プロフィットセンター、コストセンターとは

・ プロフィットセンターとは、企業において利益に責任をもつ部門。プロフィットセンターでは、収益と費用の両方が集計され、収益から費用を差し引いた利益を極大化することを目標に活動する。営業部門、営業企画部門、製造部門、支店など、企業の中で稼ぎのある部門がプロフィットセンターにあたる。

・ コストセンターとは、企業において利益を生み出さない部門。集計されるのは費用だけで、その部門が提供するサービスのレベルと、サービスにかかる費用について責任を持つ。企業の収益に直接的には貢献しないものの、収益部門を支援する役割を担う。総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門などの、いわゆるバックオフィスがコストセンターにあたる。

プロフィットセンターとコストセンターの考え方

・ 企業において、プロフィットセンターかコストセンターかはおおむね上記のように分類されるが、経営方針などによって分類は異なる。例えば、ある企業がもつ工場をプロフィットセンターとみなす場合とコストセンターとみなす場合とでは、その工場の活動方針は次のように変わってくる。

‐ プロフィットセンターとみなす場合

工場がプロフィットセンターであるならば、その工場の目標は利益を最大化すること。したがい、いくら製造工程が複雑で製造費用が高い製品であっても、利益が得られる製品であれば、生産工程の改善に取り組み、積極的に受注しようとする。工場の取り扱う製品に、標準品よりもこうした高付加価値な製品が多ければ、プロフィットセンターとして活動するのが適切である。

‐ コストセンターとみなす場合

工場がコストセンターであるならば、その工場は費用を抑えることを目標に活動する。そのため、利益率が高い製品であっても、製造工程が複雑で製造費用が高くつく場合は、その製品を取り扱わないという判断をする場合がある。

・ コストセンターについて、その意義を「費用だけに責任をもつ」ことであると言ってしまうと、マネジメント的な観点からは視野が狭いと言わざるを得ない。プロジェクト・アナリストの佐藤知一氏は、コストセンターはサービスレベルにも責任を持つべきであると解説している。

「コストだけに管理責任を持つ組織」では、マネジメントとしては全くの片手落ちである。いわば借方に対する貸方、つまり方程式の等号の反対側に、管理項目がなければならない。製造のようにマテリアルを供給する機能の場合は、品質・納期になる。物流のようにサービスを提供する機能の場合は、誤配率に代表される物流品質ということになる。言いかえるなら、サービス・レベルである。つまり、コストセンターは、サービス・レベルとコストに大して管理責任を持つ組織であるはずなのだ。品質が高ければ、コストもそれなりにかかる。納期が正確なら、それなりに費用もかかる。これが道理というものだ。

(引用元:タイム・コンサルタントの日誌から|コストセンターとは何か

yoko815
苦手の文法を克服! TOEIC815点を獲得し、国際会議でスピーチ。英語力を大きく変えた3ヶ月の科学的トレーニング。
人気記事

「コストセンターからプロフィットセンターへ」の意味

・ コストセンターとプロフィットセンターについて語られるとき、しばしば「コストセンターから脱却してプロフィットセンターに転換すべき」と言われる。これは、上述のように、ある部門をコストセンターとみなすかプロフィットセンターとみなすかは、経営における認識の違いによるものであって、コストセンターと見られていた部門をプロフィットセンターに変えることは可能であるという考えから来ている。

・ コストセンターとみなされていても、その活動自体は企業の収益部門を後押ししているのであり、運用次第でプロフィットセンターに変えていくことはできる。この考え方として、カスタマーサポートに関する情報を提供する「SUPPOT TIMES」は、企業においてコストセンターと考えられがちなコールセンターを例に、次のように紹介している。

よくよく考えてみれば、コールセンターで対応するスタッフは“会社の顔”であり、そこでの対応の良し悪しによってサービス定着率や上位プランへの切り替え率に影響を及ぼすというのは容易に想像できることです。

そのため、利益への貢献をしっかりと算出して、プロフィットセンターとして位置付けた時、コールセンターはお客様と最前線でコミュニケーションをとる重要な部門に違いありません。
(中略)
従来のコールセンターでよく使われる指標は、平均応答速度や平均通話時間といった指標で、いかに効率良く行うか、コストダウンするかにばかり重きが置かれている指標ばかりでした。もちろん、こうした視点も引き続き重要です。しかし、それに加えて、利益への貢献度を測るための「定着率」や「契約更新数」、「解約阻止件数」といったコールセンターの利益への貢献度を具体的に示す指標も活用していきましょう。コールセンターは、利益を生み出すのです。

(引用元:SUPPORT TIMES|コールセンターはコストセンターなのか。

(参考)
Google ブックス|大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールPartV: アントレプレナー養成講座 プレビュー
グロービス・マネジメント・スクール|プロフィット・センター
グロービス・マネジメント・スクール|コストセンター
gooビジネスEX|プロフィットセンター
gooビジネスEX|コストセンター
タイム・コンサルタントの日誌から|コストセンターとは何か
SUPPORT TIMES|コールセンターはコストセンターなのか。