にした写真フリー素材を配布するwebサイト「スキマナース」が公開され、同サイトのURLはTwitter上で4万8,000回以上ツイートされるなどして大きな話題となった。「スキマナース」は、転職を考えている女性看護師向けwebサイト「看護師転職ほっと」の広告ページとして制作された。

バーグハンバーグバーグの社風

・ バーグハンバーグバーグ代表取締役・シモダテツヤ氏が掲げている「ふざける」というスタンスは、バーグハンバーグバーグの制作したコンテンツだけではなく、会社の公式サイトにも表れている。同サイトに掲載されている企業理念は「がんばるぞ」。

やはり会社と言うのは理念をもっていないといけません。弊社の理念は「がんばるぞ!」です。なぜかというと頑張らないと頑張っているときよりもあまり良くない結果が出る、そのような気がするからです。

(引用元:株式会社バーグハンバーグバーグ|会社概要

・ 2010年に社員3名の状態で設立されたバーグハンバーグバーグの社員数は、2017年4月現在「14名(外部メディア運営スタッフ 40名くらい)」と発表されている。少数精鋭で運営されているバーグハンバーグバーグには、入社希望者からのメールが「山のように舞い込んでくる」そうだが、現在はアルバイト・新卒・中途のいずれも募集は行われていない。公式サイトの採用情報ページでは「炎の洞窟の奥に住む爆炎の魔神かつやる気のある人」「靴という漢字と鞄という漢字を区別できる人」「1回のジャンプ中にキックとパンチを120発以上撃てる人」のユーモア求人が掲載されているのみである。

kumiko895-ec
10年ぶり英語への挑戦で、TOEIC895点。秘訣は「毎日続けること」への科学的アプローチ
人気記事

バーグハンバーグバーグの制作コンテンツ

・ 上述した「スキマナース」のように、バーグハンバーグバーグのコンテンツは、基本的に広告として制作されている。たとえば、バーグハンバーグバーグの運営する、笑いを誘う記事や漫画を提供する人気webサイト「オモコロ」の3万3,000回以上ツイートされた人気記事「【妄想】男が考える『理想の女子部屋』選手権」は、オモコロ編集部に所属する4名の男性が、何もない部屋にインテリアを自由に配置して「理想の女の子の部屋」を作るという企画。企画で使用されるインテリアは、インテリア通販サイト「LOWYA」によって提供されており、記事の面白さでユーザーを引き込みつつも、この記事全体が「LOWYA」のプロモーションの役割を果たしている。

・ また、同じく「オモコロ」の7万7,000回以上ツイートされた大人気記事「【検証】老若男女が並べば『能力者』っぽい写真が撮れるんじゃない?」は、特殊な力を持った老若男女が戦う、少年漫画雑誌でよく見られる「能力者マンガ」を再現しようと、「小学生」「おじいちゃん」「女子高生」「フランス人」「どこにでもいる平凡な男」がスタジオで「能力者っぽい写真」を撮影するという内容。記事の最後において、週刊少年マガジンで連載中のマンガ『炎炎ノ消防隊』が紹介され、記事は『炎炎ノ消防隊』のプロモーションであったことがわかる。『炎炎ノ消防隊』は、自分の体から炎を出したり、炎を操ったりできる能力を持つキャラクターたちが活躍するSFアクションマンガ。

(参考)
株式会社バーグハンバーグバーグ
柿次郎のHuuuuブログ|株式会社バーグハンバーグバーグを退職して独立します
ダイヤモンド・オンライン|日本一ふざけた会社「バーグハンバーグバーグ」の社長が、けっこう真面目に取材に答えている記事はこちら
HRナビ|「耐える時期が来ることは想定してた」バーグのシモダテツヤさんが語る、マジメなお笑い哲学
CAREER HACK|夜逃げ、ヤミ金、改名…理不尽スパイラルから救ってくれたのはインターネットだった。徳谷柿次郎の原点
CAREER HACK|生い立ちが壮絶でも、才能がなくても、「おもしろい人生」を歩んでいける。徳谷柿次郎の生き方
CINRA.JOB|日本一「ふざけた」会社の社長×新卒! シモダテツヤとARuFaが語るバーグハンバーグバーグ