iBeaconとは

・ iBeacon(アイビーコン)とは、対象のアプリがインストールされたiPhoneが建物の壁や棚などに取り付けられた小さなビーコン端末に近づくと、iPhone(を持っているユーザー)の建物内での位置情報を追跡したり、近づいたという事実に反応したりして、アプリに通知を送ることができる機能。2013年にAppleがiOS7に標準搭載してから、iOS 7以降のiPhone、iPadなどで利用することができるようになった。

・ ビーコンとは、ルール通りの信号を発信/受信することで情報を伝達するシステムのこと。iBeaconは、Bluetooth Low Energy(BLE、近距離無線技術)を利用した技術であり、インターネットではなくBluetoothを活用する機能である。GPSは地球規模での位置情報を把握する技術だが、BLEはBluetoothを活用して、数センチから数十メートルまでの近距離の位置情報を把握する。そのため、施設内での位置情報を追跡したり、建物にユーザーが近づいたことを検知したりするためなどに使われる。

・ 同様にBLEを利用した他社による機能としては、Googleが2015年7月にEddystoneを発表し話題となった。iBeaconの機能は、以下に述べるマーケティング活用への期待から、各社が新サービスの立ち上げに向けたアプリ開発を競っている。

iBeaconでできること

・ iBeaconの技術は、O2O施策のひとつとして注目されている。O2O(Online to Offlineの略)とはマーケティング用語で、インターネットから実店舗へ客を送り込むという意味。近年、実店舗の中には、消費者のショールーミング(実店舗で商品を手に取って見てから、ネットで安い店舗を探して購入するという消費者の行動)に悩まされている店舗がある。iBeaconには、インターネット上の店舗に客を奪われないための施策として、消費者に実店舗で買い物するきっかけとなる情報を与えることが期待されている。

・ 活用イメージの例としては、店舗の前を歩くiPhoneユーザーにセール情報やクーポン情報をプッシュ通知する、ユーザーの導線を分析し売り場配置の改善につなげる、といったものが挙げられる。具体的なサービスとしては以下のようなものがある。

‐ Macy’s(アメリカの百貨店)
Macy’sのアプリをインストールしておけば、百貨店に入店した際に、クーポンや値引き情報が自動的に配信される。

‐ バイトル(求人情報サービス)
バイトルのアプリをダウンロードしたiPhone端末を持って行動すれば、ユーザーの行動範囲内で出されている求人情報が通知される。検索しなくても、行動圏内での仕事を見つけることができるサービス。

・ 売り上げ増につなげるためのマーケティング施策以外でも、iBeaconは活用されている。

‐ スマート家電と連携して、家に入ると自動で電気を付けたり、玄関に近づくと自動で鍵を開けられたり(スマートロックの高機能化)する機能。

‐ 博物館や美術館で、客が鑑賞コースをたどるだけでiBeaconが自動で反応し、作品情報が適切なタイミングで提供されるサービス。

‐ 認知症高齢者の徘徊を防止または素早く発見するために、iBeaconの発信機能を持ったペンダントを携帯した高齢者が、アプリを持った地域内に点在するボランティアに近づくと、通知が送られるサービス。

daito-ec
90日でTOEIC835点、英語会議もストレスなしに。パーソナルトレーナー × 科学的トレーニングの『英語の90日』
人気記事

iBeaconの課題

・ iBeaconには、以下のようなメリットがある。これらの点から、iBeaconは手軽に普及できそうだとして評価されている。

ビーコンデバイスは,BLEチップを搭載した小さな基盤と電池のみで構成される装置なので,低価格で提供されています。また,運用時のコストは基本的には電池代だけです。さらに,ビーコンデバイスの設置は,ケースに入ったビーコンを置いたり,両面テープで張り付ける程度なので,大規模な工事も必要ありません。

(引用元:Social Media Lab|最近よく聞く『iBeacon』とは?今後のO2Oマーケティングの鍵になる新技術をわかりやすく解説!【3つの活用事例つき】

・ 一方で、iBeaconには何点かデメリットもあり、O2O関連の国内外最新情報を発信するO2O INNOVATION LABは、それについて次のようにまとめている。特に、ユーザーにあらかじめアプリをダウンロードさせなくてはならないという点が、乗り越えるべき大きな課題であると言われている。

①Bluetoothを付けていない顧客が一定数いる
②顧客がそもそもプッシュ通知に注意を払っていない
③顧客がアプリをダウンロードしない
④プッシュ通知が多すぎると顧客が嫌悪感を持つ
⑤iPhone以外のユーザーも大勢いる

(引用元:O2O INNOVATION LAB|iBeacon(アイビーコン)はもう終わり!?導入が進まない5つのワケとは

(参考)
技術評論社|位置情報データを拡充させるビーコンとは
UsableIoT news|「普通のビーコン」と「IBeacon」の違い、あなたは分かりますか?~Appleが主導するビーコン市場の現状を検証~
Social Media Lab|最近よく聞く『iBeacon』とは?今後のO2Oマーケティングの鍵になる新技術をわかりやすく解説!【3つの活用事例つき】
BeaconLabo|10分でわかる Beaconとはなにか?なぜ注目されているのか?
Code部|アプリ開発の参考にしたいiBeaconを活用したアイディアアプリ8選
日本の人事部|ディップ、業界初!「バイトル」がiBeaconを活用した新しい機能『バイトルプッシュ』を渋谷・新宿エリア限定で提供開始~約30m圏内を通過した求職者のスマートフォンへ、お仕事情報を配信~
ASCII.jp|iBeaconで確実な手ぶら解錠「Akerun Touch」
O2O INNOVATION LAB|魔法のツール?期待はずれ?いま話題のiBeacon(アイビーコン)を徹底解明!
O2O INNOVATION LAB|iBeacon(アイビーコン)はもう終わり!?導入が進まない5つのワケとは