「ピザポテト」とは

・ 「ピザポテト」とは、カルビー株式会社が製造する人気ポテトチップス商品。2016年夏の悪天候による影響でジャガイモの生産量が減ったため、2017年4月10日にカルビーが「ピザポテト」など33品目に及ぶポテトチップス商品の休売・終売を告知したところ、Twitterを中心にインターネット上で大きな話題となった。

・ 「ピザポテト」をはじめとする休売・終売商品の出荷は4月22日まで行われる予定だったが、ニュースを目にした一部の消費者が特に「ピザポテト」の買い占めに走ったため、需要の急増に供給が追いつかないとして、カルビーは4月12日、「ピザポテト」の休売日を12日に前倒しすると発表した。

・ 休売のニュースを受けて「ピザポテト」を購入した人のなかには、自分で食べるために買った人もいたが、高値をつけ転売する目的で買い占めた人も少なくなかった。国内最大のオークションサイト「ヤフオク!」や、オンラインフリーマーケットサービス「メルカリ」では、「ピザポテト」が販売価格の数倍~数十倍の値段で多数出品されている。

「ピザポテト」休売の背景

・ 「ピザポテト」などが休売・終売に至った背景には、2016年8月17~23日にかけて、台風7号、台風11号、台風9号が北海道に相次いで上陸したことがある。日本気象協会によれば、北海道に1週間で3つの台風が上陸したのは観測史上初めて。北海道の発表では、農産物の被害総額は149億円にのぼった。

・ カルビーでポテトチップス商品に使用しているジャガイモは、7~8割が北海道産。北海道農政事務所によれば、2016年産のジャガイモの出荷量は前年比1割減で、例年であれば収穫・貯蔵しておいたジャガイモを5月まで出荷できたが、2017年は4月中旬でジャガイモの貯蔵がなくなる見込みだった。

kaji-855-ec
TOEIC 3ヶ月で400点アップ! 英語の「ジム」 English Company モニターインタビュー
人気記事

「ピザポテト」の特徴

・ 「ピザポテト」は1992年、当時大人気だった宅配ピザに対抗するポテトチップスとして生まれた商品。ポテトチップスを厚く切り、ギザギザ状の切込みを入れることで、チーズフレークが絡みやすくなっている。材料の配合を変えるなど、10回以上のリニューアルが行われ、2017年にも再度リニューアルされた。エメンタールとチェダーという2種類のチーズを使用し、濃厚なコクを前面に押し出している。

・ ピザポテトの特徴である濃厚な味わいについては、「匂いはきついがうまい」「くどくて好きじゃない」などの声があり、独特の風味への好みが分かれている。日用品を扱う通販サイト「爽快ドラッグ」における4月10日時点の「カルビーの売上ランキング」には、「ポテトチップス コンソメパンチ」「じゃがりこ 青しそチーズ味」などが掲載されているものの、第30位までに「ピザポテト」は入っておらず、けして人気商品とは言いがたい。しかし、インターネット上では「販売休止だと思うと食べたくなる」などの声が相次いでおり、現在のピザポテトに対する需要は高まっている。

(参考)
カルビー株式会社|ピザポテト
カルビー株式会社|「ピザポテト」について休売日変更に関するお詫びとお知らせ
カルビー株式会社|馬鈴薯不足に伴う「ポテトチップス商品」の影響による商品の休売及び終売に関して
日本経済新聞 電子版|ポテトチップス販売休止相次ぐ 北海道産ジャガイモ不足で
日本経済新聞 電子版|原料作物も被害大きく 影響、拡大の懸念
J-CASTテレビウォッチ|ポテトチップスが消えてしまう!? カルビーと湖池屋、相次いで「生産終了」「販売休止」
日本気象協会 tenki.jp|観測史上初めて 3つ台風上陸 北海道
爽快ドラッグ 本店|カルビーの売上ランキング