デジタルボトルキープとは

・ デジタルボトルキープとは、吉野家が2016年7月20日に開始したサービス。

『デジタルボトルキープ』はスマートフォンのアプリ上でビールや焼酎の仮想のマイボトルを購入いただき、有効期間内で継続してご利用いただけるサービスです。
マイボトルは、通常価格より 500 円安く購入(生・瓶ビール 3,500 円⇒3,000 円、焼酎 3000 円⇒2,500 円)でき、アプリ上でマイボトルの残量が随時確認できます。

(引用元:PRTIMES|『デジタルボトルキープ』開始のお知らせ

・ ビール3,500円分とは生ビールジョッキ10杯分、焼酎3,000円分も同じく10杯分。アプリを通じ、仮想のマイボトルとしてデジタルボトルキープすると、1杯当たりそれぞれ50円安く飲むことができる。

・ デジタルボトルキープのシステムは、飲食店の順番待ち受け付けサービスを手掛けるEPARKと共同で開発したもの。客は、スマートフォンの吉野家アプリを経由して外部の「Keep Service」(EPARKが運営)に誘導される形で、デジタルボトルキープのシステムを利用する。

・ 客は、ボトルキープの購入時にアプリに表示されたQRコードを店舗で提示し、料金を前払いする。その後は、利用の度にQRコードを店舗で提示し、ボトルの容量が空になるまで1杯ずつ飲むことができる仕組み。

・ デジタルボトルキープは、全国約1,200店舗のうち540店舗が対象(全国の店舗数は2016年6月時点)。仮想のマイボトルは、対象店舗であればどこでも利用可能。デジタルボトルキープの有効期限は6カ月。

デジタルボトルキープの狙い

・ 吉野家は、居酒屋以外でちょっと飲む「ちょい飲み」の場を提供するサービス「吉呑み」を展開している。吉呑みは、アルコール類と、牛皿やメンチカツ、冷奴、枝豆などのつまみ料理を提供する居酒屋スタイルのサービス。吉呑みは、2013年の試験導入、2014年の本格導入に続き、2015年4月には全国360店舗、2016年5月には全国1,200店舗の約9割にあたる1,063店舗に拡大した。吉呑みができる吉野家の店舗の入り口には、赤ちょうちんがぶら下がっており目印となっている。

・ 吉野家ホールディングスの河村泰貴社長は、「吉野家はちょい飲みの先駆け」であると自負していると語る。このたびデジタルボトルキープが導入されたのは、吉呑みを実施している店舗の約半数にあたる540店舗。デジタルボトルキープのサービスも業界に先駆けて導入した。

「楽しく飲んでもらいたいというのが一番」。アプリ発表会に登壇した吉野家の河村泰貴代表取締役社長は、デジタルボトルキープ導入の理由についてこう語った。考えてみると、デジタルボトルキープの仕組みは、1杯あたり50円の割引きが受けられる10枚綴りの回数券を発行するのと変わらないが、「吉野家にボトルを入れる」ということ自体を面白がってもらいたいというのが同社の考えのようだ。

(引用元:マイナビニュース|吉野家が“ちょい飲み”で新サービス – スマホでボトルキープはヒットするか

・ デジタルボトルキープでは、実際のボトルキープとは違って店舗が限定されないため、会社の近く、自宅の近くなど、時と場合によって好きな店舗で利用することができる。また、価格の手頃感があるうえ、一度前払いしていれば飲みきるまでは客は吉野家に通うことが想定され、客の来店頻度や、酒以外の料理などに支払う全体の金額を押し上げる効果が期待される。河村社長も次のように語っている。

「(ボトルキープ導入で)客層が変化するとは考えていない。期待しているのは利用頻度の向上だ」

(引用元:同上)

(参考)
吉野家|吉呑み
日経トレンディネット|吉野家「デジタルボトルキープ」は本当にお得?
マイナビニュース|吉野家が“ちょい飲み”で新サービス – スマホでボトルキープはヒットするか
PRTIMES|『デジタルボトルキープ』開始のお知らせ
朝日新聞DIGITAL|スマホでボトルキープも 外食大手の「ちょい飲み」進化
J-CASTニュース|ビール・焼酎10杯で500円お得 吉野家に「ボトルキープ」登場
R25スマホ情報局|吉野家、アプリで「ボトルキープ」 発想に称賛