キラキラ女子が注目されるようになった背景

・ キラキラ女子は、2013年前後から注目されるようになった存在。2013年2月にサイバーエージェントで働く「キラキラ女子社員」(キラキラCA女子)が日本経済新聞で特集され、話題を集めるようになった。キラキラCA女子をはじめとするキラキラ女子社員は、新聞、雑誌、インターネットなどで多く特集され、若い女性からの注目されている。

・ キラキラ女子の特徴は様々な点が挙げられるが、以下のような点が代表的。

‐仕事だけでなくプライベートも充実させている。
‐ファッションや恋愛、人との交友を楽しんでいる。
‐仕事に前向きで、ビジネスでの成長にも貪欲。
‐明るく、楽しいことが好きで、いつも笑顔。ポジティブな性格。
‐時間に余裕を持ち、趣味も満喫している。

・ キラキラ女子は、特に若い世代の女性から好感をもたれることが多く、憧れの対象となっている。様々な女性向けメディアで、キラキラ女子になるためのノウハウが特集されている。

・ 一方で、キラキラ女子に反感を持つ層も存在する。キラキラ女子には、無理して頑張っている雰囲気や張り切り過ぎている傾向、高級志向という特徴があるとして、これらの点を嫌う男性もいる。また、SNSなどでキラキラした私生活を誇張し過ぎて、周囲の反感を買っているキラキラ女子もいる。ネット上では、キラキラ女子を装った「偽のキラキラ女子」も見られ、詐欺犯罪に発展したケースもある。

サイバーエージェントの「キラキラ女子社員」

・ 2013年2月の日本経済新聞で、サイバーエージェントにキラキラ女子社員が多く働いていることが特集された。以前から、サイバーエージェントには「顔採用」「ちゃらい」といった悪評があったが、社長の藤田晋氏は、キラキラ女子社員の採用の意図を次のように語っている。

根底には、創業前から、活躍する女性のベンチマーク的な存在がなかなか増えない、ロールモデル(お手本となる成功モデル)が社会になかなか増えない、という問題意識がありました
(中略)
先輩の女子がプライベートを犠牲にして仕事を頑張って、偉くなるにつれて疲弊していく。それは憧れの対象にはならない。ロールモデルにはなり得ない。
(中略)
ロールモデルはすてきでなければいけない。だから、98年に起業した時、そういう(すてきな)人がマジョリティーである組織を作ろうと意識して採用していた

(引用元:日本経済新聞|「キラキラ女子」集結の謎、藤田晋社長が戦略語る

・ キラキラ女子が社内にいることで、他の社員へも良い影響がある、と藤田氏は語っている。

マジョリティーがキラキラしていると、そうじゃなかった周りの女子もキラキラし始めてくるんですよね。自浄作用みたいに働いて、周りまでなんとなくそう見えてくるというのはある。中にいることでポジティブに影響し合って、なんとなく全体がそうなっていく

(引用元:同上)

(参考)
JCAST会社ウォッチ|キラキラ女子社員の台頭で、スイーツ女子はどこへ消えた?
Wedding Park|話題の“キラキラ女子”ってどんな人?どうすればなれる?
4meee!|あなたはできてる?毎日キラキラ女子でいるための4つのこと♪
motejo|キラキラ女子まぶしすぎ!意識高い系は一歩間違えると非モテ女子
exciteニュース|「妬ましかった…」 ”キラキラ女子”をつい装ってしまう女の心理って?
日本経済新聞|サイバーエージェント、躍進支える「キラキラ女子」
日本経済新聞|「キラキラ女子」集結の謎、藤田晋社長が戦略語る
日本経済新聞|「キラキラ女子」を引き寄せる会社の条件 憧れ、説得力、多様性…