「Facebookおじさん」とは

・ 「Facebookおじさん」とは、漫画『SNSポリス』が連載されていたwebマガジン「kakeru」が掲載している記事「【筋トレ報告に無差別タグ付け】若者からドン引きされるFacebookおじさんとは」内で語られた、Facebookにおいて一部の若いユーザーが困惑する内容を投稿する中年男性。2017年7月25日に公開された当該記事では、4人の20代男女が座談会を開き、中年男性による趣味や仕事に関するFacebook上の投稿について「相当ウザい」「これを発信して私たちに何を求めているんだろ?」などと苦言を呈した。当該記事には、「分かる」と共感を示した人もいたものの、「どんな内容をどこに投稿しようが自由」「好きな事投稿して何が悪いの」など反発を感じた人が多く、Twitterを中心に多数の人が意見を述べている。

・ 近年、TwitterやInstagramといったSNSは多くの人に利用されている。マーケティングリサーチなどを手がけるICT総研が2016年8月に行った「2016年度 SNS利用動向に関する調査」によると、日本のインターネット人口における「SNS利用率」は、2015年末時点で65.3%だった。2017年末には70%を超える見込みだという。SNSのうち、Facebookに関しては「中高年が多い」「若者のFacebook離れ」などと言われることがあるが、Facebook日本法人代表取締役の長谷川晋氏は「年齢層や男女比率はかなりばらけている」と述べており、さまざまな年齢のユーザーがFacebookを利用している状況がうかがえる。

「Facebookおじさん」の何が敬遠されているのか

・ kakeruにおいて「Facebookおじさん」に苦言を呈した男女は、不快に感じる投稿例をいくつか挙げている。そのうちのひとつが、文章を入力せず、ランニングシューズを履いた自身の足元の写真のみを投稿する行為。これについては、「Facebookでこれをやる意味がほんとに分からない…反応に困っちゃいます」「市民スポーツセンターの写真は絶対あげないのに、ちょっと良いスポーツジムに行くときはアップしてる人いるよね」などと、否定的な意見が相次いだ。また、ランニングの結果をFacebook上に掲載することも白眼視され、このような投稿をFacebook上にする男性は「筋トレおじさん」と呼称された。

・ また、趣味の映画に関してやや長い文章を投稿する「Facebookおじさん」は、kakeruの記事内で「アメブロ(※)おじさん」と名づけられた(※株式会社サイバーエージェントが提供するブログサービス「アメーバブログ」)。「自分の日常に全然関係ない話」「メリットがない情報がFacebookで流れてくるのがウザい」といった理由から、「自己満足は他でやって欲しい」「ブログでやってほしい」との感想が飛び出した。

・ さらに、仕事に関する内容をFacebookに投稿する男性が「仕事してます感おじさん」として否定的に受け止められることもあった。記事内では「深夜誰もいなくなったオフィスとカフェラテ」や「最近イケてる企業のエントランス」などの写真を掲載する「Facebookおじさん」が批判されたほか、「研修会に来てます」と研修会の入場券を手に持った写真を掲載することも「まじでいらない」と拒絶された。

kishimotosama-ec
15年以上のブランクから3ヶ月でTOEIC845点! 英語を身につける最速の方法と、いま英語を学ぶ理由。
人気記事

「Facebookおじさん」についての記事への批判

・ 「Facebookおじさん」を扱った上述の記事に対しては、インターネット上で多くの批判の声が上がった。「結局は『私が気に入らない』『生理的に気持ち悪い』みたいなもんじゃんか」「嫌なら見なきゃ良いのに」など、記事内で発言した20代男女の身勝手さを指摘する意見のほか、「ルールとモラルを守れば自分の好きなように使えばいいんじゃないかな」「自分の情報を自由に発信するためにSNSはあるのでは」など、SNSは自由に使うべきだと主張する人もいた。

・ 整骨院院長を務める段上功氏は、上述の記事を念頭に、「Facebookおじさん」を自称しつつTwitter上で「これからは気を付けて投稿します」と発言して注目された。添えられた写真では、黒板に「20代女子からドン引きされるFacebookおじさんの特徴」が箇条書きされている。段上氏は、webメディア「ハフポスト」からの取材に対し、以下のような考えを述べた。

簡単なつぶやきや筋トレのシェアであればTwitterやInstagram、長文はブログでいう図式はすごく理解ができますし共感することができます。
ですが、SNSは誰でも簡単に「自分を表現することが出来るツール」だと思うので、正直なところ何を書いてもいいと思いますし、それについてどんな意見があってもいいと僕は感じています。

(引用元:ハフポスト|「Facebookおじさん」をめぐりネット白熱⇒本人登場「長文ですみません(笑)」

(参考)
kakeru|【筋トレ報告に無差別タグ付け】若者からドン引きされるFacebookおじさんとは
ハフポスト|「Facebookおじさん」をめぐりネット白熱⇒本人登場「長文ですみません(笑)」
Twitter|Facebookおじさん
ITmedia NEWS|「Facebookはおじさんだらけ」は本当か? 日本法人トップが言及「われわれが把握しているデータと大きく異なる」
BUSINESS INSIDER JAPAN|Facebookは「おじさん向け」ではなかった! 米国のミレニアルが「シェアする」SNSの1位に
ICT総研|2016年度 SNS利用動向に関する調査