留年採用とは

・ 留年採用とは、広告代理店の株式会社東急エージェンシーが2019年度採用で実施する、留年・浪人・休学を経験した人に特化した採用活動。一般的にネガティブなイメージを持たれやすい「留年生」に着目した留年採用は、SNS上で学生などの興味を引き、2018年4月4日にTwitterのトレンドに入った。

・ 東急エージェンシーによる留年採用への応募資格は以下のとおり。

(1)何らかの理由で留年された方 ※浪人や休学なども含めます
(2)上記をものともしない、情熱やビジョン、人生経験をお持ちの方
(3)29歳以下で、2019年4月に入社可能な方

(引用元:東急エージェンシー|留年採用

・ 応募者は通常の職種別採用と同様、留年採用でも「営業・メディア職コース」や「総合職コース」など5つのコースから1つを選択することができる。給与や勤務時間などの要項は、2019年度の新卒採用と変わらない。「最終学歴、既卒、中退など、一切問いません」とのこと。

就職活動における留年の影響

・ 株式会社futurelaboの運営するインターンシップ情報サイト「インターンシップガイド」によると、留年したことが就職活動で不利になる場合がある。卒業に必要な単位を取得できなかったことは「要領の悪さや計画性の無さ」として、就職活動で満足のいく結果を出せなかったことから留年を選ぶ「就活留年」も「要領の悪さ」として扱われるのが一般的だという。しかし、留年の反省から学んだことや、留年によって得られた時間を使って経験できたことなどポジティブな話を採用担当者に伝えれば、留年は「プラスにもなり得る」とのこと。

・ 日本経済新聞社の子会社・株式会社日経HRが運営する就職情報サイト「日経HR」は、卒業に必要な単位が足りないため留年したものの、努力を経て最終的に3社から内定を得たユウヤさん(仮名)の体験談を紹介している。ユウヤさんによると、面接では必ず留年の理由を質問された。「アルバイトやバンドの活動などで学業をおろそかにしてしまった」と正直に話し、反省の意を伝えつつ、留年を通して「家族のありがたみ」や「自分を律することの大切さ」を得られたと説明したという。また、留年したことに対する反応は業界によって異なり、金融業界は「箸にも棒にもかからなかった」一方、メーカーは「そうではなかった気がする」とのことだ。

kamijo-45days-ec
45日でTOEIC825点に到達! 外資コンサルが選んだ、パーソナルトレーニングという英語学習の形。
人気記事

留年採用への思い

・ 上記のように、留年の経験は就職活動において不利に働くことが多い。しかし、東急エージェンシーは、留年経験者を「まわり道してでも挑戦し、何かを夢中になってやり遂げた」人とみなし、「オリジナリティある経験をされた方とじっくり向き合いたい」という思いから留年採用の実施に踏み切ったという。

・ 留年を経験した東急エージェンシー社員による座談会において、営業職の橋本健太郎氏は「特に広告会社であれば、多様な経験を持つ人が集まるのは良いこと」と、留年経験者を採用することのメリットを提示した。アイディアや企画の幅が広がるという。また、プランナーの新井純氏は、「留年して大学生活をやり切ったという満足感も社会に出てからの劣等感も、必ず自分の力になる」と、留年している学生に向けてエールを送った。

(参考)
東急エージェンシー|留年採用
日経HR Labo|こうして就活を乗り切った!【2】留年を乗り越えて
インターンシップガイド|留年していると就活は不利?留年してしまったらどう過ごすか
Twitterトレンド速報|留年採用