ZOZOSUITとは

・ ZOZOSUITとは、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」が提供する、採寸用ボディースーツ。ZOZOSUITを着用し、スマートフォンと連携させることで、あらゆる身体箇所の寸法が自動で測定されるという。2017年11月22日、ZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイの代表取締役社長・前澤友作氏がTwitterでZOZOSUITを発表すると、画期的な機能が評価されたほか、無料で配布されることから、ZOZOSUITは一気に話題となり、Twitterのトレンドに入った。

・ ZOZOSUITは、スタートトゥデイ社とニュージランドのソフトセンサー企業が共同開発した、伸縮センサー内臓の採寸用ボディースーツだ。着用してスマートフォンとBluetooth通信で接続することにより、自動で計測された寸法が専用アプリケーション内に保存される。

・ 11月22日現在、ZOZOSUITは無料配布中である。ZOZOTOWNに会員登録し、公式サイト上で自身の身長・体重・性別を入力すると、200円(税込)の送料を除けば無料で配送される。インターネット経由での普及にとどまらず、前澤社長によれば「街頭やコラボ企業経由等、圧倒的な速度で世界中で無料で配りまく」るのだという。

ZOZOSUITの活用

・ ZOZOSUITの役割のひとつは、「ファッションEC(※インターネット通販)の課題であるサイズの不安を解消」することにある。計測されたユーザーの寸法データをZOZOTOWNが収集することで、「商品検索機能やレコメンド機能の更なる充実」が図られるという。ZOZOSUITで自分の体形を正確に把握できれば、試着を経ずに通販で衣類を購入することへの抵抗感が薄れるため、新たなユーザーも獲得できるとみられる。

・ ZOZOSUITで計測された寸法データは、同じく22日に発表されたZOZOTOWNのプライベートブランド「ZOZO」にも活用されるという。「Fashionsnap.com」の報道によれば、「科学やテクノロジーを駆使し、究極のフィット感を実現した”超ベーシックアイテム”」がZOZOTOWN内のみで扱われる予定。「ZOZO」の商品を購入するには、あらかじめZOZOSUITで自身の寸法を測っておく必要がある。

solize-ec
【法人様 ご導入事例】英語パーソナルトレーナーによる「90日集中研修」で英語人材を科学的に育成!
人気記事

ZOZOSUITへの反応

・ 画期的な製品・ZOZOSUITが無料で提供されるというニュースはTwitter上で爆発的に広まり、さっそく注文したと報告する人が相次いだ。これをきっかけにZOZOTOWNの会員になったという人もいる。

・ ZOZOSUITで採寸された寸法をもとに「ZOZO」の服が購入できることについて、「私みたいにサイズ規格外で服が買えない人にとっては特に革命的なサービスになるかも」など、これまで服を選ぶのに困っていた人たちが期待している様子も、Twitter上でうかがうことができる。さらに、「ダイエットや運動計測や健康測定をリアルタイムで常時行うスマートスーツ化していく。そして正確な体型や健康のデータを根こそぎ収集していく」「センサー追加したら体温・血圧の常時監視も可能になる?」「どうなるんだこれという不安とワクワク感のバランスがとても良い感じ」など、ZOZOSUITに関する予想や期待を述べる人たちもおり、盛り上がりが高まっている。

(参考)
ZOZOTOWN|【ZOZOSUIT】服が人に合わせる時代へ
ZOZOTOWN|ブランド「ZOZO」はじまります
株式会社スタートトゥデイ|スタートトゥデイ、採寸用ボディースーツ 「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」 を無料配布 本日より予約受付開始
Twitter|Yusaku Maezawa 前澤友作
Twitter|ZOZOSUIT
Twitterトレンド速報|ZOZOSUIT
WWD JAPAN|「ゾゾ」初の自社ブランド名は「ZOZO」 採寸のための“ZOZOSUIT”無料配布を発表
Fashionsnap.com|スタートトゥデイPBの詳細発表、究極のフィット感を追求した”超ベーシックアイテム”展開