レッジョ教育とは

・ レッジョ教育とは、第二次世界大戦後にイタリア北部の都市レッジョ・エミリアで始まり、21世紀に世界中へ広まりつつある教育法。レッジョ教育を採用する保育園や幼稚園は、子どもが積極的に発言できる環境をつくったり、芸術活動を多く採り入れたりすることで、自主性や感性を伸ばすことを目指す。小学校に入学する前の就学前教育として、教育熱心な世界中の保護者に注目されている。

・ 1945年、レッジョ教育の発祥地であるレッジョ・エミリアの母親たちは、子どものために資金を集めて幼児学校を設立した。その活動に地元の教育者が賛同して、レッジョ・エミリア市も保育に力を入れるようになり、1974年には0~5歳を受け入れる保育所および幼児学校が建てられた。2016年時点で、市内には73の保育所と幼児学校があり、いずれもレッジョ教育を行っているという。

・ レッジョ教育は、地域全体で子どもを見守って教育することを大切にしている。狭いコミュニティーのなかで子どもを保護するのではなく、様々な大人と関わらせることによって、子どもの成長を促す狙いがある。この方針は、子どもの学ぶ権利を確保したり、適切なコミュニケーションがとれる環境を作ったりするためには、地域全体の協力が必要だという考えに基づく。

・ また、レッジョ教育は個性を重視し、「子どもが100人いれば100通りの考えや表現がある」という思想を基盤にしている。そのため、レッジョ教育では画一的に知識を詰め込むのではなく、自分の感じたことや考えたことを表現する自信と技術を育てる教育が行われる。たとえば、レッジョ教育には「生命のアトリエ」という独自のメソッドがある。これは、植物が時間経過とともに色や形を変えていくのを観察する授業で、子どもは色の名前を考えたり本で調べたりすることによって、ボキャブラリーを増やす。

レッジョ教育の2つの柱

・ レッジョ教育は特に「プロジェクト」と「ドキュメンテーション」を教育の柱としている。プロジェクトとは、数カ月~1年の長期間、子ども・教諭・保護者が一体となって1つのテーマを掘り下げていく活動。作品をつくったり、調べ活動をしたりなど、何をやるかは子どもたちの話し合いに任せる。これによって、自分の考えを主張したり相手の意見を聞いたりといったコミュニケーション能力が育つ。

・ ドキュメンテーションとは、子どもや教諭が活動する姿を写真や音声などの記録に残し、パネルを作るなどして掲示すること。これにより、子どもが振り返りを行って次の学習に活かすことができるだけでなく、保護者や地域の人に見せることでコミュニケーションの輪が広がる。

yamamoto-800-ec
60日でTOEIC300点アップ! パーソナルトレーナーが教えた「あなたが」最速で結果を出すための英語学習法
人気記事

日本におけるレッジョ教育

・ 日本でもレッジョ教育を多かれ少なかれ採り入れている保育園・幼稚園は珍しくない。上述した生命のアトリエのように自然を観察させるアプローチを行ったり、ドキュメンテーションのように子どもの写真を壁に貼ったりする施設は、意識する・しないにかかわらず、レッジョ教育のアプローチを利用しているといえる。

・ 特にレッジョ教育をアピールしている施設には、東京都の「まちの保育園」(練馬区、港区、武蔵野市)「まちのこども園」(渋谷区に2園)がある。これらの施設は、子どもがイメージした食品を地元で販売したり、園にカフェを設置したりするなど、地域とのコミュニケーションを重視している。さらに、「コミュニティコーディネーター」という専任職員を配置し、施設周辺地域の歴史や文化的背景を調べさせることで、地域への理解を深めたうえで活動の計画を立てる。

・ また、レッジョ教育を前面に打ち出している東京都の「代沢インターナショナルスクール」(世田谷区、渋谷区)は、プロジェクト・ドキュメンテーションの実行はもちろん、以下のように園と保護者とのコミュニケーションも重視している。

「子どもの成長を、親御さんと学校の二人三脚で見守っていく」ことを大切にしています。その為、毎日の成長記録に加え、1学期に一度の「ペアレンツミーティング」を行う事で、子どもの成長を確認しあい、心配している事や気になる事などをじっくりと話し合う機会を設けています。

(引用元:代沢インターナショナルスクール|DISの特色

・ レッジョ教育では、施設・保護者・地域が連携して子育てをすることで、見守られているという安心・自信を子どもに与え、自然に触れさせることで豊かな感性を養う。昨今は保育園の用地や職員が不足していることから、子どもが室内でしか遊べなかったり、保育士の目が子どもに行き届かなかったりするような場合がある。しかし、レッジョ教育のアプローチを参考にして、人とのつながりや自然の豊かさを幼少の頃から感じさせることは、子どもが人間として成長する過程において重要な基盤となるだろう。

(参考)
代沢インターナショナルスクール|DISのアプローチ
代沢インターナショナルスクール|DISの特色
ハッピーホライズンズ|レッジョ・エミリア
ウーマンエキサイト|ケンカすらも良い兆候!? 話題の「レッジョ・エミリア教育」が子どもの自主性育む理由
毎日新聞「経済プレミア」 |世界が注目「幼児教育レッジョエミリア・アプローチ」
毎日新聞「経済プレミア」 |敗戦国イタリアの母たちが目指した本当の幼児教育
毎日新聞「経済プレミア」 |「100人100色」を徹底するイタリア幼児教育
毎日新聞「経済プレミア」 |「ペタゴジスタ、アトリエリスタ」が教える美と言葉
All About|レッジョ・エミリア幼児教育の体験記(1)
All About|レッジョ・エミリア幼児教育の体験記(2)
ママリ|子供の教育(レッジョ・エミリア教育編)
まちの保育園|まちの保育園が考えるレッジョ・エミリア教育について