Eggs ‘n Thingsとは

・ Eggs ‘n Things(エッグスンシングス)とは、卵を使った料理をメインに提供する、ハワイ発祥のカジュアルレストラン。2010年に日本上陸を果たして以来、2017年2月までに国内で17店舗を構える。山のようにホイップクリームを盛りつけたパンケーキが看板メニューで、そのほかにオムレツ、エッグベネディクト、クレープ、ワッフルなどを提供している。Eggs ‘n Thingsは特に若い女性からの人気が高く、注文したパンケーキの写真をSNSに載せる人は少なくない。

・ 2017年3月、Eggs ‘n Thingsは日本上陸7周年を迎える。それを記念して、2月15日~3月31日の期間で限定メニューの「“コナ”ティラミスパンケーキ」(税抜1,450円)「ストロベリーチーズパンケーキ」(同)を開始したところ、2週間で合計35,000食を突破したという。「“コナ”ティラミスパンケーキ」は、ハワイでのみ栽培される希少なコナコーヒーをパンケーキ生地に混ぜ、焼き上げたパンケーキにマスカルポーネチーズとココアパウダーをたっぷり載せたもの。コナコーヒーの酸味とマスカルポーネチーズのコクの相性がよいという。「ストロベリーチーズパンケーキ」は、パンケーキにストロベリーチーズクリームをかけ、生のイチゴを添えた華やかな一皿。イチゴの爽やかさとストロベリーチーズクリームのコクのハーモニーを味わうことができる。

Eggs ‘n Thingsのコンセプト

・ Eggs ‘n Thingsは1974年、ジェリー・フクナガとジャン・フクナガ夫妻によってハワイでオープンした。現在でも「良質な料理とアロハな想いを提供すること」をいちばんのこだわりとし、「新鮮な食材を使用すること」「手ごろな価格で提供し続けること」「すべてのお客様をオハナ(家族)のように迎え入れること」をモットーに掲げている。

・ Eggs ‘n Thingsの日本1号店は、タリーズコーヒージャパン創業者である松田公太氏が日本での事業権を得たことによって、2010年にオープンした。“All Day Breakfast”をコンセプトに、「朝に限らず、昼でも夜でも美味しくてボリューム感のあるブレックファーストメニュー」を提供している。店の内装はホワイトを基調にしていることが多く、窓を大きく取ったりテラス席を設けたりすることによって、ハワイらしい開放感を演出している。

kanekon-930
3ヶ月でTOEIC615点から930点に! 商社マンがトレーナーと二人三脚でつかんだ900点の大台。
人気記事

Eggs ‘n Thingsの人気メニュー

・ Eggs ‘n Thingsは、パンケーキの上に山のようなホイップクリームを載せることで知られている。2016年6月にテレビ番組『ヒルナンデス!』で紹介されたところによると、一番の人気メニューは「ストロベリー、ホイップクリームとマカデミアナッツ」(税抜1,080円)。小さめのパンケーキが花びらのように4枚ほど重ねられ、それぞれのパンケーキの上にイチゴが数個ずつ添えられている。皿の中央にはホイップクリームが大盛りにされているが、味わいが重くならないように配合が工夫されている。また、パンケーキ生地には塩が入れられているため甘くなりすぎず、飽きずに食べきれるという。

・ ハワイ通の客やEggs ‘n Thingsの店員に人気だというメニューが「カルアポークとキャベツ」(税抜790円)。カルアはハワイの言葉で「蒸し焼き」を意味し、蒸した豚肉とキャベツをバーベキューソースで炒めたこの料理はハワイの伝統で、メインにも付け合わせにもなる。パンケーキで有名なEggs ‘n Thingsだが、このようなハワイ料理も試してみるとよいだろう。

(参考)
Eggs ‘n Things
Eggs ‘n Things エッグスンシングス
Facebook|Eggs ‘n Things お台場店
KAUKAU|エッグスン・シングス
プリティオンライン|大阪・心斎橋『Eggs `n Things 心斎橋店』で朝食を♪ ハワイ気分で楽しむ大人気パンケーキ
macaroni|『ヒルナンデス!』で紹介!話題のエッグスンシングスの裏技をチェック
ITmedia  ビジネスオンライン|「パンケーキの行列」だけに依存しない EGGS ‘N THINGS・荻野社長 (1/2)