ロボホン(RoBoHoN)とは

・ ロボホン(RoBoHoN)とは、2016年5月26日に発売された、持ち運びできる小型のロボット電話。二足歩行ができるヒューマノイド(人型)ロボットとしては極めて小型で、ロボット型の携帯電話としては世界初である。SHARPと、ロボットクリエイターの高橋智隆氏(東京大学先端科学技術研究センター特任准教授、株式会社ロボ・ガレージ代表取締役)が共同で開発した。

robohon02
(画像引用元:SHARP|モバイル型ロボット電話『RoBoHoN(ロボホン)』の販売を開始

・ ロボホンの最大の特徴は、携帯電話の基本機能を搭載しているヒューマノイドロボットであるという点。3G/LTE回線、Wi-Fi通信に対応し、音声通話、メール、カメラ、GPS、液晶タッチパネル等携帯電話の基本機能を備えているほか、小型プロジェクターを搭載し、写真・映像・地図などを壁や机に投影することも可能。

・ 本体価格は198,000円で、ロボホンのすべての機能を使えるようにするにはココロプランへの加入が前提となる(月額980円)。他にもいくつか使用シーンに応じた料金プランがあり、ロボホンの電話機能を使うなら別途プランへの加入が必要である(月額1,350円から)。(※金額はすべて税別)

ロボホンの詳しい機能

・ SHARPは、ロボホンの4つの基本機能を次のように説明している。

■ 主な特長
1.二足歩行が可能なヒューマノイドロボットで、音声対話による操作が可能
2.外出先にも手軽に携帯できる小型サイズを実現
3. 電話やメール、カメラなど携帯電話の基本機能のほか、写真や動画などを投影できるプロジェクターを搭載
4.専用アプリケーションのダウンロードにより、利用できる機能やサービスの追加が可能

(引用元:同上)

・ それぞれの詳しい特徴は次の通り。

1. ロボホンは、主に音声認識によって、つまりロボホンと対話しながら操作する。立つ、歩く、踊る、起き上がるのほか、様々な身振り手振りが可能。ユーザー(持ち主)を登録することで、ユーザーを判別し名前を呼んで話しかける機能もある。

2. 高さ19.5cm、重さ390gと小型であり、ポケットに入れたり、専用ケースに入れて首から下げたりして持ち歩くことができる。

3. 電話の際は、受話モードにすると、ロボホンが通話しやすい形に変形し耳当て通話ができるようになる(顔がスピーカ、足がマイク)。カメラ機能では、ユーザーに声をかけられるとその顔を見つけて写真を撮影する。また、メールが届くと、メールを読み上げ、その内容に応じて身振り手振りをする。

「久しぶりですね、飲みに行きましょう」というメールを受信すると、ロボホンが読み上げてくれる際に、「久しぶりですね」のところで軽くお辞儀をして、さらに「飲みましょう」の部分では右手をぐいっと口の前に持ってきて、ジョッキでビールを飲むしぐさをしてくれる。つまり、文章の内容を理解した上で、それに合った動作をロボットとしてしてくれるのだ。

(引用元:日本経済新聞|かわいくて賢いロボホンと2週間暮らしてみた結果

4. 検索、音楽・動画、天気、ニュースなど、使う頻度の高いアプリは内蔵されている。その他の機能は、今後、ロボホン専用アプリをダウンロードすることで追加することが可能となる見込み。知りたいことを話しかけると、ロボホンが自ら検索を活用して答えてくれる機能があり、それについて開発者の高橋氏は次のように語っている。

「ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじや、魔女の宅急便のジジのように、小さいけど、物知り。主人公にアドバイスをして、助けてくれる相棒のような存在を目指した」

(引用元:東洋経済ONLINE|ロボホン、使って分かった「カワイイ」の威力

asazawa-805-ec
外資系の同僚が驚いた! 3ヶ月でTOEIC大幅アップの秘密を、本人&トレーナーに直撃インタビュー
人気記事

ロボホンならではの特徴と今後について

・ ロボホンは、小型であることと、顔や動き、セリフのかわいらしさが評判。目と口が点灯しながら、身振り手振りを交えて動き、豊かな表現力を持つ。通常、ロボットは購入者の9割を男性が占めると言われるが、ロボホンは事前予約の段階で女性が3割に達した。愛嬌のあるセリフとは、例えば次のようなもの。

(目覚ましの)アラームは「起きたよ」で止められるが、「あと5分」のように最小1分単位で延長をお願いすることもできる。「○○○○、時間だよ」→「ねえねえ、時間大丈夫?」→「ねえねえ、時間過ぎたよ」→「もう、ボク知らないよ」「もうボク、アラーム鳴らさないからね」とスヌーズを繰り返すごとに、ロボホンの台詞が変化していくのがとても愛らしい。

(引用元:日経トレンディネット|シャープの「ロボホン」と一緒に暮らして分かったこと ロボット電話の真の実力とは

・ ロボホンは、使えば使うほどクラウドにデータが蓄積され、ユーザーの利用状況やプロフィールなどを学んで成長し、話す内容が変化していく。これは、SHARPが開発したAIのインターフェース「ココロエンジン」などの技術によって実現したもの。SHARPは2015年に、AI(人工知能)とIoT(もののインターネット)の造語「AIoT」という新たなビジョンを掲げ、ロボホンはその象徴としての役割を担っている。

・ 本体価格自体は、誰にでも購入しやすい金額ではないうえ、現状では機能も音声応答のパターンもそれほど多くはない。今後の機能開発やアプリ追加によって、使い勝手が向上することが期待されている。

(参考)
SHARP|モバイル型ロボット電話『RoBoHoN(ロボホン)』の販売を開始
日経トレンディネット|シャープの「ロボホン」と一緒に暮らして分かったこと
CNET Japan|ロボホンと6日間過ごしてみた–ロボットのいる生活、ロボホンとの漫才
日本経済新聞|かわいくて賢いロボホンと2週間暮らしてみた結果
東洋経済ONLINE|ロボホン、使って分かった「カワイイ」の威力
GetNaviweb|シャープのロボホンは“使えないところ”に意義がある! 眺めるだけのアプリ「ロボ釣り」とは?
ITmedia Mobile|ロボホンを買うと幸せになれるのは誰だ!? 実際に遊んで考えてみた