「先進国イチの怠け者」とは

・ 「先進国イチの怠け者」とは、出版大手の講談社が運営しているwebマガジン「現代ビジネス」に掲載された、2017年4月24日付記事「日本人はすでに先進国イチの怠け者で、おまけに労働生産性も最低な件」のタイトルで使われた言葉。同記事は、日本人の労働時間がG7(主要7ヵ国)のなかで「かなり短いほう」であり、「一人当たり労働生産性」はG7中最下位であるとし、以下のような主張を述べつつ、長時間労働の規制などを含む政府の「働き方改革」に疑問を呈した。

今の日本の豊かさの礎を築いたのは、長時間労働を物ともしない高度経済成長期の「モーレツ社員」たちではなかったか。それを否定することは日本のさらなる成長をあきらめることにつながらないだろうか。

(引用元:現代ビジネス|日本人はすでに先進国イチの怠け者で、おまけに労働生産性も最低な件

・ 「先進国イチの怠け者」の記事内では、長時間労働に肯定的な人々によるコメントが紹介されている。たとえば、電機メーカーの松下電器産業(現・パナソニック)の元社員で、東海大学の元教授である小野豊和氏は、「多忙な時期は徹夜なんか当たり前で、残業時間が月100時間を超えることはザラ」「残業は苦ではなかったし、そのために体調を崩すこともなかったですね。仕事や会社が生活のすべてで、仕事が楽しくて、もっと働きたいと思ったものです」などと語った。

・ 「先進国イチの怠け者」の記事に対しては、ソーシャルメディア上で批判の声が多数上がり、同記事は炎上の様相を呈している。批判的意見の多くは長時間労働を賛美することを問題視しており、また、記事内で主張の根拠とされているデータの用い方が不適切であることや、引用されたコメントの提供者の立場が偏っていることなども指摘されている。

長時間労働を賛美することへの批判

・ 「先進国イチの怠け者」の記事内では、東海銀行(現・三菱東京UFJ銀行)の元専務で、名古屋大学の客員教授である水谷研治氏が「働く人の立場からすれば、労働時間を減らしてほしいというのはわかります。誰だって楽をしたいですから。ただ、そこで考えてほしいのは、働かないで豊かさだけを得ることができるのか、ということ」「いったん楽を覚えてしまった人間は、頑張りたくても、いざという時に体力も知力もなくなってしまっている」などと話し、労働者の成長が阻害されるとして、政府の「働き方改革」によって労働時間が短縮されることを批判した。また、記事内には「楽ばかり求める若者たち」という見出しが設けられ、「働き方改革」は働きたくない若者を増やす「亡国の政策」であるとする批判が展開された。

・ 「先進国イチの怠け者」の記事における、上記のように長時間労働を肯定する論調には、深刻な社会問題となっている過労死やブラック企業、少子化を考慮に入れていないとして、批判の声が多く上がっている。Twitter上では、「過労死した労働者の遺族にも同じことが言えるのか」「労働者は真剣に働いているのに、企業側が残業代を払わない」「残業時間を増やせば、ますます少子化が進む」などの意見が投稿されている。

takashima-ec
苦手だったリスニングを克服し、90日でTOEIC845点ゲット! リスニング練習の「質」を変えた、プロトレーナーのトレーニングメソッド
人気記事

データの用い方への批判

・ 「先進国イチの怠け者」の記事は、日本人の労働時間がG7のなかで「かなり短いほう」であると主張する根拠として、労働政策研究・研修機構による『データブック国際労働比較2016』に掲載された「週労働時間(製造業)」を挙げている。当該データでは、日本で製造業に従事する人の週労働時間が、厚生労働省による調査で37.7時間、総務省による調査で41.4時間とされている。G7の一角であるイタリアのデータはないため、他の6ヵ国のなかで比較すると、厚生労働省のデータで、日本はカナダに次いで2番目に労働時間が短いが、総務省のデータでは、米国に次いで2番目に労働時間が長い。また、各国のデータは、パートタイマーを含めるか否か、時間外労働を含めるか否かという条件が異なるため、単純に比較をすることができない。

・ そのため、「先進国イチの怠け者」の記事では、労働時間の短い厚生労働省のデータしか取り上げられていないことや、そもそも参照するデータの前提に問題があるとして、データの扱われ方に苦言を呈する声がソーシャルメディア上で相次いでいる。Twitte上には、「時間外労働を調べてカウントしてない時点で根拠データとして無意味」「根拠となるデータとその利用の質が壊滅的に低い」などの意見が投稿された。また、インターネット上でwebサイトのブックマークを保存・公開できるサービス「はてなブックマーク」では、「なんでその業種をサンプルにした」「製造業の労働時間がなぜそんなのになるのか考えないと」など、製造業のみを取り上げて労働者全体の問題としたことが批判された。

(参考)
現代ビジネス|日本人はすでに先進国イチの怠け者で、おまけに労働生産性も最低な件
Panasonic|松下電器産業株式会社が「パナソニック株式会社」に社名を変更
独立行政法人 労働政策研究・研修機構|データブック国際労働比較2016
ニフティニュース|現代ビジネスの若者批判、ツイッターは「何言ってんだコイツ」状態
はてなブックマーク|日本人はすでに先進国イチの怠け者で、おまけに労働生産性も最低な件(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)
Twitter|先進国イチの怠け者