「ひとり助け」とは

・ 「ひとり助け」とは、広告代理店の博報堂が設立したシンクタンク・博報堂生活総合研究所によって提唱された「2018年 ヒット予想」 のキーワード。2017年に同研究所は、2018年にヒットすると思われる事物についてのインターネット調査を行った。その結果から、同研究所は「日常生活の課題に困っている人を助けたり、自分でなんとか課題を解決しようとする人を支える商品・サービス」に注目が集まっていると判断し、「ひとり助け」というキーワードを提唱した。

・ 博報堂生活総合研究所による上述の調査においては、2017年に注目されたと思われる事物が80項目用意され、首都圏および京阪神圏の15~69歳男女がそれぞれの項目について回答した。各項目には「来年(2018年)以降、話題になりそう/人々の生活に普及・浸透していそう」かという設問があり、回答者は「そう思う」「ややそう思う」「そう思わない」の3つから選択。回答はそれぞれ100点・50点・0点として計算され、平均点の高い順にランキングが作成された。第1位~第10位は以下の通り。

第1位:格安スマホ(61.0点)
第2位:高齢ドライバーの事故防止策(60.5点)
第2位:宅配ボックス(60.5点)
第4位:ドローン(59.0点)
第5位:電気自動車(57.5点)
第6位:自動運転システム搭載車(57.0点)
第7位:VR(仮想現実)(56.5点)
第8位:無人レジ(54.0点)
第9位:フリマアプリ(52.5点)
第10位:USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)(50.5点)

4種類の「ひとり助け」

・ 博報堂生活総合研究所によると、「ひとり助け」には「お金を助ける」「時間を助ける」「能力を助ける」「つながりを助ける」という4つの種類がある。たとえばランキング第1位の「格安スマホ」は、一般的なスマートフォンよりも3分の1ほど安い月額料金で使用できる携帯端末。モバイル専門の調査研究機関であるMMD研究所が2018年2月にインターネット調査を実施したところ、回答者のうち格安スマホを「メイン」で利用している人は13.9%。前年3月の調査と比較して3.2%増加した。また、第9位の「フリマアプリ」も「お金を助ける」に該当する。フリマアプリとは、「メルカリ」をはじめとする、ユーザー間で物品を売買できるアプリケーション。スマートフォンで手軽に不用品を売却し、必要なものを安く買えるとして普及した。MMD研究所が2017年6月に行った調査によると、フリマアプリの利用経験があると答えた人は回答者の46.6%。前年より10.9%増加した。

・ 「ひとり助け」のうち「時間を助ける」には、ランキング第2位の「宅配ボックス」および第8位の「無人レジ」が該当する。宅配ボックスは、一人暮らしや夫婦共働きの家庭が荷物を受け取りづらい問題を解決するとして注目を集めた。玄関前に宅配ボックスを設置しておけば、配達員が宅配ボックスに荷物を入れるため、再配達を依頼したり指定時間に在宅していたりといった必要がない。宅配ボックスを提供している株式会社ナスタによると、宅配ボックスは「時間を拘束されないストレスフリーなライフスタイルを実現」するという。無人レジは、一部のスーパーマーケットなどで導入されている、客が自ら会計を行うレジ。店員の人手不足を解消し、レジに並ぶ時間を短縮できると考えられる。コンビニ大手のローソンも、2018年春以降に店舗での無人レジ実証実験を始めるという。

・ 「ひとり助け」のうち「能力を助ける」に該当するのは、ランキング第2位の「高齢ドライバーの事故防止策」や第6位の「自動運転システム搭載車」だ。運転に関するテクノロジーが発達すれば、運転に必要な能力の低下した高齢者でもひとりで自動車に乗ることができる。自動車情報サイト「MOBY」によると、自動ブレーキシステムは2017年時点で販売中の多くの自動車に搭載されているという。今後、ハンドルやアクセル・ブレーキの操作を支援するシステムがさらに発達すれば、高齢者も単独で移動しやすくなると思われる。

・ 「つながりを助ける」タイプの「ひとり助け」として、博報堂生活総合研究所はランキング第11位の「インスタ映え」および第14位の「民泊」を挙げている。インスタ映えは「ユーキャン新語・流行語大賞」の2017年年間大賞として選ばれた。同研究所によると、インスタ映えは「生活者同士をつなげ、共感を生み出す」という。また、不動産事業を手がけるリストインターナショナルリアルティ株式会社によれば、民泊には部屋の貸主と食事ができたり、一緒に現地を観光できたりといった魅力がある。このように、「自立度の高まった生活においても、人とのつながりを感じられるものが人気」を集めているというのが博報堂生活総合研究所の見解である。

(参考)
博報堂|博報堂生活総合研究所 生活者が選ぶ “2018年 ヒット予想” &“2017年 ヒット商品”ランキングを発表
楽天モバイル|教えて!格安スマホ/SIM そもそも格安スマホって何?
MMD研究所|2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査
MMD研究所|2017年3月格安SIMサービスの利用動向調査
MMD研究所|2017年フリマアプリに関する利用実態調査
株式会社ナスタ|「届く・送る」をあたりまえに。
日経 xTECH|ローソンが無人レジ、ICタグ駆使し深夜の人手不足解消へ、2018年春から店舗で実証
MOBY|【あと何年?】自動運転車の現状は?レベル5までの定義や日産・トヨタ・テスラの販売中&開発モデルも
新語・流行語大賞|第34回 2017年 受賞語
リストサザビーズインターナショナルリアルティ|今、注目の「民泊」のメリットと魅力、問題点を徹底解説!