「はねろ!コイキング」とは

・ 「はねろ!コイキング」とは、株式会社ポケモンが開発した、コイの姿をしたキャラクター「コイキング」を育成するスマートフォン・タブレット専用シミュレーションゲーム。2017年5月23日に公開され、6月5日時点で100万回以上ダウンロードされるほどの人気を誇っている。Android版でのレビューは5点中4.8点と非常に高く、「はねろ!コイキング」はユーザーから好意的に評価されていることがうかがえる。

・ 「はねろ!コイキング」では、ゲームのプレイ状況やスクリーンショットをSNSに投稿することが推奨されており、投稿回数に応じて、ユーザーはゲームの進行を助けるアイテム「ダイヤ」を入手することが可能。そのため、Twitter上では「はねろ!コイキング」のスクリーンショットを多く閲覧することができ、ゲームをプレイしていない人でも「はねろ!コイキング」の雰囲気を楽しめる。

「はねろ!コイキング」の遊びかた

・ 「はねろ!コイキング」では、コイキングを強く育ててリーグに挑戦し、すべてのリーグ戦に勝ち抜くことが目標とされる。リーグ戦は1対1で、どちらのコイキングがより高く「はねる」ことができるかが競われる。

・ コイキングが高く「はねる」には、コイキングの「はねる力」(CP)を強化する必要がある。CPを高めるには、コイキングにサンドバッグへ体当たりさせる「とっくん」を行う。そのほか、画面上に出現する果実などの「たべもの」をタップすることでもCPを獲得することができる。

・ 大切に育てていても、コイキングは突然いなくなってしまうことがある。たとえば、鳥のキャラクター「ピジョン」にエサとして連れ去られたり、ボール形のキャラクター「ビリリダマ」の爆発に巻き込まれたりといった出来事が発生すると、それまでのコイキングを育てつづけることができなくなってしまい、新しいコイキングを育てなおすことになる。

kumiko895-ec
10年ぶり英語への挑戦で、TOEIC895点。秘訣は「毎日続けること」への科学的アプローチ
人気記事

「はねろ!コイキング」の背景

・ 「はねろ!コイキング」の開発には、マンボウを育てるゲームアプリケーション「生きろ!マンボウ!〜3億匹の仲間はみな死んだ〜」を作成した株式会社SELECT BUTTONが協力している。「生きろ!マンボウ!」では、ユーザーはマンボウにエサを与えたり冒険させたりしてマンボウを育成するが、マンボウは「餌を求めて潜った深海の水が冷たくて死ぬ」「体に付いた寄生虫を振り落とそうと水面でジャンプしたら着水の衝撃で死ぬ」など、さまざまな原因であっけなく死んでしまう。このような斬新さが好評を博して、「生きろ!マンボウ!」はSNSを通じて話題となり、全世界で800万回以上ダウンロードされるほどの人気が出た。「はねろ!コイキング」は、「生きろ!マンボウ!」のコンセプトやシステムを部分的に踏襲している。

・ 「はねろ!コイキング」でユーザーが育てるコイキングとは、1996年に発売されたゲームボーイ用RPG「ポケットモンスター赤」「ポケットモンスター緑」で初登場したモンスター(ポケモン)の一種。コイキングは、ポケモンのなかで最も弱いという設定で、実際にゲーム内のステータスはほかのポケモンと比べて非常に低かった。しかし、2016年に「I LOVE コイキングさん」というコイキングを特集した公式サイトが作られたり、野球チーム「広島東洋カープ」とのコラボレーションが行われたりと、コイキングの魅力を発信する企画が登場しており、今後もコイキングの人気は拡大するとみられる。

(参考)
『はねろ!コイキング』公式サイト
Google Play|はねろ!コイキング
Twitter|#コイキング
ファミ通App|ポケモン新作スマホアプリはコイキングが主役? 『はねろ!コイキング』2017年春配信
ITmedia NEWS|ポケモン新作アプリ「はねろ!コイキング」きょう公開 のんびり育成ゲーム
ITmedia NEWS|育成ゲームなのに死にまくる 「生きろ!マンボウ」ヒットの裏側 開発した3人が起業、マンボウで世界へ
ポケットモンスターオフィシャルサイト|ポケットモンスター 赤・緑
ポケモンだいすきクラブ|I LOVE コイキングさん