「℃℃℃」とは

・ 「℃℃℃(ドドドォー!!!)」とは、プロ野球球団・広島東洋カープが掲げる、2018年のキャッチフレーズ。2017年11月23日に発表されると、その奇抜さから野球ファンのあいだで話題となった。

・ カープ公式サイトの説明によると、「℃℃℃」というキャッチフレーズには以下のような意図が込められている。

チームに引き継がれる「努力」「泥臭さ」。シーズンを駆け抜ける「怒涛」の勢い。ひとり一人に必要な「度胸」。ファン・地域との一体感を表す「同心」「同郷」。来年も実現してみせる「胴上げ」。
これらの言葉が有する「ど」を、「熱さ(温度)」と「カープらしさ(C)」を感じる「℃」で表現。
「℃」を3回続けることで、「チームに勢い」をもたらすと共に「リーグ三連覇へ駆け抜ける」決意も込めたキャッチフレーズです。

(引用元:広島東洋カープ公式サイト|2018年チームキャッチフレーズ決定!

・ 「℃℃℃」のロゴには、力強く走る3つの赤い「℃」が描かれており、それぞれ微妙に色が異なる。公式サイトの説明によれば、この違いは「様々な個性が一丸となり、シーズンが進むにつれて『大きなうねり』を生み出していく姿」を表現しているのだという。

「℃℃℃」を他のキャッチフレーズと比較して

・ 広島東洋カープの2016年キャッチフレーズは「カ舞吼!−Kabuku−」だった。歌舞伎の語源となった「傾(かぶ)く」を元にし、「他チームの目を気にすることなくカープ道を突き進み、新シーズンも『カープらしく』熱く戦う」という思いが込められている。また、2015年は「真赤激(まっかげき) Burn it up!」だった。「真っ赤に刺激的に」戦うという意志を表している。これら過去のキャッチフレーズと比べると、「℃℃℃」には漢字もアルファベットも使われておらず、記号のみという特徴がある。

・ 他の球団のキャッチフレーズと比較しても、「℃℃℃」の個性は際立っている。2017年における阪神タイガースのキャッチフレーズは「挑む Tigers Change」、読売ジャイアンツは「新化 ~GIANTS PRIDE 2017~」だ。どちらもロゴには勇壮な筆文字が使われている。これらと比べ、「℃℃℃」は記号のみで構成されているほか、ロゴはアメコミ風のポップな雰囲気であるため、球団のキャッチフレーズのなかでは異彩を放っている。

araisama-ec
2ヶ月でTOEIC®200点アップの935点。課題発見の精度を高め、ハイスコアでも『時短』を達成。
人気記事

「℃℃℃」への反応

・ デイリースポーツの記事「カープ来季は『℃℃℃(ドドドォー!!!)』 ファン感でキャッチフレーズ発表」がYahoo!ニュースで配信されると、「℃℃℃」に対するコメントが多く寄せられた。「個人的にはちょっとリアクションに困る」と戸惑いを表明する人はいたものの、「毎年めちゃくちゃに思えるけど何だかんだ慣れてくる」「いいと思うかダサいと思うかは人それぞれだけどとりあえず勢いは感じる」「なんじゃそら、と思ったけど意外とちゃんと背景があって悪くない」など、おおむね好感を持って受け止める人が目立った。また、「来年の流行語大賞になるくらい 頑張って貰いたい!」「個人的には、もっと真面目なやつが好きだけど、この感じならたぶんグッズ販売は来年も好調だろうなとは思う」と、広島東洋カープの今後に期待する人も多かった。

・ 近年、広島東洋カープは独特のキャッチフレーズを打ち出すだけでなく、個性的なグッズを発表し、野球ファン以外からも注目されている。2015年に発売された「3色ボールペン(赤)(赤)(赤)」は、3色と銘打っているにもかかわらず、同球団のイメージカラー・赤のインクしか入っていない商品だが、考案者の発想力がファンから称賛され、「日経ビジネスオンライン」によれば5~6万本を売り上げる程の人気だった。キャッチフレーズのイメージを落とし込んだグッズも例年発売されるため、2018年のキャッチフレーズ「℃℃℃」がどのようなグッズとなるか、期待されている。

(参考)
広島東洋カープ公式サイト|2018年チームキャッチフレーズ決定!
広島東洋カープ公式サイト|2017年チームキャッチフレーズ決定!
Yahoo!ニュース|カープ来季は「℃℃℃(ドドドォー!!!)」 ファン感でキャッチフレーズ発表
日刊スポーツ|広島新スローガン「真赤激」真っ赤に刺激的に戦う
阪神タイガース公式サイト|2017年チームスローガンについて
読売巨人軍公式サイト|2017年チームスローガンは「新化 ~GIANTS PRIDE 2017~」
Jタウンネット|カープ、三色ボールペン発売。色は「赤」と「赤」と…
日経ビジネスオンライン|ヒット連打の独自グッズがカープの屋台骨支える