「女のイヤはイヤじゃない」とは

・ 「女のイヤはイヤじゃない」とは、2018年1月1日に放送されたテレビ番組『新春おもしろ荘』のなかで、お笑い芸人のブルゾンちえみさんらが披露したネタ「素直じゃない女」において、ブルゾンちえみさんが発したセリフ。お笑いのネタとはいえ、セクハラを助長する表現であるとして、インターネット上で多くの人から批判を浴びている。

・ ブルゾンちえみさんは、お笑いコンビ「ブリリアン」と結成したトリオ「ブルゾンちえみ with B」としても知られている。2017年、「ブルゾンちえみ with B」の披露したネタ「キャリア・ウーマン」が大ヒット。ブルゾンちえみさん演じるキャリアウーマンが友人へのアドバイスとして言い放った「地球上に男は何人いると思ってんの。35億」というセリフが流行し、2017年の「ユーキャン新語・流行語大賞」トップテンに「35億」が選出された。ブルゾンちえみさんは2017年に大ブレイクした人物だけに、2018年最初のネタは多くの人から注目されたと思われる。

テレビ放送時の「素直じゃない女」

・ 「女のイヤはイヤじゃない」というセリフが発せられたネタ「素直じゃない女」とは、以下のような内容である。まず、ブルゾンちえみさんが「素直になれない系女子」と自己紹介し、「好きになった相手に冷たい態度をとり、誤解されてしまう」などと打ち明ける。そして「だけど男子、これだけは覚えててほしい。『女のイヤは、イヤじゃない』」と主張。するとブリリアンの2人が登場し、ブルゾンちえみさんが口をつけたペットボトルから水を飲みはじめる。ブルゾンちえみさんは何度も「イヤだ」と主張するものの、結局は「照れ隠し」であると観客に打ち明ける。そして「何度も言うようだけど、覚えててほしい。『女のイヤは、イヤじゃない』」と繰り返しつつ、最後に「今度こそ私、変わる」と宣言し、「本当はイヤじゃないよ」と締めくくる。

・ 以上の「素直じゃない女」が番組内で披露されたあと、観覧していた女優の綾瀬はるかさんは「本当にイヤな時もありますよね?」と確認。ブルゾンちえみさんは「そうなんです」と応じた。また、タレントの出川哲朗さんは、「女のイヤはイヤじゃない」というセリフに共感を示し、自身が女性にキスをしようとする際に嫌がられても「『お前がイヤだって気持ちより、俺がチューしたい気持ちのほうが絶対勝ってるから』って言うと、ほとんどできる」と発言した。

couple
TOEIC600点台のご夫婦が二人とも850点オーバーに! 科学的トレーニングで英語力急上昇。
人気記事

「女のイヤはイヤじゃない」に対するインターネット上での反応

・ ブルゾンちえみさんが番組内で披露したネタ「素直じゃない女」の「女のイヤはイヤじゃない」というセリフに対しては、放送直後からTwitterを中心に「女には嫌だという権利はないっていうセクハラの昔からの常套句」「せっかく日本でも、セクハラにはっきりNOと言える雰囲気(中略)が高まって来たのに、ひどい」など批判の声が上がった。また、「変な勘違いする輩が大量発生しそうだから怖い」「流行って欲しくない」のように、「女のイヤはイヤじゃない」を真に受けた人によってセクハラが横行するのではという懸念を表明する人も多かった。

・ 「女のイヤはイヤじゃない」を批判した人のなかには、恋愛に関する著書を多く持つ作家のアルテイシアさんもいた。アルテイシアさんはTwitter上で「『イヤよイヤよは嫌なんです』という性暴力被害者のキャンペーンもあった。加害者の常套句は『本気で嫌がってると思わなかった』」と指摘した。アルテイシアさんの言及したキャンペーンとは、2016年に始まった「刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト」だと思われる。複数のNPOによって立ち上げられた同プロジェクトは「『イヤよイヤよは嫌なんです』性暴力被害者が前向きに生きられる日本に!」と題してオンライン署名を募った。性犯罪に関する刑法の改正などを目的とするこの活動には、合計で54,422人の賛同者が集まり、署名は法務大臣および国会議員に提出された。

・ 一方で、「女のイヤはイヤじゃない」という表現を問題ないとする人もいた。「お笑いはお笑いとして見れば」「単なるギャグ」など、現実とは分けて考えるべきだという主張や、「イヤではないことをキッパリと『イヤじゃない』と言えるように成長する女性解放がテーマでは?」のような解釈がTwitter上で見られた。

(参考)
Yahoo!ニュース|ブルゾンちえみの新ネタ「女のイヤはイヤじゃない」に反発する声も
Twitter|女のイヤはイヤじゃない
dot.|一発屋で終わらない?ブルゾンちえみの“隠れた才能”
日刊スポーツ|「35億」ブルゾン欠席に「おおぅ~」失望のため息
日本テレビ|新春おもしろ荘
新語・流行語大賞
change.org|「イヤよイヤよは嫌なんです」性暴力被害者が前向きに生きられる日本に!