学生団体とは

・ 学生団体とは、一定の目的を持って活動している大学生の集団。学生団体の明確な定義はなく、同じく大学生の集まりであるサークルとの厳密な違いはない。しかし、首都圏の学生たちが参加し、カンボジアでボランティアを行っている学生団体「Michiiii」に所属する鈴木さんによれば、学生団体の活動は「社会になにかを発信する」ものであるという。一方、サークル活動の目的は「友達作り」である点で、学生団体と異なると鈴木さんは話している。

・ 近年、学生団体が中心となった大規模な政治運動が、日本のほか香港・台湾で起こり、学生団体という存在があらためて脚光を浴びるようになった。日本の学生団体「SEALDs」(シールズ)は、2015年における国会議事堂前のデモによって名が知られるようになり、2015年、「広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語」に贈られるとされる「ユーキャン新語・流行語大賞」の「トップテン」に選ばれた。SEALDsは2016年に解散したが、元メンバーたちは新たな活動を始めている。2017年3月には、元メンバーたちによって市民団体「未来のための公共」が発足し、今後の活動が注目されている。

日本の学生団体「SEALDs」

・ 2013年に成立した特定秘密保護法に反対の意を示すため、2014年に学生団体「SASPL」(サスプル)が結成された。SASPLとは「Students Against Secret Protection Law」(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)の略称。このSASPLの後継団体として2015年に結成されたのがSEALDsである。SEALDsとは、「Students Emergency Action for Liberal Democracy – s」(自由と民主主義のための学生緊急行動)の略称。SEALDsは、2015年に提出された安全保障関連法案に反対し、国会議事堂前でデモを行うなどの活動を行った。

・ 安全保障関連法案が可決されて以降、SEALDsは2016年の参議院議員選に照準を合わせた。安全保障関連法案に賛成した議員を当選させない「落選運動」を開始したのである。SEALDsは、自身が支持する議員候補を支援したり、SNSで情報を発信したりするといった活動を行い、参議院議員選挙が終わると2016年8月に解散した。

daito-ec
90日でTOEIC835点、英語会議もストレスなしに。パーソナルトレーナー × 科学的トレーニングの『英語の90日』
人気記事

アジアの学生団体

・ SEALDsが影響を受けたとされているのが、香港および台湾の学生団体である。2014年、中国の介入を受けない完全な普通選挙を求めて、学生団体「学民思潮」を中心とした学生たちが香港の中心部を占拠した。これに共感した一般市民も加わって大規模なデモに成長し、警察の催涙スプレーにデモ隊が雨傘を開いて対抗したことから、この運動は「雨傘運動」「雨傘革命」と呼ばれるようになった。学民思潮は2016年に解散した。

・ 台湾でも2014年、中国とのあいだに締結された「サービス協定」が立法院(日本の国会に相当)で強行採決されることに反対した学生たちが、立法院に突入し、占拠した。立法院長は学生たちの要求に対して譲歩し、「中国と結ぶ協定を立法院が監督する条例が成立しない限り、サービス貿易協定の審査のための与野党協議を開かない」と宣言したため、学生たちは立法院から退去した。この運動は、デモ隊がひまわりの花をシンボルとして掲げたため、「ひまわり学生運動」と呼ばれるようになった。このとき学生たちのリーダーを務めた林飛帆さん・陳為廷さんは、研究者らとともに社会運動団体「島国前進」を結成し、台湾と中国との協議の監視にあたると発表した。

(参考)
SEALDs
コトバンク|特定秘密保護法
コトバンク|安全保障関連法案
コトバンク|雨傘革命
マイナビ学生の窓口|新入生必見!サークルと学生団体の違いってなんだろう? 【学生記者】
日本経済新聞 電子版|「SEALDs」15日解散 安保関連法に反対
日本経済新聞 電子版|台湾、学生が24日ぶり議会退去 馬政権の対中融和遅れも
THE PAGE|国会占拠の学生ら、新団体「島国前進」を結成/台湾
THE PAGE|台湾の学生はなぜ立法院を占拠したの? 原因となった「サービス貿易協定」とは
ハフィントンポスト|台湾「国民党歴史的惨敗」の衝撃:「筆頭戦犯は馬総統」
ハフィントンポスト|「雨傘運動」で何が変わったか:「香港第一才子」インタビュー
dot.|安保法制反対10万人国会デモへ 「安倍さん、民主主義って何ですか?」
ユーキャン新語・流行語大賞|現代用語の基礎知識 選 2015 ユーキャン新語・流行語大賞 発表
ダイヤモンド・オンライン|安保で注目SEALDs、次の一手は「落選運動」と「カジノ反対」?
産経ニュース|香港「雨傘」デモの中心「学民思潮」が解散、4月に政党立ち上げへ
朝日新聞デジタル|シールズ元メンバーらの新団体が発足 国会前で初集会