『今日で捨てましょう!』とは

・ 『今日で捨てましょう!』とは、2017年7月1日に放送されたテレビ東京系のバラエティー番組。毎週土曜日の午後6時30分から放送される「土曜スペシャル」枠において放送された。通常、土曜スペシャル枠では『いい旅・夢気分スペシャル』『どうしても入りたい!にっぽん”雪見の名湯”BEST10』のような旅番組が放送されるが、『今日で捨てましょう!』は以下のような内容だった。

必要ないのに捨てられない…、邪魔で仕方ないのに捨てられない…。それらを「捨てる」お手伝いをしながら、モノと人にまつわる様々な人間ドラマを紹介する!
千原ジュニアをリーダーに、山村紅葉、遼河はるひ、バイきんぐ小垰、アンガールズ田中、ロッチ中岡、小倉優子、浜口京子の8人が、番組特製廃品回収ワゴンに乗り込み、様々な街を巡りながら「捨てたくても捨てられないもの」を探していく。
そこにはどんなドラマが待っているのか!?

(引用元:テレビ東京|今日で捨てましょう!

・ 『今日で捨てましょう!』は基本的に、所有者が捨てづらい思い出の品を処分するのを手助けするという趣旨のもとで進行し、「息子に買ってもらったマッサージチェア」「亡き夫の闘病日記」などが登場した。しかし、『今日で捨てましょう!』中の一部のシーンにおいて、ある男性の大切に保管していたものに関し、男性の意思を軽視し処分を強要したとして、番組を批判する声がインターネット上で多数上がり、炎上の様相を呈している。

『今日で捨てましょう!』において話題となったシーン

・ 男性の大切にしていたものとは、「ガンプラ(※)」である(※テレビアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する架空の兵器のプラモデル)。男性は、息子が大きくなったら一緒に作りたいと考えてガンプラを複数購入したのだが、息子が15歳になっても興味を示さないため、ガンプラは箱に入ったまま、自宅マンションの一室でほこりを被っていたのだという。

・ そのガンプラについて、男性の妻と娘は「このまま持っていても、どうせ(男性は)ちょっと先に死ぬだろうから。死んだらもう、ただのゴミでしょ」「100円でも売っちゃえ」「捨てていいと思う」などと述べて処分を要求した。男性は「私にとっては価値があるものなんです」「そもそも、なんで責められなきゃいけない」と訴え、ガンプラを捨てたくないと主張したが、最後には「お任せします」と折れるかたちになった。

furukawa935-ec
60日でTOEIC935点! 受験英語のアセットを活かした、ビジネス英語の "磨き方"
人気記事

『今日で捨てましょう!』への反応

・ 上述した『今日で捨てましょう!』のシーンに対しては、ソーシャルメディア上で批判の声が多数上がった。『今日で捨てましょう!』に関する記事がYahoo!ニュースで配信されると、「イジメかと思いました。とても不快でした」「やらせでもやっていいものと悪いものがある」「部屋いっぱいのガンプラかと思ったらたった段ボール一箱ぶん…どんだけ 心が狭いんだろ、この嫁と娘…」など、番組制作側や男性の家族を批判するコメントが相次いで投稿された。また、Twitter上でも「その場の流れで人の大切なもの捨てさせるとかありえない」「お父さんが思い出があって大切なガンプラがゴミならお母さんと娘の大切にしてる小物とかもゴミだと思う」などの批判が多く見られた。

・ 一方、ニュースサイト「キャリコネニュース」の記事は、「せっかくのプラモデルなんだから、さっさと組み立てて楽しめばいいのに」「貸しガレージとかもあるんだから、毎月数千円でも払ってそこにプラモデルを保管しておけばいいだけの話」などとして、男性に対し批判的な態度を見せた。

(参考)
キャリコネニュース|「死んだらタダのゴミ」妻子にガンプラを捨てられる50代男性に同情相次ぐ でも、何年も組み立てなかったのも問題では?
J-CASTニュース|父親に「思い出のガンプラ」捨てさせる テレビの企画に「見ていて辛かった」
Yahoo!ニュース|父親に「思い出のガンプラ」捨てさせる テレビの企画に「見ていて辛かった」
テレビ東京|今日で捨てましょう!
Twitter|今日で捨てましょう