地味メシとは

・ 地味メシとは、いわゆる「インスタ映え」するカラフルな見た目の食事に対し、地味で素朴な料理を指す。見た目が茶色っぽく、家庭的な料理であることが多い。2017年12月12日、外食関連事業を手がける株式会社リクルートライフスタイルは、2018年の「グルメキーワード」として「#地味メシ」を発表した。2017年には「インスタ映え」が「ユーキャン新語・流行語大賞」トップテンに選出された一方で、その真逆である「#地味メシ」のSNS投稿数が増えているという。

・ 2018年1月8日現在、Instagram上のハッシュタグ「#地味飯」「#地味めし」「#地味メシ」には、合計で11,629件の投稿が確認できる。カフェやレストランよりも、自宅の食卓と思しき写真が多く見られ、和食が目立つ。「#地味メシ」などと同時につけられているハッシュタグには、「#おうちごはん」「#節約料理」「#夜ご飯」などがある。

地味メシに関するアンケート調査

・ リクルートライフスタイル内の調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は2017年12月、インターネット上で地味メシに関するアンケート調査を実施した。回答者に好きな地味メシを3つまで選ばせたところ、「人気ランキング」は以下のとおりだったという。

1. カレーライス:257票
2. 焼き魚:228票
3. からあげ:221票
4. 肉じゃが:203票
5. 餃子:193票

・ また、上記のアンケートにおいて「インスタグラム写真の『#地味メシ』(飯・めし)について、あてはまるイメージ」を選択するよう求めたところ、最も多かったのが「家庭的である」(66.1%)、次に「健康的である」(60.8%)だった。また、「好感が持てる」と答えた人は半数(51.5%)だった。一方、「おしゃれである」(38.4%)「インスタ映えする」(35.8%)「フォローしたくなる」(25.1%)と答えた人は少なかったため、Instagramにおける地味メシの人気が高いとは言い切れない。

1日1時間しか勉強できない超多忙な私が、90日でTOEIC800越え。「私に合った勉強法」のほんとうの意味。
人気記事

地味メシ人気の背景

・ ホットペッパーグルメ外食総研の上席研究員・有木真理氏は、SNSにおける「#地味メシ」の人気に関して「周りがカラフルなグルメ写真をあげる中で『あえて茶色の地味メシをアップする』という『あまのじゃく』的な心理を持つ人たちが投稿している」と予想した。また、若い女性を中心に「横丁や昔ながらのレトロな居酒屋」が人気を博しつつあることも、「#地味メシ」の投稿数増加に影響しているという。

・ 出版社の日経BPが運営する、飲食などに特化したwebメディア「カンパネラ」も、2017年3月の記事「20代・30代の女性たちは、昭和カルチャーの酒場を目指す」において、昭和風の居酒屋に若年女性が増えたと指摘している。YouTube上で過去のテレビ番組を視聴することで昭和時代に興味を持ち、「昭和カルチャー」に興味を持った若者が店に足を運ぶのだという。

(参考)
ホットペッパーグルメ|2018年に来る、グルメキーワードは「#地味メシ」
PR TIMES|「インスタ映え」の次のSNSグルメトレンドはこれ! 2018年に来る、グルメキーワードは「#地味メシ」 地味だけど美味しい、あえて「インスタ映え」の逆を投稿するのが流行る?
ユーキャン新語・流行語大賞
カンパネラ|20代・30代の女性たちは、昭和カルチャーの酒場を目指す