バターコーヒーとは

・ バターコーヒーとは、コーヒーにバターとココナッツオイルをよく混ぜたコーヒーのこと。ダイエット効果があるとして近年話題となっている。コーヒーやバターの種類・品質には決まりがあり、それに従う必要がある。(詳しくは後述)

・ 2015年9月に出版された書籍『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(書評)において、ダイエットに効く飲み物として紹介されたことがきっかけで、バターコーヒーが広く知られるようになった。この書籍は、シリコンバレーのIT起業家である著者のデイヴ・アスプリー氏が、体重140kgという不健康体を改善するために医学や栄養学などの膨大な研究をもとにしながら、30万ドルもの資金を投じて自らが実験台となって追究したダイエット法・健康法をまとめた書籍。このなかで、アスプリー氏がたどりついた究極の飲み物がバターコーヒーであり、「完全無欠コーヒー」とも呼ばれている。アスプリー氏はバターコーヒーをはじめとするダイエット法で、50kgもの減量に成功した。

バターコーヒーの作り方

・ アスプリー氏が推奨するバターコーヒーに必要な材料は、「コーヒー1杯」につき「バター大さじ1杯」「ココナッツオイル大さじ1杯」。材料については、それぞれ以下のような決まりがあり、特にバター、オイル選びには注意が必要である。

- コーヒー:良質な豆で淹れたコーヒーであること

通常のグレードのコーヒー豆は多くの場合、酸化していたり、カビが生えた豆が混入していたりして、人体に良くない。そのため、コーヒーは、オーガニックの良質な豆を使って淹れたものであることが望ましい。もともとコーヒーには次のような役割があり、アスプリー氏は、脳をパフォーマンスを高める飲み物としてコーヒーが最適だとしている。

コーヒーには、集中力を高めたり、記憶力をよくしたりする効果のほか、赤ワインやチョコレートよりもポリフェノールを大量に含み、脂肪を減少させたり、筋肉を形成する働き(がある)

(引用元:ダイヤモンド社書籍オンライン|「バターコーヒー」で痩せた人続出!?成功するために必要な2つのポイント

- バター:グラスフェッドバターであること

グラスフェッドバターとは、牧草だけを食べて育った(grass-fed)牛のミルクから作られる無塩バターのこと。日本では日常的には手に入れにくく高価なものだが(商品によるが100gあたり1,000円~5,000円程度)、インターネット通販で購入可能。

通常のバターは、牧草を多少含むものの穀物を中心に食べて育った牛(グレインフェッド、grain-fed)のミルクから作られている。グラスフェッドバターの特徴について、ダイエット法に詳しく、著作も多数もつ和田清香氏は次のように説明している。

普通のバターと異なり、中性脂肪や悪玉コレステロールが減少するのが最大の特徴。このグラスフェッドバターには不飽和脂肪酸という良質の脂肪分が多く含まれているため、エネルギーとして効率よく消費され、体脂肪を増加させないと同時に、血糖値が上昇しにくいというメリットもあります。

(引用元:All About|脂肪が減る!?1日1杯の「バターコーヒー」効果が凄い!

- ココナッツオイル:MCTオイルを使用すること

MCTオイルとは、ココナッツから抽出した中鎖脂肪酸オイルのこと。グラスフェッドバターと同様、脂肪をエネルギーに変える効果が高く、不要な脂肪を排泄する効果が期待できる。

(アスプリー氏の)著書では、(中略)ココナッツ抽出液である「MCTオイル」は中鎖脂肪酸を摂取でき、中性脂肪になりにくいだけでなく減らす効果があり、脂肪を脳のエネルギーにシフトさせるケトン体を生成し脳機能を高めるとされています。

(引用元:SankeiBiz|『あの完全無欠ダイエットは本当に痩せる?ブームになるかバターコーヒーダイエット』microdiet.netレポート

・ また、作り方にも注意点がある。上記の材料は、ただ混ぜ合わせればよいのではなく、ミキサーなどで攪拌しなければならない。攪拌することで、材料のバターやオイルが「ミセル」という状態にまで分解される。これにより、脂肪がエネルギーに変換されやすくなり、バターコーヒーとしての力を発揮する。

kamijo-45days-ec
45日でTOEIC825点に到達! 外資コンサルが選んだ、パーソナルトレーニングという英語学習の形。
人気記事

バターコーヒーの効果と注意点

・ アスプリー氏によれば、バターコーヒーを飲むことで、上記の材料に含まれる栄養素による効果が期待できる。代表的な効果であるダイエット効果のほかにも、お通じがよくなる、肌がきれいになる、空腹感を感じにくくなる、集中力が高まる効果などの効果があると報告されている。

・ しかしバターコーヒーには、バターやオイル分カロリーが付加されているので、通常の食生活にプラスして飲むことは勧めらていない。日常的な飲み物として飲むのにも適さない。バターコーヒーを食生活に取り入れるには、朝食と置き換えたり、炭水化物の摂取量を抑えたりるなどの工夫をする必要がある。

・ バターコーヒーは、アスプリー氏が提唱するダイエット法の一環であり、これが日本人にも適するかどうかは、体質の差などをよく見極める必要がある。ダイエット食品取扱のサニーヘルスは次のように注意を促している。

注意したい点は、著者は身長193cm、体重140kgから90kgまで-50kgのダイエットに成功した点と、欧米人であるという点。体格も食文化も全く異なる日本人がこの方法をとった場合、おそらく朝食をバターコーヒーに置き換えるだけなので体重は減ると思いますが、大さじ2杯というバターを毎日摂る点が個人の体質に本当に合うのかどうかは見極める必要があると思います。単純計算で毎朝約30グラムのバターをコーヒーに入れる生活を1ヵ月続けるだけで約1kgのバターを短期間で大量に摂取することになります。

(引用元:SankeiBiz|『あの完全無欠ダイエットは本当に痩せる?ブームになるかバターコーヒーダイエット』microdiet.netレポート

(参考)
ダイヤモンド社書籍オンライン|「バターコーヒー」で痩せた人続出!?成功するために必要な2つのポイント
All About|脂肪が減る!?1日1杯の「バターコーヒー」効果が凄い!
SankeiBiz|『あの完全無欠ダイエットは本当に痩せる?ブームになるかバターコーヒーダイエット』microdiet.netレポート
日刊ゲンダイDIGITAL|飲むだけで痩せる? 大人気「バターコーヒー」のお手軽度
All About NEWS|バターコーヒーのダイエット効果は?管理栄養士の考察
GQ|ダイエットの第一人者が教える──実践! シリコンバレー式ダイエットの 基本の“き”。
STUDY HACKER|シリコンバレーで大流行の『完全無欠コーヒー』を2ヶ月間試してみた。
STUDY HACKER|【書評】『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』