「世界一のクリスマスツリー」とは

・ 「世界一のクリスマスツリー」とは、プラントハンターとして国際的に活躍する西畠清順氏が主導して富山県氷見市から兵庫県神戸市に運んだ、全長約30メートルの針葉樹・アスナロ。このアスナロを移設してクリスマスツリーとする企画「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT 〜輝け、いのちの樹。〜」が、神戸開港150年記念事業の一環として、2017年12月2日~26日の期間で行われる。しかし、アスナロの扱いについて「醜悪」「狂っている」など、Twitter上で多くの人が批判しており、同企画は炎上の様相を呈している。

・ 西畠氏はそら植物園株式会社の代表として、植物コンサルティングや造園を手がけることで有名。同社のプレスリリースによると、「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」は「阪神・淡路大震災の鎮魂の想い」から始まった。推定樹齢150年・全長約30メートル・推定重量40トンの当該アスナロを西畠氏が発見したのは「4年前」で、「ドキッとした」程に強い印象を受けたという。アスナロは2017年11月9日に氷見市を出発し、同17日に神戸市へ到着。神戸港の公園「メリケンパーク」において植樹式が行われた。

「世界一のクリスマスツリー」企画への批判

・ Twitter上では、一般のユーザーだけでなく、多くの著名人が「世界一のクリスマスツリー」企画に対して声を上げている。タレントのフィフィさんは、同企画を批判するインターネットメディアの記事を紹介し、映画作家の想田和弘氏は「樹齢150年の木をわざわざ引っこ抜いてバカ騒ぎするという行為の醜悪さもさることながら、自分で木を殺しておいて『いのちの樹』などと呼ぶ転倒した欺瞞が気持ち悪い」と痛烈に批判。戦史研究家の山崎雅弘氏は「樹齢150年の木を、それが育った土地から引き剥がし、数日間の見世物として人目に晒したあと、バラバラに切り刻んで『税込み送料込み3800円で限定販売』で金儲けに利用する」と発言した。

・ 山崎氏の発言が指すのは、通信販売会社のフェリシモが扱う「あすなろメモリアルバングル『継ぐ実』」だ。神戸新聞によれば、11月17日時点で「世界一のクリスマスツリー」企画後にアスナロをどうするかは未定だったが、「一部を数カ月乾燥させ、日本伝統の匠の技で、ひと粒ずつ丁寧に挽き、磨き上げ」て腕輪に加工された製品がフェリシモで販売されることとなった。これに対し、山崎氏のほかに多くの人が「あんなにも小さく刻んで売るなんて、余りにも悲しい」「どう見てもただの資金回収策」などの声を上げている。さらに、フェリシモ公式サイトには「ただ立ちつくし、(中略)寿命を終えた特別な樹木」などのテキストが掲載されており、「いまメリケンパークにいるあすなろの木は、生きてますよね?」「殺す事が決まってるのに”生きたまま” 持ってくるのをウリにして使い捨てる」と非難の的となっている。

maemurasama-ec
1日1時間しか勉強できない超多忙な私が、90日でTOEIC800越え。「私に合った勉強法」のほんとうの意味。
人気記事

西畠氏の意図への批判

・ また、「世界一のクリスマスツリー」企画を主導する西畠氏の意図や発言も批判されている。西畠氏は11月15日付のプレスリリースで以下のように述べた。

人々がこの樹を見ていろんな事を感じたり、気になったり、心配したり、議論したり…。そんなことがこのプロジェクトの最終的な目的です。今回選んだのは、あすなろの樹。富山県氷見市の山中にあったその樹は、周りが山火事に遭い、唯一生き延びた縁起のよい樹です。あすなろは、「あす」はヒノキに「なろ」うの樹といわれ、ヒノキになりたくてもなれないとしてレッテルを貼られ、木材としてもヒノキより格下、いわば落ちこぼれの樹として扱われています。

(引用元:PR TIMES|「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT ~輝け、いのちの樹。~」記者会見を開催!プラントハンター 西畠清順が挑む史上最大の樹木輸送、光り輝く世界一のイベントに!

・ 上記のような西畠氏の意図については、「議論のためなら他にいくらでも方法はある」「山火事を唯一生き延びた縁起のいい木なら尚更育ってきた場所で大事にしなきゃ」「樹齢150年の木を勝手に落ちこぼれ扱い」などと批判が殺到。そのほかにも、Twitterのハッシュタグ「#世界一のクリスマスツリー」を使って多くの人が意見を述べている。

(参考)
めざせ!世界一のクリスマスツリー
Makuake|世界記録への挑戦に参加しよう!みんなで作る世界一のクリスマスツリーPROJECT
フェリシモ|あすなろメモリアルバングル「継ぐ実」
PR TIMES|「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」始動。開港150年の神戸港で、「あすなろの巨木」 が復興と再生の象徴として光かがやく!プラントハンター 西畠清順が史上最大の樹木輸送に挑む
PR TIMES|動く巨木に歓声あがる!感動の「あすなろの木」旅立ちセレモニー 〜めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト〜
PR TIMES|「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT ~輝け、いのちの樹。~」記者会見を開催!プラントハンター 西畠清順が挑む史上最大の樹木輸送、光り輝く世界一のイベントに!
PR TIMES|世紀の樹木輸送!遂にクライマックス「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT 〜輝け、いのちの樹。〜」植樹式
神戸新聞NEXT|「世界一のクリスマスツリー」神戸に“植樹”
神戸新聞NEXT|神戸港に樹齢150年の巨木でXマスツリー
中日新聞|世界一ツリー 旅立ち アスナロの木 氷見から神戸へ
Twitter|世界一のクリスマスツリー