シリコンビーチとは

・ シリコンビーチとは、カリフォルニア州南部ロサンゼルスの海岸沿いにあり、多くのベンチャー企業が集まる場所。同じくカリフォルニア州の北部にあるシリコンバレーに次ぐ新たなベンチャーのメッカとして、世界中のベンチャー企業や投資家から注目を集めているほか、大手IT系企業がオフィスを構えるなどして話題となっている。

・ シリコンビーチでは、これまでに800社以上もの企業が立ち上がり、米国一の勢いでベンチャー企業が増え続けている。ベンチャー企業が投資家らに資金支援を訴えるイベントなど、起業家のためのイベント開催も盛ん。今後も、シリコンビーチに進出する大企業の数やシリコンビーチでの起業数は増え続けると見られており、ロサンゼルス市場の盛り上がりに期待が寄せられている。

・ そもそもシリコンバレーという名称は、渓谷(バレー)にインテルなどの半導体メーカーが集まっていたことから、半導体の原料(シリコン)とバレーを組み合わせたことに由来するもの。その後シリコンバレーでは、AppleやGoogle、Facebookをはじめとするソフトウェア・インターネット関連の世界的企業が多く生まれ、IT企業の一大拠点となったことから、ハイテク企業、IT関連のベンチャー企業全体を指すようになった。

・ アメリカにはシリコンビーチ以外にも、シリコンバレーになぞらえた、IT企業・ベンチャー企業の集積地があり、各地の自治体などがベンチャー企業の誘致を行っている。例えば、オレゴン州ポートランド周辺のシリコンフォレスト、コロラド州のシリコンマウンテン、テキサス州のシリコンヒルズなど。また、ニューヨークのマンハッタン中心部にはシリコンアレーがある。

『アレー』とは『小道』の意味で、狭い地区にベンチャー企業が多く集まっていることからそう呼ばれています。
市やニューヨーク大学が主体となってインキュベーター施設を運営し、ベンチャー企業を支援しています。
金融の中心地、ウォール街に近いこともあって、金融とITを組み合わせた、いわゆる『フィンテック』やファッション関係など、およそ20社が入居しています。

(引用元:NHK|国際報道2016 2015年12月2日(水)注目集める「シリコンビーチ」~アメリカ経済・「活力」の秘密は~

シリコンビーチの特徴、企業の例

・ シリコンビーチには、FacebookやYahoo!、Alphabet(Google親会社)などがオフィスを構えている。シリコンビーチ発祥のベンチャー企業としてはSnapchatが有名。また、自動車メーカーで知られ最近スマートフォン市場に参入した韓国のヒュンダイがシリコンビーチに拠点を構えるなど、アメリカ以外のグローバル企業からも注目される場所となっている。

・ シリコンビーチが注目されるのには、次のような理由が挙げられる。

- エンターテインメント系分野への強み

ロサンゼルスには、映画産業の世界的中心地ハリウッドがあることから、近年成長分野とされる動画コンテンツ制作に必要な技術を持った人材が豊富にいる。そのため、多くの企業においてシリコンビーチが拠点として選ばれている。例えば、インターネットの動画コンテンツに力を入れているYahoo!は、映像分野に秀でた人材を確保するべく2015年8月にシリコンビーチに拠点を設け、400人もの従業員を雇用した。

またシリコンビーチには、アーティスト、写真家、エンターテイナー、ミュージシャンなどの多彩なクリエイターがいて、人種や文化の多様性にも富んでいる。さらに、シリコンバレーと違いトレンドに常に触れることができる環境となっている。

“ふつうの消費者”の好みや流行に敏感でいられることも大きい。シリコンバレーにいると、一般の人がテクノロジーをどんなふうに使っているのかがわからないというのだ。スナップチャットのエヴァン・スピーゲルCEOはこう語る。

「ここにいると、テクノロジー以外の話がたくさん耳に入ってくる。それが、製品開発のインスピレーションになるんだ」

(引用元:COURRiER JAPON|意外なメリットも!? “シリコンビーチ”に新興企業が集まるワケ

- インキュベーターシステム

シリコンビーチにはベンチャー企業を育成するインキュベーターシステムが整っている。インキュベーターとはビジネスモデルや会社の構築を支援する組織。企業や自治体などが施設を提供し将来性のあるベンチャー企業を入居させ、資金調達や事業計画の立て方などについてアドバイスする。シリコンビーチにはこうしたインキュベーターのほか、アクセラレーター(ベンチャー企業の事業拡大を支援する組織)や、投資家が豊富に存在し、新たなベンチャー企業が事業を興しやすい環境となっている。

- コスト面、立地面のメリット

土地が高騰しているシリコンバレーに比べ、進出・起業のコストが低く済む。国際空港から近く、グローバル展開する企業の拠点としても選びやすい。また、生活費が相対的に安いこともメリット。

(参考)
NHK|国際報道2016 2015年12月2日(水)注目集める「シリコンビーチ」~アメリカ経済・「活力」の秘密は~
日本経済新聞|シリコンバレー沸く(下) 「谷」越え世界へ 成長の法則、他都市刺激
COURRiER JAPON|意外なメリットも!? “シリコンビーチ”に新興企業が集まるワケ
freshtrax|今ロサンゼルスがスタートアップ都市として非常に熱い5つの理由(シリコンバレーを超えるという噂も有)
SankeiBiz|IT起業ならロス沿岸 「シリコンビーチ」地理的条件で新たな拠点に
意力 “Ichikara” Will’s Blog|シリコンビーチを知ってますか? 新しきIT起業の拠点
ASCII.jp|自動車メーカーのつくるスマホとは? 韓国からの第4の刺客「ヒュンダイ」
Wikipedia|シリコンバレー
Wikipedia|カリフォルニア州
STUDY HACKER|アクセラレーター