「変なカフェ」とは

・ 「変なカフェ」とは、旅行業者の株式会社エイチ・アイ・エスが2018年2月1日にオープンした、ロボットがコーヒーを淹れて客に提供するカフェ。2台のロボットが使われており、本格ドリップコーヒーを淹れるロボットが稼働する日本唯一の店だということで「変なカフェ」は注目され、多くのメディアに取り上げられている。

・ 「変なカフェ」第1号店が営業しているのは、渋谷区にある地上9階建ての商業施設「渋谷モディ」の地下1階。エイチ・アイ・エス渋谷本店の一角である。今後は、グループ企業のハウステンボス株式会社が運営する「変なホテル」内に新たな店舗をオープンさせたり、利用者の反応によっては「変なカフェ」を全国に展開することも考えられているとのこと。

「変なカフェ」が提供するコーヒー

・ エイチ・アイ・エスの発表によると、「変なカフェ」に設置されているロボットは、長いアームを持つ協働ロボット「Sawyer」(ソーヤー)および同時に5杯までコーヒーを淹れられるロボットバリスタ「Poursteady」(ポアステディ)の2台。コーヒーが作られるおおまかな流れは以下の通り。

1. 客は券売機でチケットを購入し、チケットのQRコードをリーダーにかざす。
2. 「Sawyer」が反応し、アームで紙コップをつかんで「Poursteady」にセットする。
3. 「Sawyer」がコーヒー豆を削り、フィルターに入れる。
4. 「Sawyer」が「Poursteady」のボタンを押してコーヒーを淹れる。
5. 「Sawyer」が完成したコーヒーを受取カウンターに置く。
6. 「Sawyer」がフィルターに残ったコーヒー豆を捨て、フィルターを洗って元の場所に戻す。

・ 上記の過程で、「Sawyer」は「豆をひきますよ」「ブラジル、エチオピア、グアテマラの豆をブレンドして作っているよ」「後片づけ、後片づけ」などとしゃべる。なお、注文できるメニューは、本格ドリップコーヒー(税込320円)、アメリカーノ(税込290円)、カフェラテ(税込380円)、カプチーノ(税込380円)、ココア(税込380円)、カフェモカ(税込410円)、抹茶ラテ(税込410円)の7種。ロボットを用いることで人件費が抑えられているため、一般的なカフェと比べて数十円安い価格設定だという。

nozakisama-ec
1日1時間、わずか90日の『時短型英語学習』 2歳の双子の育児をしながら成し遂げたTOEIC200点アップ。
人気記事

「変なカフェ」で働くロボット「Sawyer」

・ 「変なカフェ」においてコーヒーを淹れるロボット「Sawyer」とは、米国のリシンク・ロボティクス社が開発した協働ロボット(人との共同作業が可能なロボット)だ。日本では住友重機械工業株式会社が独占販売している。長いアームが特徴で、最大リーチは126cm。顔にあたる部分には四角いモニターがついており、目と眉毛を映し出すことで「Sawyer」の表情を表している。

・ 「Sawyer」にどのような動作をさせるかは、プログラミングの知識がなくても簡単に設定できるという。また、接触検知機能のレベルが高く、人間に触れると瞬時に停止する。従来の産業用ロボットには、人間の安全を確保するために柵が必要とされ、ロボットと人間が同じスペースで作業することは難しかった。しかし、この接触検知機能のおかげで、「Sawyer」が人間と安全に「協働」することが可能になったのだ。

(参考)
HENNA CAFE
H.I.S.|ロボットが本格ドリップコーヒーを提供する「変なカフェ」が渋谷にオープン!
住友重機械工業株式会社|米国Rethink Robotics社と、人と協働するロボット「Sawyer」の国内独占販売契約を締結
住友重機械工業株式会社メカトロニクス事業部|協働ロボット「Sawyer」
ITmedia NEWS|ロボットがコーヒーを入れる「変なカフェ」 渋谷にオープン
日本経済新聞 電子版|「変なカフェ」渋谷に登場、ロボットがコーヒー
朝日新聞デジタル|バリスタはロボット HISが「変なカフェ」都内に開業
Study Hacker|変なホテル