CxOとは

・ CxO(シーエックスオー)とは、企業で、各部門・業務領域の執行責任を担う責任者としての役職の総称。CはChief、OはOfficerの頭文字で、xには各領域の名前から取った頭文字が入る。C-suite、Cクラスとも呼ばれる。日本語で言うならば役員。

・ CxOは、もともと欧米の企業で導入されているもの。欧米の多くの企業では、業務執行と経営が分離されている。CxOは、業務執行の責任を担う役職である執行役で、xに入る担当領域についての責任を負う。一方、経営を担うのは、会長、社長、社外取締役に代表される取締役で、全社的な経営戦略を決定したり執行役を監視・監督したりする責任を負う。ただし、経営と業務執行は必ず完全に分離されなければならないわけではないので、CEO(最高経営責任者)が会長や社長を兼任する例は多くみられる。

・ 近年日本企業でも欧米型の組織が増えてきたのに伴い、欧米流に経営陣をCxOに任命する例が増加してきた。また、株主が業績に関連して企業に求める経営責任と、業務に対する執行責任を、それぞれ明確にするべきだと考えられるようになったことも、CxOの定着の背景にある。

・ CxOは現場を仕切るリーダーとしての役職ではない。経営メンバーの一員として、会社の経営課題に自分の担当領域の視点から取り組むという役割を担う。これについて、戦略コンサルティングを手掛ける株式会社ギックス(GiXo)は、次のように解説している。

経営メンバーは、会社の経営課題に取り組まないといけません。つまり「全社(全業務領域)を横串で通せる視点」が求められます。CxOという呼称は、”Chief”であるということが一番大きな意味を持っていて、Financeなのか、Salesなのか、Marketingなのかは、大した問題じゃないんですよね。
CxO制を導入するということは、企業として「経営課題への取り組み体制を厚くする」ことを宣言しているわけです。単に、現場の長の機能を維持したまま、呼称を変えただけでは、これは実現できません。

(引用元:GiXo|CxOとは何か?→経営課題に専門領域”x”で挑むのがお仕事|戦略用語を考える

・ このように企業の経営課題に向き合うのがCxOの役割であるため、自分の担当部門に有利になるような意思決定をしようとしたり、部門間で勢力争いや仕事の押し付け合いをしたりするのは、CxOの存在意義として適切ではない。

CxOの名称まとめ

・ CEO、COO、CFOなど、多くの企業で共通して設置されている役職もあるが、ほかの役職については、企業の抱える課題や経営方針などに沿った独自のものが置かれる。同じ頭文字のCxOでも、別の役職を意味する場合もある(例えばCIOは、最高情報責任者:Chief Information Officerと最高投資責任者:Chief Investment Officerに共通の略称)。

・ CxOは、従来よりよく知られるものから、新たに生み出されるものもある。主なCxOの例とその意味は次の通り。

CEO : Chief Exective Officer 最高経営責任者
COO : Chief Operating Officer 最高執行責任者
CFO : Chief Financial Officer 最高財務責任者
CIO : Chief Information Officer 最高情報責任者
CTO : Chief Technical Officer 最高技術責任者
CSO : Chief Strategy Officer 最高戦略責任者
CSO : Chief Sales Officer 最高販売責任者
CMO : Chief Marketing Officer 最高マーケティング責任者
CHO : Chief Human resource Officer 最高人事責任者
CAO : Chief Accounting Officer 最高会計責任者
CRO : Chief Risk Officer 最高リスク管理責任者
CCO : Chief Compliance Officer 最高コンプライアンス責任者
CLO : Chief Legal Officer 最高法務責任者
CKO : Chief Knowledge Officer 最高ナレッジ責任者
など

(参考)
野村総合研究所|経営用語の基礎知識 CxO
GiXo|CxOとは何か?→経営課題に専門領域”x”で挑むのがお仕事|戦略用語を考える
CxO Make Your Partner|CxOとは?
日経ビジネスONLINE|CxO
ANTELOPE|CxO
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー|「グローバル」を背負うCxO