「早速水もちこみ」とは

・ 「早速水(さっそくみず)もちこみ」とは、2017年4月にオープンしたアミューズメントパークであるレゴランド(愛知県名古屋市)において、当初は飲食物の持ち込みが原則として不可能だったところ、水筒の持ち込みを5月14日から解禁するという発表がされて以降、インターネット上の掲示板やキュレーションサイト上で使われるようになった言葉。レゴランドへの水筒の持ち込みが解禁されたことを話題にする掲示板のスレッド(掲示板内で、特定の話題の投稿に特化した場所)や、キュレーションサイトのまとめ記事に、「早速水もちこみ解禁」というタイトルがつけられたところ、これを「速水もこみち解禁」と読み間違えて、俳優の速水もこみち氏が解禁されたのだと思う人が続出した。このタイトルでは、「持ち込み」があえてひらがなで書かれていることから、「いい見出し」「タイトルがズルい」などとインターネット上で話題になっている。

・ 「早速水もちこみ」の表現は、SNSを通して多くの人が目にしている。声優の井上悟氏はTwitter上で「速水もこみち解禁に見えた。やはり今日は暑いようです」と投稿し、ファンから同意を得た。また、ニュース番組『みんなのニュースONE』の公式Twitterアカウントは、「速報」としてレゴランドの割引チケットが発売されることを報じると同時に、「また早速水もちこみも可能に」と記載した。

レゴランドのルール

・ オープン当初、アレルギーを持つ人の弁当および乳児の離乳食を除いて、レゴランドでは飲食物の持ち込みが禁止されていた。水分を補給するために必要な最低限の飲み物も持ち込めない上に、園内で購入できる飲み物が高価であるとして、「夏になったら誰も来なくなる」「我慢して熱中症で倒れる人が出そう」など、インターネット上では多数の苦言が呈されていた。

・ オープンから2ヶ月と経たないうちに、レゴランドが「早速水もちこみ」を解禁したのは、客の要望に応えたかたちとなる。朝日新聞の報道によれば、レゴランドの広報担当者は「子供を対象としたテーマパークでもあるため、熱中症対策として持ち込みを許可した」と話している。

・ ただし、レゴランドへの持ち込みが解禁されたのは「おカバンにおしまいいただける程度の大きさ(約500ml程度のもの)の水筒」であり、ペットボトル入りの飲み物や、カバンに入らないほど大きい水筒は、従来通り持ち込むことができない。そのため、気温が高く、水分を多く摂取することが必要な季節には、小さい水筒を複数持参するか、園内で飲み物を購入する必要がある。

takashimasama-wata
60日でTOEIC920点。"ビジネスレベル" のスピードと正確さを身につけた90日の英語パーソナルトレーニング
人気記事

レゴランドへの水筒持ち込み解禁に対するSNS上での反応

・ 「早速水もちこみ」とタイトルがついた記事がSNS上で拡散すると、レゴランドに水筒が持ち込めるようになったことよりも、「速水もこみちがレゴランドで何かやるのかと思った」「速水もこみちをイメージキャラクターに起用とかそういうの想像してた」と、タイトルについて言及する人が多かった。一方、「持ち込み解禁」のように一般的なタイトルの記事を読んだ人は、「そうでもしないと、名古屋の酷暑やっとれん」「最初からそうしとけばよかった」など、レゴランドの対応を当然だと見る人が大半だった。

・ また、レゴランドへの水筒持ち込みが客の要望によって解禁されたことを受け、今後も客の批判や要望によってレゴランドの運営が変わるのではと予想する人もいる。Twitter上では、自販機で販売されている飲み物をレゴオリジナルのデザインにすることを提案する意見や、当日でも再入場ができないことを批判する意見があり、今後もレゴランドの運営に注目が集まっている。

(参考)
LEGOLAND® Japan|よくあるご質問
朝日新聞デジタル|レゴランド、水筒持ち込みOKに ペットボトルは不可
Twitter|早速水もちこみ
Twitter|みんなのニュースOne / 東海テレビ
Twitter|井上 悟
日本経済新聞 電子版|レゴランド、最大25%の実質値下げ 期間限定でパスポート