メルカリとは

・ メルカリとは、株式会社メルカリが運営する、オンラインフリーマーケットサービス。いわゆる「フリマアプリ」に該当し、スマートフォンのアプリケーションを通して利用するほか、PCでも利用できる。メルカリは2013年にサービスを開始し、2016年に国内で3,000万ダウンロードを突破した。メルカリにおけるこれまでの累計出品数は2.5億件、1日の出品数は50万件超だという。メルカリ利用者のおよそ3割は、20代と30代の女性で占められており、若い世代が「おこづかい」を稼ぐ手段として定着しつつある。

・ メルカリは、有望なベンチャー企業(ユニコーン企業)として、既成概念にとらわれない新たなサービスを打ち出している。たとえば2017年1月から、人気漫画『宇宙兄弟』とのコラボレーションを行い、ファンが作った『宇宙兄弟』の二次創作グッズをメルカリで販売できるようにしている。『宇宙兄弟』の作者・小山宙哉氏のマネージメントを担当する株式会社コルクの代表取締役・佐渡島庸平氏によれば、二次創作グッズの制作・販売で原作のファンが生計を立てられるようにと意図したのだという。2017年3月現在、『宇宙兄弟』の二次創作グッズとして、およそ50件が出品されている。

ヤフオク!との違い

・ メルカリは、「C to C(Consumer to Consumer、消費者間取引)」と呼ばれる取引き場所を提供している。個人消費者間の取引きには消費税がかからないため、2014年に消費税が8%に増税されて人々が消費税に敏感になったことが、メルカリが躍進した理由のひとつだと考えられている。しかし、Yahoo! JAPANの運営する大手オークションサイト「ヤフオク!」でも同様に、個人出品者から落札する場合は消費税がかからないため、C to Cに新規参入したメルカリと古参のヤフオク!との差異は別のところにあるといえる。

・ まず、ヤフオク!では出品者と落札者が互いに住所などの個人情報を開示し合わなければならないが、メルカリでは「らくらくメルカリ便」のサービスを利用し、クロネコヤマトを経由することで、取引相手に住所などの個人情報を知られることなく取引きができる。これにより、若年女性も安心して取引きがしやすい仕組みが整っている。

・ また、ヤフオク!では物品の販売で生計を立てている個人事業主も珍しくないが、メルカリでは不要になった服や雑貨を手放すために出品する人が大多数である。そのため、ブランド品や「レア物」についてある程度の相場が定まっているヤフオク!と異なり、メルカリでは相場の知識に乏しい利用者が、ほかの市場取引価格よりも格安で出品していることが多く、珍しいものを安く購入しやすいという利点がある。

couple
TOEIC600点台のご夫婦が二人とも850点オーバーに! 科学的トレーニングで英語力急上昇。
人気記事

メルカリを利用する際の注意

・ 若い世代で急速に広まっているメルカリだが、以前からの定番オークションサイトなどと比べて注意しなければならない点もある。まず、商品のやり取りについて特別な知識のない若年層が気軽に出品しているため、商品の梱包を充分に行わない出品者もいる。このような出品者のなかには、梱包料を節約するため、梱包を全く行わなかったり、コンビニのレジ袋で梱包するような人もいる。購入した商品の梱包が不適切だったという不満の声はSNS上でしばしば見られ、トラブルに発展している。

・ また、メルカリでは商品ページにコメント欄があり、そこで商品状態などについての質問ができるが、値下げ交渉が行われることも多い。出品者が値下げに応じた場合、「○○様専用商品」と名前をつけて低価格で出品し直し、交渉した相手の購入を待つ。しかし、「○○様専用商品」の購入はシステム的に誰でも可能なため、交渉した相手でない利用者が購入することもある。これは「横取り」と呼ばれ、トラブルになっている。しかし、メルカリの利用規約において「特定ユーザーへの販売を意図した出品」は禁じられているため、「○○様専用商品」はメルカリの利用規約に反している。メルカリはC to Cで気軽に物品のやり取りができるものの、無用のトラブルを引き起こさないよう、良識と利用規約に従って適切に利用する必要がある。

(参考)
メルカリ
ダイヤモンド・オンライン|急成長「メルカリ」に学ぶ!「自分にしかできないこと」を仕事につなげる3つのポイントとは?
cakes|メルカリ小泉「ネットの可能性は、個人のエンパワーメントが最大化すること」
App Ape Laboratory|フリマアプリを比較!人気の「メルカリ」を追う「フリル」・「ラクマ」
App Ape Laboratory|「メルカリ」が最も使われている時間帯とは?
THE BRIDGE|フリマアプリ「メルカリ」が日米合計で4,000万ダウンロード突破、1日の出品数は50万件を超える(インフォグラフィック)
マイナビニュース|ネットオークションは消費税がかからないって本当!?
CNET JAPAN|巨人「ヤフオク!」に対し、「メルカリ」は特異なユーザー層を形成–ニールセン調査