ねこあつめとは

・ ねこあつめとは、2Dのイラストで表現されたねこを眺めて楽しむ、株式会社ヒットポイントが開発したスマートフォンのゲームアプリケーション、およびそこから派生したコンテンツ。2015年に配信が始まって以来、主にTwitter上での口コミで人気が広がり、2017年3月時点で、累計ダウンロード数は2,000万回を突破している。プレイヤーは、ゲーム内の「庭」にオモチャとエサを置いて待つ。しばらくすると、さまざまなねこがやって来てオモチャで遊びはじめるので、プレイヤーはその姿を見て楽しむ。他のプレイヤーと競ったり、ねこを育てたりするような要素はないが、自由に過ごすねこたちを眺めていると癒やされるとして評判になった。

・ 2017年4月には、ねこあつめを映画化した『ねこあつめの家』の公開が予定されている。俳優の伊藤淳史氏が演じる主人公はスランプ中の小説家で、気分を入れ替えようと田舎の一軒家に引っ越す。そこで可愛らしいねこたちと出会い、彼らが喜ぶような庭造りに凝っていくというストーリー。監督は『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)『最終兵器彼女』(2006年)などの蔵方政俊氏。10匹以上のねこが登場すると予告されており、ねこあつめのファンやねこ好きのあいだで話題になっている。

ねこあつめの遊び方

・ 上述のとおり、プレイヤーは庭にオモチャとエサを置くことでねこを呼び集める。この際、置いたオモチャとエサの種類で訪れるねこが変わる。ねこが庭を訪れると、オモチャで遊んだり寝たりしている姿を「さつえい」機能で写真に収めることができる。撮った写真はゲーム内の「アルバム」で見返したり、画像ファイルとしてスマートフォン端末に保存したりすることが可能。

・ 庭を訪れたねこは、お礼として「にぼし」をプレイヤーにプレゼントしてくれる。このにぼしはゲーム内における通貨のような位置づけであり、にぼしを大量に集めることによって、にぼしと新しいオモチャを交換できる。新しいオモチャを庭に設置すると、これまでとは異なる種類のねこが遊びにくる。このようにしてさまざまなねこと出会っていくのが、ねこあつめというゲームである。

・ 2017年3月現在、ねこあつめが最後にアップデートされたのは2016年12月で、新しいねこやオモチャが追加された。季節に合わせて新しいオモチャを追加するような小規模アップデートはたびたび行われているものの、開発元であるヒットポイントによれば、追加要素を積極的に入れていく予定はないという。ねこあつめを企画した高崎豊氏は「焦らず、まったりプレイしていただければ。どうぞ末永くよろしくお願いします」と話している。

wakatsukisama-ec
60日のトレーニング後、英語実務でも効果を実感。TOEICも950点に。
人気記事

ねこあつめの関連グッズ

・ ねこたちの可愛いイラストが人気を呼び、ねこあつめに関連する多数のグッズが展開されている。全国のコンビニや書店で販売され、くじを引けば必ずグッズが当たる「一番くじ」にも進出しており、2017年4月には「一番くじ ねこあつめ~ねこ電車とぶらりたび~」が1回620円(税込)で販売開始される。A賞は、駅員の帽子をかぶってホイッスルを口にしているねこ「えきちょうさん」のぬいぐるみと、電車に乗ったねこたちのイラストが描かれたバッグのセット。そのほかにも、カレンダー、タオル、ストラップなど、愛らしいねこのキャラクターをかたどった景品が多数用意されており、一番くじの販売開始を楽しみに待つねこあつめファンは多い。

・ ペット用品の製造・販売を手がける株式会社ペティオは、ねこあつめとコラボレーションし、ペットとして飼われているねこが実際に使えるグッズを販売している。「ねこあつめ ベッド仕様 テント・ピラミッド」(販売価格4,000円前後)は、ゲーム中に登場するオモチャを再現したもので、ポリエステル製のやわらかいピラミッドのなかでねこが眠れるようになっている。また、「ねこあつめ シャカシャカ仕様 ちくわトンネル」(販売価格3,000円前後)も、ゲーム中に登場するちくわ形のオモチャを再現しており、長さ約82cmのトンネルでねこが遊べるようになっている。

(参考)
ねこあつめ公式サイト
Google Play|ねこあつめ
週刊アスキー|Twitterで人気爆発 猫がかわいすぎる放置ゲーム『ねこあつめ』開発者に癒された話
CINRA.NET|実写版『ねこあつめ』12匹の猫キャストが発表 ドラマやCM出演の猫集う
ねとらぼ|「ねこあつめ」が実写映画に 「ねこあつめの家」2017年公開
映画.com|伊藤淳史「ねこあつめの家」でのネコたちの名演技に脱帽
バンプレナビ|一番くじ ねこあつめ~ねこ電車とぶらりたび~
Petio|ねこあつめ