クロナッツとは

・ クロナッツとは、フランス出身のシェフであるドミニク・アンセル氏が考案した、クロワッサンとドーナツを融合させたスイーツ。「ドミニクアンセルベーカリー」によって商標登録されている。クロナッツは、2013年にニューヨークのドミニクアンセルベーカリー本店で発売されて以来、ニューヨーク中のみならず、世界中に評判が広がった。日本に上陸したのは2015年。東京・表参道に「ドミニクアンセルベーカリー トウキョウ」がオープンし、クロナッツをはじめとする人気商品を求める大勢の客で、連日賑いを見せている。2017年3月下旬に銀座三越内でオープンする日本2号店でも、クロナッツの取扱いが予定されており、ファンの期待が高まっている。

・ クロナッツは毎日作りたてが提供されている。店内のキッチンでは、クロワッサン風の生地が何重にも重ねられ、寝かされ、油で揚げられる。それから砂糖をまぶし、クリームを注入し、グレーズ(ツヤ出しに使うアメ)でコーティングする。全行程には3日を要するという。

・ クロナッツには「ローズグアバ with ローズシュガー」「洋梨キャラメルフラン with シナモンシュガー」など、さまざまなフレーバーがある。これらのフレーバーは毎月1種類のみの発売であり、原則的に同じものは二度と提供されないため、この限定品としての価値がファンの購買欲をあおっている。クロナッツは1個550円(税抜)。1人につき2個までの制限がある。1日の生産数には限りがあるため、店舗には開店の2時間前からクロナッツを求める列が形成されるという。

クロナッツ人気の影響

・ クロナッツは、米国のニュース雑誌である“TIME”誌上で「2013年の最も優れた発明品25」に選ばれたほどの人気を誇る。列に並ぶのが日本ほど一般的ではないニューヨークでも、一時期は朝6時から店舗前に行列ができ、平日は朝8時、休日は朝9時の開店から15分で売り切れてしまったという。この人気を利用して、クロナッツを代理購入したり、買ったクロナッツを転売したりすることで利益を出そうとする人々も出てきた。このような異様ともいえる大人気は落ち着きつつあるものの、自分の直前で売り切れてクロナッツが買えなかった人のなかには、泣き出したり店員を責めたりする人もいるという。

・ クロナッツが2013年に発売され話題になったことで、世界中で類似商品が売り出されるようになった。日本でも、ドーナツチェーンであるミスタードーナツから2014年に「ミスタークロワッサンドーナツ」が発売。食べ比べた人によれば、ドミニクアンセルベーカリーのクロナッツのほうがクリームが多く、生地の目が詰まっているという。コンビニチェーンのサークルKおよびサンクスも、2014年に「キュービックドーナツ」を発売した。48層のクロワッサン生地の上にチョコレートをコーティングしたとされている。

takashima-ec
苦手だったリスニングを克服し、90日でTOEIC845点ゲット! リスニング練習の「質」を変えた、プロトレーナーのトレーニングメソッド
人気記事

ドミニクアンセルベーカリー表参道店

・ 2017年3月下旬に2号店がオープンするまで、日本でクロナッツを購入できるのは、ドミニクアンセルベーカリー表参道店である。表参道店の床面積は、ニューヨーク本店よりも広い。1階のデザインは白で統一され、16席のイートインスペースがある。2階は72席のレストランになっており、内装はニューヨークとパリの公園をイメージしているという。また、日本ならではの要素として、茶室からインスピレーションを受けた小さい個室がある。この個室でしか食べられない「モンブランワガシ」などのメニューが用意され、特別感のある体験をすることができる。

・ 表参道への出店を決めた理由は、トレンドが集中する場所であることにニューヨークとの共通点を感じたからだとシェフのドミニク氏は話している。ドミニク氏は 「100店舗つまらないお店を出すよりも1店舗、素晴らしいお店を作りたい」という考えから、店舗やメニューの隅々にまでこだわった。

「お店に行けば、何かワクワクすることが待っている」と思ってもらえるような商品づくり、お店づくりを心掛けてきました。(中略)お店に来た人がハッピーになれるように、そしてお店での楽しい思い出がよみがえるようなそんなペストリー作りをこれからも目指していきたいんです。

(引用元:日経トレンディネット|ついに日本上陸! 松丸アナが“クロナッツの生みの親”ドミニク・アンセル氏を直撃

・ ドミニクアンセルベーカリーでは、大人気のクロナッツをはじめとして、ニューヨーク本店での定番「クッキーショット」、日本限定の「抹茶モナカクッキー」など、さまざまな商品を提供している。テイクアウト用商品のほか、店内でしか食べられないメニューもあり、ドミニク氏の強いこだわりと、それによって生まれた高い品質を味わうことができる。

(参考)
DOMINIQUE ANSEL BAKERY JAPAN
えん食べ|【クロナッツ】表参道ドミニクアンセルベーカリーの全貌を公開!ひと足先に潜入、話題のアレを食べてきた
えん食べ|ミスドからも「クロナツ」が出る! 「ミスタークロワッサンドーナツ」発売
Cube New York|ニューヨーカーが今、夢中! 大行列で買い求めるクロワッサン・ドーナッツ、 ”クロナッツ”
TSI HOLDINGS|ドミニクアンセルベーカリー
日経トレンディネット|日本初上陸! ドミニクアンセルベーカリーの“本家クロナッツ”をミスドと徹底比較
日経トレンディネット|ついに日本上陸! 松丸アナが“クロナッツの生みの親”ドミニク・アンセル氏を直撃
ハフィントンポスト|NYで大人気の新スイーツ「クロナッツ」
ダイヤモンド・オンライン|元祖クロナッツの進出で表参道が新たな食の聖地に
Fashionsnap.com|NYの行列店「ドミニクアンセルベーカリー」日本2号店は銀座三越に3月オープン
サークルK・サンクス|NYで話題沸騰の「クロナッツ」がついに登場!! 「キュービックドーナツ」2月25日から全国のサークルKとサンクスにて販売