変なホテルとは

・ 変なホテルとは、長崎県にあるハウステンボスが展開する、ロボットが接客する世界初のホテル。2015年7月に第1期棟、2016年3月に第2期棟を開業した。ハウステンボス場外にあるオフィシャルホテルである。

・ 変なホテルの一番の特徴は、ホテルの業務の多くをロボットが担っていること。例えば、フロント係ロボットを務めるのは、ユニークな恐竜ロボットや表情豊かな美人女性ロボットで、日・英・中・韓の4か国語に対応。他にも次のようなロボットがスタッフとして稼働している。

フロントでは多言語対応のロボットたちがチェックイン・チェックアウトの手続きを行い、クロークではロボットアームが荷物をお預かり、手荷物はポーターロボットがお部屋(A棟のみ)までお運びします。どこか温かみを感じるロボットたちとの楽しいひとときに、心をくすぐられることでしょう。 更に、客室前で顔認証をすれば、その後はまさに顔パス感覚。鍵の持ち運びのわずらわしさ、紛失の不安から解消されます。

(引用元:変なホテル|コンセプト

・ フロアに人間のスタッフはほとんどおらず、館内にいるスタッフは、監視要員など最大10人程度に抑えられている。2015年7月の第1期棟開業当初、人間のスタッフは30人弱が働いていたが、2016年3月の第2期棟開業時点で12人にまで削減され、今後も増やさない方針。通常の接客業務はロボットが担うが、館内のいたるところにカメラが設置され監視スタッフが常時映像を確認しており、何かあればすぐに駆け付ける体制を取っている。

・ ハウステンボスによる変なホテルのプロジェクトは、2010年に就任した澤田秀雄社長の肝いりでスタートしたもの。変なホテルが目指すのは、手ごろな価格で泊まれる環境配慮型の楽しいホテル、そして、世界一生産性の高いホテルである。澤田社長は、次のように語る。

「ホテルの宿泊料金が高騰するなか、手ごろな価格で快適に泊まれるローコストホテルを作るプロジェクトを3年前にスタートした。人が行っていた業務の7割程度を自動化して人件費を約3分の1に削減するとともに、最新の建築技術などを活用して光熱費も4~5割程度削減し、世界最高の生産性を追求した」

(引用元:日経トレンディネット|「変なホテル」大解剖! 接客ロボットよりすごいものがいっぱい!?

・ コストを下げるための他の取り組みとして、例えば環境面では、エアコンの代わりに輻射(ふくしゃ)方式の冷暖房パネルを設置。パネル内を流れる水の温度と量を調整して室内の空気を快適に保つ、エネルギーコストの低い仕組みを導入している。また、サービス面においてはアメニティやレンタル品を最小限に抑え、使わない人がいるようなもの(パジャマなど)は有料化することでコストを抑えている。

・ 変なホテルの「変」に込められた意図とは、「変化し続ける」ということ。将来的には9割以上の業務を自動化・ロボット化し、世界最高の生産性を追求するという目標に向け、常識にとらわれないことに挑戦し、常に変化し続けるホテルであることをコンセプトとしている。

変なホテルの今後の展開

・ 変なホテルは今後全国展開することを計画しており、2017年にも、ホテル事業を行う新会社が設立される見込み。まずは第2号となる変なホテルを千葉(親会社のエイチ・アイ・エスが舞浜に計画中のホテル)に、その後愛知(子会社のシーサイドリゾート、ラグーナテンボス内)にて今後1~2年内に変なホテルをオープンさせる予定。変なホテルは、多言語にもロボットの機能により対応できることから、2020年の東京オリンピックを見据えたインバウンド対応に適していると見られている。澤田社長は、今後の展開について次のように意気込んでいる。

「変なホテルと同様のコンセプトのホテルを、今後5年間で国内外100~200軒くらいまで広げていきたい」

(引用元:日経ビジネスONLINE|ハウステンボスの「変なホテル」の実力は?

・ 2016年6月、ハウステンボス内にロボットの複合施設「ロボットの王国」が開業した。その目玉となるのが、変なホテルに次ぐ「変な」施設の第2弾となる「変なレストラン」。ロボットが調理するビュッフェ形式のレストランとして、開業当初から注目を集めている。レストラン内では人間のスタッフも料理や接客を行うが、お好み焼き調理ロボットや、チャーハン担当ロボット、アルコール担当ロボットなど5体のロボットが、人間味あふれるトークを交えながら調理を行っている。

(参考)
変なホテル|コンセプト
日経トレンディネット|「変なホテル」大解剖! 接客ロボットよりすごいものがいっぱい!?
日本経済新聞|ハウステンボス、「変なホテル」2期棟を15日に開業
日本経済新聞|ハウステンボス、「変なホテル」全国展開へ まず中京・首都圏で
東洋経済ONLINE|「変なホテル」は、やっぱり究極に”変”だった
日経ビジネスONLINE|ハウステンボスの「変なホテル」の実力は?
日経トレンディネット|まさに異空間! ハウステンボス「変なレストラン」
日本経済新聞|東京ディズニー近くに「変なホテル」