音彦とは

・ 音彦(おとひこ)とは、「カップヌードル」などで知られる日清食品が販売予定の、麺をすする音を合成音でかき消すフォーク。音彦のプロモーション動画によると、「ヌードル・ハラスメント」と呼ばれる「麺をすすって美味しく食べたい人と、麺すすり音を不快に感じる人との間に生まれる軋轢」が存在し、この問題を解決するために生まれたのが音彦である。2017年10月23日に音彦の予約受付開始が発表され、各メディアによって報じられると、麺をすする音を別の音でかき消すという独特の発想が注目を集めた。Yahoo!ニュースで配信された記事「日清 麺すする音隠すフォーク『音彦』開発」には、25日までに約1,000件ものコメントが寄せられた。

・ 公式プロモーションサイトによると、音彦は「麺すすり音カモフラージュ機能搭載フォーク」である。柄の部分に高性能集音マイクが内蔵されており、「どんなかすかな麺すすり音」も感知して、近距離無線通信によってスマートフォンに送信する。あらかじめ、スマートフォンに専用アプリケーションをインストールしておくと、スマートフォンからカモフラージュ音が再生され、麺をすする音をかき消す役割を果たす。

・ 音彦の着想は、住宅設備機器メーカー・TOTOが販売するトイレ用擬音装置「音姫」から得られた。音姫は、排泄する際に生じる音を流水音でかき消す装置で、オフィスや商業施設のトイレに設置されている。音彦という名称は、七夕にまつわる伝説「織姫と彦星」に由来すると思われる。

・ 音彦の価格は14,800円(税込)。2017年12月15日正午までに予約注文が5,000件に達した場合のみ、販売される。10月25日時点で、約150件の注文が入っている模様。なお、対応OSはiOSのみで、Androidでは使用できない。

音彦のサウンドプロデューサー・清川進也氏

・ 音彦のカモフラージュ音を製作したのは、期間限定の温泉遊園地「湯~園地」を総合監修したことなどで知られるサウンドアーティスト・清川進也氏。音彦の製作にあたって、数千回にも及ぶ「麺すすり音」を聴いたところ、「麺すすり音はジェット音に近い」という結論を得た。麺をすする音に「近い種類の残響音」を重ねると「何かがはじまりそうな愉快な音」になるという。

・ 清川氏は、音彦の開発企画を初めて聞かされたとき、「音の問題は、音で解決する」という発想を「本当にすばらしい」と感じたそうだ。音彦の公式サイトに掲載されているインタビューにおいて、清川氏は音彦を「ひとつの幸福論」と称した。その理由は以下のとおり。

他者に気を使って麺をすすっていた人に、思い切りすする自由を提供することもそうですし、今まで麺をすすったことがない人も、この「音彦」によって新しい体験へと踏み出し、新しい幸せを感じることが、きっとできるから。

(引用元:日清食品グループ オンラインストア|麺すすり音カモフラージュ機能搭載フォーク『音彦』

my-885-ec
80日でTOEIC885点に! 繁忙期の激務をこなしながら230点アップできた "パーソナル学習戦略"
人気記事

音彦への反応

・ Yahoo!ニュース上に投稿された、音彦に関するコメントのなかには、「商品の発想としては面白い」「こんな細かい事に拘るのは凄い」と評価する意見があった一方、「あの音じゃどうしたってトイレを連想するから、ラーメン食べる気にはならない」「価格が高すぎ」と指摘する意見があった。また、「5000本も予約が入るとは思えないから販売されないだろう」「そもそも売る気なさそう」と考える人もいた。

・ 音彦が開発された背景にある「ヌードル・ハラスメント」に苦言を呈する人も多かった。プロモーション動画内では、大きな音を出して麺をすする日本の慣習に対し、外国人3人が「すすらなくてもおいしい」「あの音はちょっと苦手」などと発言している。Yahoo!ニュースのコメント欄には、「なんで外国人に遠慮しなきゃならんかな」「ラーメン、そばを啜る音は日本の文化。隠す必要は全くない」と反発を覚える人が多く見られた。

(参考)
日清食品グループ|「PRODUCT X」第一弾「音彦 (おとひこ)」(10月23日予約受付開始)
日清食品グループ オンラインストア|麺すすり音カモフラージュ機能搭載フォーク『音彦』
日清食品グループ オンラインストア|音彦-OTOHIKO-
ハフポスト|日清から麺すすり音をカモフラージュするフォーク「音彦」登場 TOTO公認パロディ
Yahoo!ニュース|日清 麺すする音隠すフォーク「音彦」開発
TOTO|22年ぶりに大リニューアル! 進化した「音姫」で節水と快適なトイレタイムをお約束。