ポモドーロ・テクニックとは

・ ポモドーロ・テクニックとは、25分間集中して作業をしたあと、5分間の休憩をとり、これを繰り返して効率よく時間を使う方法。タイマーさえあれば簡単に実行できるため、仕事や勉強のパフォーマンス向上に有効であると、SNSでたびたび話題にのぼる。

・ ポモドーロ・テクニックを実行するには、まず仕事や勉強で達成するべき課題を決め、タイマーを25分に設定してスタートする。その25分間は、ほかのことは一切せず、目の前の課題に集中する。25分が経過してタイマーが鳴ったら、作業が途中でもストップし、今度はタイマーを5分に設定する。5分の休憩時間中には、ストレッチしたり目を閉じたりしてリラックスする。この25分+5分の1セットを「1ポモドーロ」と呼ぶ。4ポモドーロをこなしたら、15分~30分の長い休憩をとる。このサイクルを1日に数回繰り返す。

・ ポモドーロ・テクニックは、自己啓発などの書籍・電子書籍を手がけるシリロ・カンパニー社(ドイツ)の登録商標。より少ない時間と労力で、より多くの成果を挙げる方法として、創業者のフランチェスコ・シリロ氏が1980年代に考案した。シリロ氏は学生時代にトマト型のキッチンタイマーを愛用していたため、「ポモドーロ・テクニック(※)」と名づけたという(※トマトはイタリア語で「ポモドーロ」)。現在ではビジネスパーソンのタスク管理の手法として幅広く用いられているほか、勉強における時間管理のテクニックとしても活用されている。シリロ・カンパニーの公式サイトでは、ポモドーロ・テクニックが動画で説明されている。

ポモドーロ・テクニックのメリット

・ ポモドーロ・テクニックを使うと、時間を短く区切ることで、気が乗りにくい課題でも集中して取り組みやすくなる。また、こなしたポモドーロの数が増えることで達成感を得ることができる。1ポモドーロのあいだにどれだけ課題が進んだのかを計測すれば、自分のタスク処理のスピードを把握することも可能になるため、今後の仕事や勉強の計画も立てやすくなる。

・ スマートフォンにはポモドーロ・テクニック専用のアプリケーションがあり、ダウンロードすれば簡単にポモドーロのサイクルを管理することができる。そのため、特に勉強でポモドーロ・テクニックを用いる若年層には、「ポモドーロ回す」「3ポモドーロ頑張る」などとSNSの勉強垢に投稿する人もいる。スマートフォンアプリを用いない場合でも、ダウンロードせずにwebブラウザ上で使えるポモドーロ・テクニック用のタイマーもある。

yamamoto-800-ec
60日でTOEIC300点アップ! パーソナルトレーナーが教えた「あなたが」最速で結果を出すための英語学習法
人気記事

ポモドーロ・テクニックの注意点

・ ポモドーロ・テクニックは、自分でペースを管理できるクリエイティブな仕事や勉強には向いているが、職種によっては全く使えないこともある。店頭に出る接客業はもちろん、労働状況をオフィスで厳格に管理されている場合は、自分の裁量で作業時間を区切ることができない。

・ また、ポモドーロ・テクニックが合わない人もいる。たとえば、ちょうど最初の25分が終わる頃に作業がうまく進んでいて気分がよいと、いったん休憩を挟んでクールダウンすることにより、再び集中を取り戻すのに時間がかかる場合がある。

・ このように、ポモドーロ・テクニックには向き不向きがあり、職種や性格によっては採り入れにくいことがある。とはいえ、うまく活用できればパフォーマンスの大幅な向上が期待できるため、まずは実際にやってみて、自分に合ったやり方かどうか確認するのがよいだろう。

(参考)
Cirillo Company|the Pomodoro Technique
ITmedia エンタープライズ|あなたが集中できるのは何分? イタリア式時間管理術「ポモドーロテクニック」
リクナビNEXTジャーナル|生産性がグングン上がる!「ポモドーロ・テクニック」って知ってる?
日本経済新聞 電子版|つい現実逃避…「だらだらグセ」を直す  「悪いクセ」の断ち切り方(2)
Google Play|ポモドーロタイマー