キッチハイクは日本発のシェアビジネス

・ キッチハイク(KitchHike)とは、2013年5月にスタートしたオンラインプラットフォーム。料理を提供する人(COOK)、料理を食べる人(HIKER)をマッチングさせ、見知らぬ者同士が食卓を囲みながら交流することを可能にしたサービスである。

・ 自分の手料理をシェアすることでお金を生み出す新たなシェアビジネス(シェアリングエコノミー)として、2013年のローンチ当初から話題となっていた。

キッチハイクの仕組み

・ キッチハイクでは、HIKERがサイト上でCOOKを探し予約が成立すると、HIKERがCOOKの自宅に出向き、COOKが有料で手料理を提供する。

・ キッチハイクのサービスは、次のような流れで進むと説明されている。

■COOK=料理を作る人 向け

(ⅰ)誰でも食卓を掲載して、料理を提供することができます。掲載料金は、もちろん0円です。

(ⅱ)集客、決済、サポートを弊社が行い、予約成立時にコミッションをいただきます。

(ⅲ)日程、料理内容、価格は、COOKご自身によって決めることができます。HIKERのプロフィールやメッセージから受入れ可否の判断が可能です。

■HIKER=料理を食べる人 向け

(ⅰ)世界中の食卓を検索して、COOKの手料理を直接予約することができます。予約前にCOOKとチャットをすることも可能です。

(ⅱ)弊社事務局がクオリティをチェックし、承認された食卓のみが掲載されています。

(ⅲ)プロフィールから、COOKがどんな人かがわかります。世界中の食卓で、普通の旅では得ることのできない“おいしい体験”が、あなたをお待ちしています。

(引用元:PRTIMES|あなたも「突撃!世界の晩御飯!」ができるようになる!? 世界の食卓を旅するマッチングサイト、「KitchHike(キッチハイク)」がサービス開始。

・ 登録は無料だが、サービス成立(料理の提供が成立)時には、HIKER側は5%、COOK側は20%の手数料がかかる。手数料はキッチハイクの運営に使われている。

(例)
メニューサイトに記載されている金額:10ドル
HIKERが支払う金額:5%上乗せの10.5ドル
COOKが受け取る金額:20%マイナスの8ドル

・ 世界28か国、約500のメニューが登録されており(2015年6月時点)、COOKとHIKERが同じ食卓を囲むというユニークな異文化交流の取り組みとして注目されている。COOKとしては日本を訪れる外国人と交流することができるほか、HIKERとしては日本に住む外国人の家庭で本場の料理を体験したり、海外旅行先でアットホームな料理を楽しんだりできる。

kumiko895-ec
10年ぶり英語への挑戦で、TOEIC895点。秘訣は「毎日続けること」への科学的アプローチ
人気記事

キッチハイク創設者らの思い

・ 株式会社キッチハイク共同創設者の山本雅也氏、藤崎祥見氏、浅利泰河氏は、学生時代から好きだった旅行の経験をもとに、食事を通して人と人がつながるという体験をより気軽に安全にできる仕組みを作り広めたいという思いから、キッチハイクを作った。

・ 食事の共有から、世界を平和にする。

「昔から人々は戦争を回避するために、外からやってきた見知らぬ人たちに大切な食糧や飲料を振る舞ってきた」という歴史があることを知って「これは興味深い!」と思いましたね。「共食の文化を皆が楽しめるような仕組みにすることで、世界中の人たちがお互いの食卓をシェアするようになったら、世界は今よりもっと良くなるはずだ……」そう確信が持てた

(※山本氏の話)

(引用元:HRナビ|「ハック=効率化」もいいけど、ハイクしてみない? KitchHike山本雅也氏があえて“偶然”を勧める理由

・ 普段の料理を、特別な体験に。

世界遺産を訪れるよりも、他人の家の食卓のほうが、何倍も想い出に残ったりするよね、ということは、KitchHikeを立ち上げたメンバーとも常々話していたんです。食卓って日常の暮らしのど真ん中じゃないですか。その国に暮らす人にとっての日常は、実は僕らにとって特別で新鮮な体験だし、逆に、僕らがふつうだと思っていることは、日本に来る人にとっては特別なんだと。お互いに特別なことをせず、日常を交換すればそれが特別な体験になる、っていいなと思ったんですよね。

(※山本氏の話)

(引用元:cowcamoMAGAZINE|KitchHikeでつながる、世界とあなたの家庭料理

・ 個人に直接の収入をうむ仕組みとしても機能する。

「発展途上国の人でも1食を10ドルで提供し、1日に3人の旅行者が来たら30ドルの売上になる。彼らにとっては大変な収入です。自国で外貨を稼げるようになる。その手段としてキッチハイクを活用してほしいんです」(藤崎氏)

(引用元:DIAMOND IT&ビジネス|家庭料理を旅行者に振る舞うマッチングサイト 途上国では外貨を稼ぐ手段にもなる「キッチハイク」

(参考)
KitchHike
greenz.jp|世界の家庭料理を旅しよう!日本発ウェブサービス「KitchHike」開発メンバーに聞いた、キッチンから平和を広げる方法
HRナビ|「ハック=効率化」もいいけど、ハイクしてみない? KitchHike山本雅也氏があえて“偶然”を勧める理由
TIME&SPACE|国内でホームステイ!? 「KitchHike(キッチハイク)」で夕食をごちそうになってきた
cowcamoMAGAZINE|KitchHikeでつながる、世界とあなたの家庭料理
PRTIMES|あなたも「突撃!世界の晩御飯!」ができるようになる!? 世界の食卓を旅するマッチングサイト、「KitchHike(キッチハイク)」がサービス開始。
DIAMOND IT&ビジネス|家庭料理を旅行者に振る舞うマッチングサイト 途上国では外貨を稼ぐ手段にもなる「キッチハイク」