いつから使われ始め、どの程度浸透しているか

・ 日本語学者で国語辞典編集者の飯間浩明氏によると、「ほぼほぼ」という表現が聞かれるようになったのは2013年7月頃。最も古い使用例は1999年8月10日のブログである。

・ 比較的新しい表現であるため、日本語としての正しさに違和感を持つ人も多い。

会社の人たちが当たり前のように使っているのですが、どうもおかしい気がします。
(中略)
毎回その言葉を聞く度に、『また使ってる』とイライラしてきます。

(引用元:Yahoo! 知恵袋|これは正しい日本語ですか? 会社の人たちが 「ほぼほぼ」と言う言葉を使いま…

・ 飯間氏は、この表現を嫌う人がいる間は、俗語として親しい仲間内で使うことはできても、一般的な日本語として使うことは難しいと言う。10年後には「ほぼほぼ」が流通し、一般語として浸透すると見ている。

・ ビジネスシーンでも使用されているが、ある調査によると「ほぼほぼ」を使う人の割合は6.9%で、積極的に使用する人は少数派である。

「ほぼほぼ」という表現を使う心理

・ 「ほぼほぼ」が何%の状態を指すのかは、個人によって差がある。「ほぼ」を強調しているのが「ほぼほぼ」なので、「ほぼ」よりは%の数字は大きくなる。おおむね、「ほぼ」が80~95%程度で、「ほぼほぼ」が95~100%未満を指して使われているようである。

・ 「ほぼほぼ」という表現を使う背景には次のような心理がある。

一つ目は、断定を避けたい、言い訳したいという気持ち。ある物事がだいたいは完了していても、進捗を明確に表せなかったり、自信がなかったり、まだ完了していないことを後ろめたく思ったりするときに「ほぼほぼ」という言葉で曖昧にしておこうとする心理である。

二つ目は、できるだけ100%に近づけたいという気持ち。物事がまだ完了していないが、早く完了させたいと思っている時、「95%終わったが、あと5%は終わっていない」と言う代わりに「ほぼほぼ終わった」と言うことでその思いを表している。

・ 「ほぼほぼ」の使用例

A(上司):頼んであった資料、作成は終わったかい?
B(部下):はい、ほぼほぼ終わりました!

(Bの心の声:9割ぐらいは終わってるんだけど、ちゃんとできてるかどうか自信ないからもう一回見直さないといけないし……ここで完成間近だって言ってしまったら、じゃあとりあえず見せてって言われちゃうかもしれないよな。なるべく早く終わらせろって言われているから、もう少し時間が欲しいとも言いにくいし……ここは「ほぼほぼ」って言っておこう)

(参考)
マイナビニュース|つい使っちゃうビジネス用語「ほぼほぼ」 – どんな風に使ってる?
Yahoo! ニュース|「ほぼほぼOK」の「ほぼほぼ」、進捗率は何%? いつから出現? 専門家に聞いてみた
Weblio辞書|実用日本語表現辞典 ほぼほぼ
Fragments|ほぼほぼ
Yahoo! 知恵袋|これは正しい日本語ですか? 会社の人たちが 「ほぼほぼ」と言う言葉を使いま…
みやっちょのまめちっぷす|ほぼほぼってどういう意味?これって正しい日本語なの?
YOMIURI ONLINE|発言小町 『ほぼほぼ』正しい表現?