幻のホームランとは

・ 幻のホームランとは、2017年3月7日に開催されたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本対キューバ戦(開幕戦)において、山田哲人選手が打ち、観客がフェンス前でキャッチしたことによって二塁打の判定をされたホームラン性の打球。1対1で迎えた4回裏、ツーアウト・ランナー二塁の場面で山田選手が打った球は大きく伸びて客席に向かい、場内はホームランに沸いた。しかし、球が判定ラインを越える前に、観客の少年がスタンドから身を乗り出して球をキャッチしてしまったため、山田選手の打球はホームランではなく二塁打だと判定された。

・ 観客がグラウンド内の打球に触れることは試合の妨害行為とみなされる。観客のルール違反でホームラン性の打球が二塁打と判定されたことに憤ったファンは多く、打球をキャッチした少年を批判する声がTwitter上に多数投稿された。少年への批判は止まらず、キャッチした球を掲げながら笑顔で写る写真を投稿した少年のTwitterアカウントが特定されたり、関連するデマが流されはじめたりすると、少年をしつこく批判しつづけることに対する批判の声も上がり、「幻のホームラン」に関する話題は炎上した。

「幻のホームラン」に関する言説

・ インターネット上では、試合を妨害した少年の行動や、少年を批判しつづける大人たちの態度に対してさまざまな意見が飛び交っている。少年が観戦のルールを守らなかったことを批判する意見がある一方で、少年を擁護したり、過度な誹謗中傷をいさめたりする発言には以下のようなものがあった。

- 子どもなのだから大目に見るべき。
- ホームランボールをキャッチしたい気持ちは理解できる。
- 本人を特定したり、個人情報を広めたりするのはやりすぎ。

・ また、試合当日に以下のツイートが投稿されたが、これは山田選手の発言ではなく、創作であることが明らかになっている。

ホームランをツーベースにされた山田選手「きっちりスタンドインさせなかった自分が悪いので、少年を責めないでください。次もスタジアムにグローブ持ってきて欲しい。今度はちゃんとホームラン打つんで」

(引用元:Twitter|とまと(^p^)

kamijo-45days-ec
45日でTOEIC825点に到達! 外資コンサルが選んだ、パーソナルトレーニングという英語学習の形。
人気記事

「幻のホームラン」のその後

・ 日刊スポーツの取材によれば、球をキャッチした少年は球場関係者に呼び出され、口頭で注意を受けた。また、東スポの記者が少年に「ボールは思わず捕ったの?」と尋ねると、少年は小さく「うん」と答えたという。少年は退場処分にはならなかったものの、試合終了前に友人らと退席した。

・ 山田選手自身は、少年に対し、日刊スポーツ紙上でこう語っている。

僕は全然気にしてない。だから野球を嫌いにならず、またグラブを持って応援に来てほしい

これも何かの縁だし、将来プロ野球選手になって、一緒に『あんなことがあったね』と懐かしい話ができるように頑張ってほしい。僕も完璧な本塁打を打てるように頑張ります

(引用元:日刊スポーツ|山田から幻弾少年へ「またグラブ持って応援に来て」

(参考)
ねとらぼ|WBCキューバ戦、山田哲人の“幻のホームラン”を巡ってネット上ではデマも拡散
ハフィントンポスト|【WBC】日本、初戦はキューバに快勝 山田の好打は「幻のホームラン」に
東スポweb|“幻弾騒動”の捕球少年を救った侍ジャパン
弁護士ドットコム|WBC「幻のホームラン」キャッチした少年の名前や住所「特定」騒動…法的な問題は?
J-CASTニュース|「幻の本塁打」少年の顔を報道 「メディアはバートマン事件も知らんのか」
NEWSポストセブン|【超難解「野球ルール」クイズ】 観客が球を捕球したら?
日刊スポーツ|山田から幻弾少年へ「またグラブ持って応援に来て」
日刊スポーツ|山田の打球“キャッチ”の中学生、青ざめた表情