Hyperloopとは

・ Hyperloop(ハイパーループ)とは、米自動車会社のテスラモーターズおよび宇宙関連事業を手がけるスペースX社の創立者として知られるイーロン・マスク氏が構想した、都市間を超高速で移動できる乗り物。最高速度として時速1,080kmが見込まれており、新世代の乗り物として、Hyperloopは最新テクノロジーに興味をもつ人々のあいだで注目されている。

・ マスク氏がHyperloopの構想を発表したのは2013年。2015年に米カリフォルニア州で建設が始まった高速鉄道を「世界で最も高価で遅い弾丸列車のひとつ」と批判し、より安価で安全、かつ速い乗り物としてHyperloopを提唱した。出発地点から目的地まで伸びる、内部が真空に近いパイプを用意し、そのなかで空気を勢いよく噴射することで、乗客や貨物を載せたカプセルが超高速で走るという。しかし、マスク氏は「自分で実現する時間がない」として、他者によってHyperloop計画が実現されることを望んだ。

・ マスク氏の発表を受け、Hyperloopを開発しようと設立されたHyperloop One社(元Hyperloop Technologies社)などによって、Hyperloop実現に向けた実験が行われている。2017年8月2日には、米ネバダ州の砂漠で行われた走行実験が成功したと、Hyperloop One社が発表した。幅2.7m、奥行き8.7m、高さ2.4mのカプセルを約300m加速させることで、最高時速およそ310kmを記録したという。

Hyperloopと高速鉄道の違い

・ Hyperloopが注目されているのは、目新しい最新の乗り物という理由のみでなく、従来の高速鉄道より優れているとされているためである。Hyperloop One社の説明によれば、Hyperloopは線路上ではなくパイプ内を走行するため、踏切を横断しようとする人や野生生物と衝突することがなく、天候に左右されることもない。また、運転は完全に自動化されているため、操縦ミスによる事故は起こらない。そのため、Hyperloopは従来の高速鉄道より安全性が高いと考えられている。

・ 安全性に加えて、Hyperloop One社はHyperloopが従来の高速鉄道と異なる点を4つ挙げている。
- 速度:最も速い高速鉄道より、2~3倍速い。
- 運行スケジュール:利用者の状況に応じて運行される。
- 環境への配慮:エネルギー消費が少ない。
- 費用:線路を敷設するよりも安価に済む。

fujitasan-ec
会社経営&子育てしながらでも62日でTOEIC250点アップの950点! 秘訣は正しい「学び順」と「鍛え方」
人気記事

Hyperloopの今後

・ Hyperloop One社は、米国内外でHyperloopを運行することを考えており、2021年までに3路線を稼働させることが目標だという。2017年6月には、実現可能性のある路線として、「スペインーモロッコ」「コルシカーサルデーニャ」など、ヨーロッパ内を通る9路線が発表された。そのうち最も長いのは、全1,991kmの「ドイツ」路線。これらの路線が実現されれば、移動時間が大幅に短くなると考えられる。

・ しかし、2017年7月、Hyperloopの開発を進めるHyperloop Oneのような企業にとって、驚くべきニュースが発表された。Hyperloopの提唱者であるマスク氏は、自身でHyperloopの実現に取りかかることはないと語っていたものの、それを覆したのである。マスク氏はTwitter上で、自身の所有するトンネル掘削会社がニューヨーク―ワシントン.D.C.間の地下にHyperloopを建設する許可を政府から得たと発表した。このツイートは8月10日時点で20万回以上「いいね」されており、大きな注目を浴びた。

(参考)
Hyperloop One
Tesla|Hyperloop
CNET|Elon Musk may build Hyperloop himself, startups be damned
CNET Japan|新交通システム「Hyperloop」、時速310kmの超高速走行に成功
CNET Japan|イーロン・マスク氏、「Hyperloop」の建設に自ら着手?–他社の進捗に不満か
SankeiBiz|【PC Watch】走行試験で最高時速310キロ 次世代磁気輸送「ハイパーループ・ワン」の実力
WEDGE Infinity|時速1000キロ、イーロン・マスク提案の夢の乗り物
WEDGE Infinity|次世代交通ハイパーループ、いち早く導入する国は……?
TechCrunch Japan|イーロン・マスクのHyperloop One、実物大ポッドの走行テストに成功
TechCrunch Japan|イーロン・マスクのハイパーループ計画:理論的に可能な空想科学を実現する時間が今の彼にはない
東洋経済オンライン|カリフォルニア高速鉄道、日本勢の勝機は?
Twitter|Elon Musk