ネコノミクスとは

・ 平成の猫ブームの火付け役となったのは、和歌山電鐵貴志駅の三毛猫「たま駅長」。2007年に「たま駅長」が誕生すると、観光地化し話題となった。

・ 2014年頃から、猫関連本・写真集などの出版数が増えたり雑誌「an・an」「女性自身」などで猫が特集されたりしたほか、イラストの猫に餌をあげ猫の習性を楽しむスマホゲーム「ねこあつめ」が大ヒット(2014年リリース。約1年で900万超ダウンロード)するなど、猫ブームの動きが加速していった。また、猫の出演するテレビCMが増加しているほか、猫が中心となるテレビドラマや映画なども次々と公開されている。

・ 「ネコノミクス」という言葉がメディアに登場したのは2015年頃。猫ブームによってもたらされる経済効果を第二次安倍内閣の経済政策「アベノミクス」になぞらえて「ネコノミクス」と呼ぶようになった。

・ 2015年10月時点で、ペットとして飼われている犬・猫の全国の飼育頭数数は、犬が約991.7万頭、猫は約987.4万頭。犬の飼育頭数が減少の一途にあることと、猫の飼育頭数が増加傾向にあることから、猫の飼育頭数は長年首位を維持している犬に迫る勢いになっている。

・ 近年の猫ブームの背景には、以下のような事情がある。

ペット専門誌の編集者によると、

10年ほど前の犬ブームのときは、団塊世代夫婦が定年を迎え、子どもも自立して寂しいから犬を飼う、といったわかりやすい図式がありました。ただ10年経てば飼い主も高齢化するし、犬だって歳をとって寿命を迎えます。ペットの犬が減るのは自然な流れなんです。愛犬の散歩にしても、当初はいい運動でも年齢とともに負担になる。一方の猫は散歩する必要はないし、実は犬よりトイレが上手でキレイ好き。世話も少なくてすむし、単身でも飼いやすいんですね。そういった点も今の猫ブームにつながってるのではないでしょうか

(引用元:ORICON STYLE|“ネコノミクス”がメディアを席巻 空前の猫ブーム到来のワケとは?

三井住友アセットマネジメントのチーフエコノミスト宅森昭吉氏によると、

(高齢化に加えて)もう一つは世の中の不透明感。「とにかくわけもわからず先行きが不安なので、消費も伸びず、景気もブレているのが現状ですよね。不安の中で『ほっとしたい』『いやされたい』という気持ちが猫ブームに表れたんでしょう

(引用元:毎日新聞|経済効果は年間2兆3000億円!? 絶好調「ネコノミクス」

・ また、SNSの普及で猫好きなSNSユーザーが積極的に猫への愛情を拡散するようになったことから、猫ブームがいっそう盛り上がっているという背景もある。

ネコノミクスの経済効果

・ 2016年2月、関西大学の宮本勝浩名誉教授(理論経済学)がネコノミクスの経済効果を算出したところによると、2015年の経済効果は2兆3,162億円との結果が出た。内訳は次の通りとなっている。

‐ 直接効果
猫の飼育にかかる直接的な費用(えさ代、保険・病院代、トイレ用猫砂代、おやつ代)…約1兆1,002億円
猫関連書籍、写真集、猫グッズなどの売上…約30億円
観光客誘致…約40億円

‐ 波及効果
直接効果によってもたらされる副次的な消費…2兆円超
(例:猫目的の観光客が飲食店で使うお金、キャットフードの原材料の売上、ペットショップ店員の給料 など)

・ また、同じく宮本教授が2008年に発表した研究結果によると、猫ブームのきっかけとなった「たま駅長」による経済効果は、2007年1月の駅長就任以来の1年間で約11億円(和歌山県への観光客誘致などによる効果)であった。

st-ec
90日でTOEIC910点! 英語が聞けない僕にパーソナルトレーナーが教えてくれた「音読のきほん」
人気記事

真の猫好きが提起する、直視すべき問題

・ 本当に猫好きな人は、ネコノミクスがもたらす経済効果ばかりに注目するのではなく、直視しなくてはならない問題も存在することを主張している。それは、ブームだからという理由だけで無責任に猫を飼う心無い飼い主が存在しうることや、動物を経済効果を上げる手段としてとらえることへの違和感。

ブームだから。可愛いから。それだけの理由で、飼育能力のない人に育てられるペットは少なくない。餌も水も与えず、糞の始末すらしない。病気でじっとしているのに「寝てるんだ」と勘違いして病院にも連れていかない。こんなペットを飼い殺しにしている人が、悲しいことにたくさんいる。

また、手に余ったら無責任にもペットを保健所に連れて行く飼い主もいる。保健所でペットがどうなるかは分かっているくせに、その始末を職員に任せて逃げ去るのだ。

テレビで「○○がブームです」なんて言うと、その消費は必ず伸びる。しかし、メディアに煽られて消費者が手にするものが、必ずしもその人にとって必要なものだったり、手にするに相応しいものというわけではない。ペット関連のブームが終わった後に待っているのは、いつだって罪のないペットたちの悲しい最期だ。

(引用元:キャリコネニュース|「ネコノミクス」で空前の猫ブーム到来! でも、安易に動物を飼う風潮ってどうなの?

猫や犬や動物を、経済効果だなんだって煽って、妙なブームをつくらないでくれってこと・・・かな?

人間の傲慢さ全開って感じで、けっこう気味悪いと思いませんか?

もちろん、飼うなら飼うでけっこうですが、ほぼ自分より早く人生を終える存在だし、ちゃんと個性もあるし、感情だってある動物のことを、しっかり覚悟した上で一緒に生活してほしいなって思うのであります。

(引用元:デイリーねっと366|ネコノミクスとは?猫好きには複雑な経済効果とかブームとか・・・

(参考)
毎日新聞|経済効果は年間2兆3000億円!? 絶好調「ネコノミクス」
ORICON STYLE|“ネコノミクス”がメディアを席巻 空前の猫ブーム到来のワケとは?
日経電子版|猫人気、「ネコノミクス」増殖中 共有願望で情報発信
コトバンク|知恵蔵2015 ネコノミクス
Wikipedia|ネコノミクス
産経WEST|彼女いらない「猫男子」急増中…キャット驚く空前のブーム!〝ネコノミクス〟経済効果も
NHK|news watch9 2016年2月22日(月)「ネコノミクス」の経済効果は?
Yahoo!ニュース|猫の経済効果ネコノミクス 「テーマパーク」もびっくりの金額だった
キャリコネニュース|「ネコノミクス」で空前の猫ブーム到来! でも、安易に動物を飼う風潮ってどうなの?
デイリーねっと366|ネコノミクスとは?猫好きには複雑な経済効果とかブームとか・・・
Wikipedia|たま (猫の駅長)