乃が美の食パンとは

・ 乃が美の食パンとは、食パン専門店「乃が美」(のがみ)で販売されている「高級『生』食パン」。卵が使われておらず、口当たりが極めてやわらかいことで知られる。2016年、パンに関するコミュニティサイト「パンスタ」によって「パン・オブ・ザ・イヤー」の食パン部門で金賞に選出されたほか、2017年は前年に比べインターネット上での検索数が急上昇したとして「Yahoo!検索大賞」の食品部門賞を受賞した。また、2018年1月11日、乃が美の食パンを特集した「東洋経済オンライン」の記事がSNS上で拡散され、「美の食パン」がTwitterのトレンドに入った。

・ 乃が美の食パンの値段は、1斤432円(税込)。一般的な食パンに比べて高価だとされるが、店舗には連日多くの人が並び、全店舗で毎日完売しているという。2013年に大阪でオープンした総本店を中心に、2018年1月現在、全国に79の店舗が存在する。

乃が美の食パンに込められたこだわり

・ 乃が美の食パンには厳選された素材が使われている。小麦粉はカナダ産のオリジナルブレンドで、砂糖・マーガリン・バター・ハチミツ・生クリームなども配合。マーガリンも高級なオリジナルで、バターのみを使用するよりも小麦粉やハチミツの風味を引き出してくれるという。健康に配慮され、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸の量はバターより少ない。

・ 乃が美の食パンはやわらかく、耳までおいしいと評判だ。自重で潰れてしまいそうなほどのやわらかさは「パン職人のタブー」とされているものの、乃が美代表の阪上雄司氏がパン作りの素人だったからこそ、この食感を実現できたという。

・ 工場での大量生産ではなく、各店舗で手作りされているため、乃が美の食パンの品質管理は慎重に行われている。「東洋経済オンライン」の取材によると、各支店から毎月、本店に食パンが送られて味がチェックされる。さらに、店舗責任者の会議が毎月開催され、店舗ごとの取り組みなどが確認される。

kishimotosama-ec
15年以上のブランクから3ヶ月でTOEIC845点! 英語を身につける最速の方法と、いま英語を学ぶ理由。
人気記事

乃が美の食パンを食べた人の声

・ 乃が美の食パンは、そのやわらかさと甘さから、子どもや老人を中心に人気が高いとされる。阪上氏は、87歳の女性から「生きている間にこんな美味しいものを食べられると思わなかった」と書かれた手紙をもらったことがあると話した。また、東洋経済オンラインの記者・佐藤ちひろ氏は、4人家族のおやつとして乃が美の食パンを用意したところ、1.5斤がなくなってしまったと述べた。特に5歳の息子が好んだという。

・ Twitter上でも、乃が美の食パンを絶賛する声が相次いで投稿されている。「食べると止まらない」「恐ろしいくらいに美味」などの称賛のほか、ほかの食パンが食べられなくなってしまったという人も複数見られた。

(参考)
高級「生」食パン専門店の乃が美
東洋経済オンライン|800円超「乃が美の食パン」が爆売れする理由
パンスタ|パン・オブ・ザ・イヤー 2016
NewsWalker|大阪生まれの高級「生」食パンが札幌に上陸! ところで「生」食パンって何?
Twitterトレンド速報|美の食パン
Yahoo! JAPAN|Yahoo!検索大賞2017
Twitter|乃が美の食パン