『バーフバリ』とは

・ 『バーフバリ』とは、ラージャマウリ監督による2部作のインド映画。『バーフバリ 伝説誕生』(原題:BAHUBALI:The Beginning)および『バーフバリ 王の凱旋』(原題:Baahubali 2-The Conclusion)から成る。日本では、『伝説誕生』が2017年4月、『王の凱旋』が同12月に公開開始された。特に『王の凱旋』は絶大な人気を誇り、2018年1月現在、上映館が拡大している。

・ 『バーフバリ』は古代インドの叙事詩『マハーバーラタ』を下敷きとした、壮大なスケールの物語である。滝の下の村で育った青年シヴドゥは、あるとき外の世界に興味を抱き、村を出る。そこで女戦士アヴァンティカと出会い、彼女が暴君バラーラデーヴァの治める王国と争っていることを知る。王国に乗り込んだシヴドゥは、自身がその国の本来の後継者であり、父バーフバリは殺され、母デーヴァセーナは幽閉されていることを知る。そして、バーフバリの冒険が回想として語られる、というのがあらすじである。

・ 公式サイトによると、『バーフバリ 王の凱旋』のインドにおける興行収入は歴代最高。全米公開された際には、週末の興行成績が初登場で第3位だったという。また、2017年10月時点で、全世界での興行収入は2億6,700万ドル(およそ302億円)に達していた。

『バーフバリ』の魅力

・ 映画評論家としても知られるラッパーの宇多丸氏は、2018年1月13日に放送されたTBSラジオのバラエティ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』において、『バーフバリ 王の凱旋』を絶賛した。宇多丸氏は『バーフバリ』を「世界中の誰がいつ見ても、圧倒的に面白い! と感じるに違いない、ものすごく普遍的な面白さ、普遍的な意味、価値を持つ、『これぞ映画だ!』っていう感じの一大娯楽作」と評し、同作は映画史に名を刻むだろうと話した。ストーリーは古典的な勧善懲悪ながら、現代の人権意識や常識に合うよう調整されており、「映画的面白さのための仕掛け、アイデア」が圧倒的な質量を誇っているとのこと。また、インド映画の特徴として知られるミュージカル要素もふんだんに取り入れられ、歌によってストーリーがテンポよく進行しているという。

たとえば野に下ったバーフバリが、やっぱり真の王っぷりを証明してしまう下りを、ミュージカルというか歌劇スタイル、歌に乗せて見せていくんだけど、(中略)尊敬される為政者・リーダーというのはどうあるべきか?っていうのを、これ以上ないほどのシンプルさで、しかも本質を表現しきっていて、本当に感動する。なので、王政の話なんだけど、ちゃんと現代的な民主主義とか人権意識を見据えたメッセージまで、全体に含んでいるわけですよ。

(引用元:TBSラジオ|【映画評書き起こし】宇多丸、『バーフバリ 王の凱旋』を語る!(2018.1.13放送)

・ インドのジャーナリストSudha G Tilak氏は2015年、英国のBBCニュースにおいて、『バーフバリ』は息をのむような場面と特殊効果であふれる超大作であると述べた。それだけでなく、現地の神話やおとぎ話が混ざったストーリーが、インド人の琴線に触れたのだという。

話の筋は、戦う王子・陰謀をたくらむ貴族・忠実な将軍・勇敢な女王・勇猛な王が登場するインドの叙事詩を中心に展開します。これはインド神話となじみ深いおとぎ話がカクテルのように混ざったプロットであり、復讐と勧善懲悪の物語なのです。

(引用元:BBC News|Baahubali: Why India’s priciest film has done well at box office

yamamoto-800-ec
社会人に最短距離の学習戦略を。わずか60日でTOEIC®300点アップの秘訣は、英語の「学び順」にあり。
人気記事

日本における『バーフバリ』上映会

・ 日本では近年、映画館で上映中に観客が発声できる、観客参加型上映会が人気だ。セリフに合いの手を入れたり、登場人物に声援を送ったりすることで、普段とは異なるスタイルの映画鑑賞を楽しむことができる。『バーフバリ 王の凱旋』に関しては、2017年12月13日に「KADOKAWA富士見ビル」(千代田区)において「“絶叫上映”体験試写会」が開催された。場内ではスタッフによりサイリウムやラッパが配られ、事前の発声練習が行われたという。上映が始まると、映画の進行に合わせて観客が歌って楽器を鳴らしたり、「頑張って!」「お久しぶりです!」などの声が飛び交ったりした。

・ 「新宿ピカデリー」においても、2017年12月29日の公開初日および2018年1月23日に『バーフバリ 王の凱旋』の「絶叫上映」が開催された。どちらの回もチケットが完売するほどの大人気。上映中の発声やサイリウムの使用が可能で、1月23日の回ではタンバリンの演奏も解禁された。

(参考)
映画『バーフバリ 王の凱旋』公式サイト
Twitter|バーフバリ 王の凱旋
株式会社twin|バーフバリ 王の凱旋
株式会社twin|バーフバリ 伝説誕生
映画.com|バーフバリ!バーフバリ!「バーフバリ 王の凱旋」“絶叫試写会”でファンが狂喜乱舞
TBSラジオ|【映画評書き起こし】宇多丸、『バーフバリ 王の凱旋』を語る!(2018.1.13放送)
BBC News|Baahubali: Why India’s priciest film has done well at box office
新宿ピカデリー|【完売】「バーフバリ 王の凱旋」絶叫上映 開催決定!
新宿ピカデリー|【完売】「バーフバリ 王の凱旋」2度目の絶叫上映開催が決定いたしました!