レストラン列車とは

・ レストラン列車は観光列車の一種である。観光列車とは、目的地への移動のために乗るのではなく、乗ること自体を旅行の目的にした魅力的な列車のこと。レストラン列車以外には、子供を対象にした列車(例:ポケモントレイン)、地酒などを楽しめるバーカウンターを備えた列車などがある。

・ 近年、レストラン列車の人気が高まっており、全国各地の路線で運行されている。時間やお金に余裕のある中高年だけでなく、スイーツが楽しめる列車(カフェ列車)などは若い女性の間でも人気。内装がおしゃれに施されていることも多く、非日常を味わえるとして、ここ数年の列車旅のトレンドとなっている。

・ もともと食堂車は、戦前の長距離列車にはほぼ必ず連結されていたが時代とともに減少傾向にあった。しかし、2010年代に入り旅行の形態が多様化する中で、食堂車はレストラン列車という新たな旅のスタイルとして見直され、2013年には多くのレストラン列車が運行を開始した。レストラン列車を新造したり、既存列車を改造したりして、地域の観光の目玉としてレストラン列車が打ち出されるようになった。

・ レストラン列車は、電車に乗って過ごす時間に付加価値を与え、非日常的な体験ができることを売りにした観光スタイルである。今の日本ではレストラン列車に限らず、形ある物ではなく価値ある時間や空間・体験にお金をかける消費スタイルが楽しまれている。鉄道ジャーナリストの中嶋茂夫氏は、レストラン列車を含む観光列車について次のように説明している。

「乗る時間そのものにお金を払う価値がある。鉄道は、もともと効率的な大量輸送を目指し、移動時間の短縮を追求するもの。その常識を破るのが、観光列車です」

(引用元:日経電子版|観光列車なぜ増える? 大人も「モノより体験」

レストラン列車の仕組み

・ レストラン列車は、車両全体が特別仕様になっていて、臨時列車として扱われることが多い。事前に予約の必要な列車が多いが、予約不要で気軽に乗れるものもある(ただし、臨時列車の扱いなので、希望の日に運行しているかどうかは要確認)。全席指定の場合は指定席券の購入も必要。事前の情報収集を念入りに行うほうが良い。

・ レストラン列車の座席は、レストランのように快適に飲食ができるように設計されている。内装もレストランさながらにしつらえられている列車もある。専用の厨房が備えられており、列車だからといって作り置きのものばかりが提供されるのではなく、車内の厨房で調理されたできたての料理が提供される。列車には地元の料亭の板前やフランス料理のシェフが乗り込み、レストラン並みの上質な料理を味わうことができる。地元の食材を売りにすることで、地元の食材生産者や飲食店との協業にもつながるため、地元を巻き込んでの取り組みとしても注目される。

kumiko895-ec
10年ぶり英語への挑戦で、TOEIC895点。秘訣は「毎日続けること」への科学的アプローチ
人気記事

レストラン列車の例

・ 西武 旅するレストラン 「52席の至福」(西武鉄道)

西武鉄道が2016年4月より運行開始した新しいレストラン列車で、都内(出発駅は池袋または西武新宿)から楽しめるレストラン列車として話題。4両編成の列車をリメイクしたもので、内装・外装ともに建築家の隈研吾氏がデザインした。ブランチコース(10,000円)、ディナーコース(15,000円)があり、和洋中の著名なシェフが埼玉県の食材を中心に使ったコース料理を提供する。

・ レストラン・キハ(いすみ鉄道)

列車の外観は、昭和の面影を残したレトロなもの。「伊勢えび特急・飲茶列車」や「伊勢海老特急・お刺身列車コース」などのプランがある。特に女性からの関心が高いのが、スイーツまたはチーズとワインを提供する「スイーツ&ワイン列車」、和菓子と手作りぜんざいを提供する「和菓子列車」。一人1,000円で事前予約は不要のため、気軽に利用できることも人気の理由である。

・ 伊予灘ものがたり(JR四国)

2015年8月の日本経済新聞の特集で、おすすめ観光列車第1位に選ばれた。伊予灘の夕日の茜色と、太陽と柑橘類をイメージさせる黄金色を基調としたレトロモダンなデザインのレストラン列車で、愛媛ならではの食事や酒だけでなく、瀬戸内海や大洲城の絶景が楽しめ、ご当地感を満喫できる列車として人気がある。

(参考)
Wikitravel|観光列車に乗る (日本)
OZmall|女子旅トレンドランキング vol.37 ~レストラン&カフェ列車~
日本経済新聞|列車は人気レストラン 郷土料理・地元食材で歓迎
日経電子版|観光列車なぜ増える? 大人も「モノより体験」
乗りものニュース|全席レストラン列車「52席の至福」、夏は秩父食材や燻製料理が登場 西武
Wikipedia|食堂車
ニッポン放送 しゃベル|注目度No1のレトロモダンな観光列車で瀬戸内海と桜を愛でる~JR予讃線・伊予灘ものがたり「八幡浜櫻編」(4,500円)
西武鉄道|西武 旅するレストラン 52席の至福
いすみ鉄道株式会社|グルメ列車 レストラン・キハ
伊予灘ものがたり