パリピとは

・ 「パリピ(パーティーピーポー)」とは、パーティーやイベントで仲間と集まり、盛り上がることを大いに楽しむ若者。その際の写真や動画をTwitterやInstagramといったSNSに投稿し、興奮を共有しようとすることも一般的に行われている。

・ 具体的には、バーベキューを行う、ハロウィンで仮装する、クラブで踊る、リムジンやクルーザーをレンタルする、浜辺で大音量の音楽を流すといったアクティビティを楽しむことが多い。大抵はアウトドアかつ大人数で催され、飲酒をともなう。

・ インドアでの小規模な集まりを好む人々も「パリピ」を自称する場合がある。いわゆる「たこ焼きパーティー」「鍋パーティー」を行ったり、自宅において自分1人や友人数人で遊んだりすることを「自宅パリピ」と呼ぶ例もSNS上で見られる。

・ もっとも、「パリピ」のイメージは世代によっても異なる

【中学生、高校生、大学生など10~20代(前半)が使う言葉の意味】
・友達と遊んだり騒ぐこと
・遊んでて楽しいとき、嬉しいとき
(中略)
【30代以上が認識している言葉の意味】
・パーティー、クラブ、イベントでお酒を飲んだり騒ぐ人
・チャラチャラしている人

(引用元:レコシン|パリピ(パーリーピーポー)とは?言葉の意味とバカにされない正しい使い方

「パリピ」の由来

・ 「パリピ」は、フリーペーパー『Girls Research Press』が選ぶ2015年の「ギャル流行語大賞」において1位を獲得した。パリピ流行の火付け役となったのは、人気テレビ番組『月曜から夜ふかし』の中で、由比ヶ浜(神奈川県)で水着を着て楽しんでいる人々に即興で五・七・五の俳句を作ってもらうコーナー「ビーチ川柳」に出演した「イルマニア」という集団である。埼玉県入間市在住の男性グループである「イルマニア」は、2014年8月に「ビーチ川柳」に登場。「パーティーピーポー」を名乗った彼らのラップ風の川柳は人気を博して、その後も番組に取り上げられるようになった。「パーティー」を英語風に発音すると「パーリー」に聞こえるため、省略して「パリピ」と呼ばれるようになった。

・ 「パリピ」は「パーティーが好きな人々」を意味する名詞として使われはじめたが、そこから転じて動詞化・形容詞化した。「パリピする」とは「パリピのような行動をする」ことを、「パリピな」は「パリピのような」を表す。とはいえ、必ずしも「賑やかな集まりを好む人々」という原義を残しているわけではない。

若者を中心に流行しており、特に10代の間では元の意味から離れて単にテンションが高いときに使う言葉になりつつあります。「まじパリピ~」は「最高」の意味に近く、「お前パリピだな」と相手に対して使う場合も、相手をけなしているわけではなく「お前最高だな」「お前面白いな」という意味に近いほめ言葉として使われます。

(引用元:ITmedia Mobile|10代がLINEで使う「パリピ」って何?

・ もっとも、上記のような使われ方は元の意味をほとんど残しておらず、「わけがわからない」と意見を述べる人もいる。「格好良い言葉ではない」という苦言に近いものや、「不思議な造語だ」「自分がパリピだと呼ばれて驚いた」といった違和感まで、特にSNS上では様々な意見が見られる。

moriya-ec
多忙な社会人に "学習戦略" を。「90日でTOEIC855点」を実現したプロトレーナーの戦略
人気記事

パリピが周囲に与える影響

・ 賑やかなイベントを楽しむ「パリピ」だが、彼らを敬遠する人もいる。公共の場で大騒ぎし、遊んだあとのゴミを放置するなどの行為に白い目が向けられることも少なくない。もちろん、このようなマナー違反は「パリピ」に限った話ではないし、「パリピ」が皆、迷惑なわけでもない。

・ ソーシャルメディア分析を手掛ける株式会社ホットリンクが、2015年10月~2016年10月の1年間で「パリピ」というワードが最も多くTwitterに投稿された日を調査した結果、10月31日が圧倒的に抜きん出ていた。10月31日はハロウィンの当日であり、Twitterの投稿は、「パリピ」たちが繁華街などでハロウィンの仮装を楽しんでいる様子を投稿したものと考えられる。

・ また、近年日本での市場が急成長したエナジードリンクについても、「パリピ」が普及に一役買ったといえる。エナジードリンク流行の仕掛け人となったレッドブル社は、クラブやバーなどのナイトスポットに商品を置いたり、スポーツイベントの後援をしたりすることで、トレンドに敏感な若者の心をつかんだ。彼らアクティブな若者が、エナジードリンクの代名詞とも呼べるレッドブルをトレンドの先端とみなし、写真をSNSに投稿しはじめたことが弾みとなって、エナジードリンク全体の売り上げは2007年以来、右肩上がりを続けている。「パリピ」のようにSNSを介してトレンドの送受信を積極的に行う若者は、マーケティングの観点において無視できない存在になっている。

(参考)
レコシン|パリピ(パーリーピーポー)とは?言葉の意味とバカにされない正しい使い方
ITmedia Mobile|10代がLINEで使う「パリピ」って何?
エキサイトニュース|田中聖、若者言葉”パリピ”に「全然かっこよくない」
todoke|なぜ人々はパリピをウザがるのか?ウェイ系や意識高い系との違いを解明してみる【アラサーという時期】
CNET Japan|ハロウィン直前!ホットリンク、SNS上のクチコミを分析 パリピが1年で最も盛り上がる時期はハロウィン!
モデルプレス|2015年「ギャル流行語大賞」発表 全部知ってる?
J-CASTニュース|ハロウィーン、東京都内は全面禁止に! 水道橋博士「提言」が歓迎される理由
マイナビニュース|パリピは経済を動かせるのか – 博報堂 原田曜平さんに聞いてみた
PRESIDENT Online|「消費しない若者」を動かす方法はあるか
PRESIDENT Online|70% -レッドブルの一人勝ち!エナジードリンク市場
ライフネットジャーナル オンライン|若者の新・三種の神器は「カフェ・散歩・レッドブル」/原田曜平さんに聞く若者と消費
フォーカスマーケティング|エナジードリンク市場にフォーカスする