ワンマイルウェアとは

・ ワンマイルウェアとは、家の中で着る服(パジャマ、ルームウェア、ホームウェアなどと呼ばれる服)と兼用で、そのまま近所に出かけられるような服のことを言う。1マイルは約1.6kmで、コンビニに買い物に行く、ポストに手紙を出しに行く、ごみを出しに行くなど、近所への外出を想定した服装。また、宅配便など突然の来客にも、恥ずかしい思いをすることなくそのまま対応できるような服装。

・ ファッション系のメディアでは女性用のワンマイルウェアについて特集されることが多いが、男性服や子供服についても言われる。

・ ワンマイルウェアの特徴は、部屋で着ていて着心地が良い服装であり、かつ、近所への外出に耐える見栄えであること。リラックスできるよう、素材は柔らかく、ゆったりした服が多い。そのまま外出できる服装としてのデザイン性(色やシルエットなど)も必要。おしゃれなワンマイルウェアを標榜するアパレルブランドもある。具体的には、スウェット素材のパーカーやセットアップ、ウエストがゴムでできたロングスカートやスウェットパンツ、オールインワン、ワンピースなどが代表的。

ワンマイルウェアは日本ならではのファッション文化

・ ワンマイルウェアは和製英語である。全国にコンビニやスーパーなどが出店しており、少し外出するだけで買い物ができるという日本の土地柄から生まれた言葉。ワンマイルウェアの初出は、コンビニが出店し始めた1970年代と言われている。

・ 近年は、ルームウェアの進化形というファッションのトレンドの一つとして語られる機会が多い。リーマンショック後の2008年の年末商戦から「家ナカ消費」が言われるようになり、その後の2009年頃からルームウェア、ワンマイルウェアが売れるようになったとされている。

fujitasan-ec
会社経営&子育てしながらでも62日でTOEIC250点アップの950点! 秘訣は正しい「学び順」と「鍛え方」
人気記事

ツーマイルウェア、スリーマイルウェアもある

・ ツーマイルウェア、スリーマイルウェアも、ワンマイルウェアとコンセプトは同じでルームウェアと外出着を兼ねた服装。距離が延びるにしたがって、よそゆき用の服としての性質が増す。

・ ツーマイルウェアの例
モデルのSHIHOさんがディレクターを務めるブランド「radiance de SYHSÉ」で扱うラグジュアリーリラックスウェアの2016年春夏のコンセプトは、次のようなツーマイルウェアである。

コンセプトは「クリーンアップ」、お掃除がテーマです。おうちの中でお掃除をするときにも着られる、おしゃれなリラックスウェアやツーマイルウェアを提案しています。ツーマイルウェアはおうちの中で楽に着られて、そのまま外にも出かけられる洋服のことです。
(中略)
カジュアルでリラックスできて、気分が上がる。おうちの中はもちろん、散歩やお茶、買い物したり、飛行機などの移動でも着たくなる、ラグジュアリーリラックスウエアがコンセプトです。

(引用元:V.I.P.Press|SHIHOディレクションの春夏服をご紹介! 大人の女性をスタイルアップさせる上質ファッションのひみつ

・ スリーマイルウェアの例
服・雑貨・オーガニック食品などを展開する「サロン・アダム・エ・ロペ」が提案するのは、

ホームパーティーから公園などのちょっとしたお出かけまでに対応する「スリーマイルウエア」

(引用元:繊研plus|ジュン、ライフスタイル型の新業態を開発

また、モデルの黒田知永子さんが好きと言うスリーマイルウェアは、

ほぼどこにでも行ける、でも肩肘はらないコーディネート

(引用元:eclat web salon|今月の黒田知永子さん

・ これらから分かるように、ワンマイルウェア、ツーマイルウェア、スリーマイルウェアのコンセプトは、部屋着と外出着を一緒にして楽しようという発想ではなく、外出にも通用する部屋着をおしゃれに着こなすことにある。

(参考)
OLIVE|部屋着?街着?ワンマイルウェアの話
ガジェット通信|コンビニなど“ちょっとそこまで”に便利な「ワンマイルウェア」
週刊ファッション情報|ファッション用語 洋服編
V.I.P.Press|SHIHOディレクションの春夏服をご紹介! 大人の女性をスタイルアップさせる上質ファッションのひみつ
eclat web salon|今月の黒田知永子さん
繊研plus|スリーマイルウエア